まめらの記録

せぷてんばー引っ越せばースペシャル 『家出じゃないゾ 引っ越しだゾ』☆☆☆(3)  よかれと思ってやったことでみさえに叱られたしんちゃんが、ななこおねいさんのところに家出をする話。ななこおねいさんはやっぱりおねいさんなんだな~と思った。あと風間くんがしんちゃんにフラれる展開もありました。 『タピオカミルクティが飲みたいゾ』☆☆☆(3)  タピオカミルクティを家で作って飲もうとした結果、白玉おしるこができる話。「タピオカ屋でタピオカが売り切れるなんてことがあるのか?」というツッコミはさておき、まあたしかにおいしそうなおしるこではあった。 『マサオくんとおつかいだゾ』  30分しか録画されていなかったので、マサオくんがサービスでもらった梨をしんちゃんがほしがるところで終わった。肉屋のおばさんはオマケしてくれたわけだし、八百屋のおじさんも380円でトマト3個を売ってくれたらすぐに解決したのでは、な~んて考えちゃったことは内緒だ。風間くんに電話したせいで10円消費しちゃったのは、正直おもしろかった。梨の行方はどうなったんだろうか。 【まとめ】  ドラえもんの時間の前半30分だけ録画されていた。
☆☆☆★(3.5)  引き続き、「守る」の話。フワに気づかないガルオウガさん好きだよ。ついにイマジネーション収集の旅へ……。  OP、冒頭に旧フワがいたからマイナーチェンジまだかなと思ったら、後半登場していたね。
☆☆☆★(3.5)  心の中のベンおじさんが押さえられない。変身が解けたらひかるは!?と思ったけど、それは相手も同じだった。この数週間を経て、満を持してのキュアスターのソロ変身。守る気持ちと走馬灯。  フワが変化したのびっくりした。ユニコーン・ペガサスモチーフってかわいいよな。EDのマイナーチェンジがはやい!
☆☆☆★(3.5)  冒頭の驚くロロの顔おもしろかったね。家族がララを信じてくれて、ララを誇りに思ってくれてよかった。移動手段を機械任せにすると、いざというときに大変なことになるんだよなあ。ララとAIのくだりは思わず涙ぐんでしまったけど、普通にAI強しでびっくりして、涙は引っ込んだ。アイワーンはまだまだ追っかけてきそうだね。
☆☆☆(3)  エモーション優先しすぎて、会社としてヤバいんじゃない!? の感がすごい。エメラルド取り戻せるのすごい。うんうんよかった。見せつけたカトレアさんの狙いはいったい……。義手でもできるお仕事。エリカさまの顔がかわいい。  これでギルベルト生きていたらどうしよう。はやく本当のことを言ったほうがいいんじゃないかな。
☆☆☆★(3.5)  一話切りをしたにもかかわらず、劇場版を見に行きたくて一年半ぶりにもう一度見てみることにした。ネトフリも再開したしね!  この一年半で起こったことによる心境の変化なのか、ホッジンズ中佐の語る火傷のくだりがすごく身に染みた。ヴァイオレットはかなり極端な例だろうけれど、人間誰しも自分自身の感じている痛みに鈍感になってしまって気づかないことってあると思うから、すごく実感を伴って心に入ってきた。それに今はすごく「喪失」に敏感になっていると思うから、より一層お話に入り込めるのかもしれない。でも鈍感でないと生きていけないってこともあるだろうな、話からそれた意見かもしれないけど。  ギルベルトが生きているってことはないんだろうけど、素直に人が死んでしまうことは悲しいから、生きている展開ってことはないかなあ、なんて思ってしまう。次点で記憶喪失展開も考えたけど、あまりにも陳腐だからそれはなしでお願いしたいな。ヴァイオレットのことを切り捨てて、他の人と結婚して生きているみたいなのも思いついたけど、これは理由を考えるのが難しいし、普通に意味がわからないから、まあないでしょう。  最後の依頼人が赤面しているのは、ラブレターを書いてもらったのが気恥ずかしかったからで、自動手記人形のお姉さんに照れていたからではないよね? 読解力。  あとタイムラプス的な描写が二度ありましたね。テレビで見たときとパソコンで見たときで色味が違うような気がしたけれど、まあ気のせいでしょう。
お引越し記念! ドラえもん誕生日スペシャル 「未来の迷宮(ラビリンス) おかし城(キャッスル)」☆☆☆(3)  言わなきゃわからないんだよ、頼むから口に出してくれ。他人に察してもらおうと期待しないでくれ。あのラッパーティシエに過度の期待をしないでくれ。大切な人なんだから、なおのこと。  イッツ・ア・スモールワールドみたいだと思ったらホーンテッドマンションだったね。ジャイアンたちがお菓子にされるのと、お菓子作りロボットが暴走するという二つの事件が起こり、最初は一つの事件かと思うけど、それぞれが別個の事件だったっていうのはベタだけど、真似したい気がする。  自分たちを模したお菓子にロボッターをつけて助けてもらうのと、ジャイアン(&スネ夫)のラップはかわいかった。しずかちゃんのピアノの腕も活きるし。速水奨は速水奨だよ。雨宮天は、声はかわいいのかもしれないけれど、演技はそこまで上手ではないのかな、と思った。というか、雨宮天が出ているアニメを初めて見たかもしれない(と思って調べたけど『東京喰種』見てたや、トーカちゃんだったのか)。  ネコ型ロボットが虫歯のライオン飼っているのおもしろいな。あんな虫歯になるまで放っておくなんて、キャンディヤバい飼い主では? と思ったけど、どうやらそういうことではないらしい。ライオンのごきげんよう感。 「謎のピラミッド!?エジプト大冒険」☆☆☆★(3.5)  見たことあるので流し見だったけど、やっぱりネムセスかわいいな。ワルエヘブってめちゃくちゃ悪そうな名前。 【まとめ】  二話連続で冥土の土産が出てくるって、物騒な誕生日だなあ。  ドラガオじゃんけん、グーで勝利。グーの顔をするのが一番好きなんだ。「夢をかなえてドラえもん」が好きなので、星野源がどうとかそういうことではなく、流れなくなるのは悲しい。「スネ夫としげお」って名前は笑ったけど、楽しみではない。ただの関智一。しずかちゃんの入浴がコンプラに引っかかる時代が来てしまう!
☆☆☆☆(4)  やっぱり最終回はファンサであるべき。『Free!』はいろんなペアの間に強い思いがあって、だから楽しいんだなあと、3期を通して思った。まさかの終わり方だったな。脂肪からの筋肉洗脳。
☆☆☆☆(4)  怜ちゃんと旭が再会するのが描かれただけで、もう感無量ですね。「まさか気づくとは!」とは思ったけど、やっぱり嬉しいものは嬉しい。やっぱり怜ちゃん推し、旭推しだなと思った。比較的心が安定している子が好きなんだ……。そういう子がたまに見せる不安がいいんだよきっと。  遙と凛が応援に来てくれるっていうのも、素直に嬉しくなった。  五十鈴ちゃんが江ちゃんに初めて会ったときの反応を見て、「御子柴の血はこの顔に弱いのか?」と思ったけど、そうじゃなかった、同好の士だった。  橘コーチに介抱される少年になるもいいけれど、部活のOBとして橘先輩を紹介される後輩というシチュエーションもありだな、と思った。
☆☆☆★(3.5)  このたび、遙と凛ちゃんさんの組み合わせに安定を感じて、1期のときの不安定な凛ちゃんさんのことを思うと、「なんて遠くまで来たんだろう」という気持ちになった。3期の前半は郁弥くんが不安定だったからなあ。遙と郁弥という組み合わせが不安定だったこともあって、遙と凛ちゃんさんの組み合わせがより安定して見えたというのも、もちろんある。泣き虫なところにすら、以前のような不安定さではなく、心のやわらかさみたいなものを感じなくもない。
☆☆☆★(3.5)  そうか、スウェーデン人だからサバが好きなのか。アズマさんなつかしいな。御子柴家に娘がいたとは……。男兄弟だからこそ、江ちゃんにああいう反応なのかと思っていた。
☆☆☆★(3.5)  日和くんが世界で一番言われたかった言葉を郁弥からたくさんもらって、闇堕ちせずにすんだどころか救済されててよかった。ヒーローは自分がヒーローだって気づいていない……ふむ。夏也先輩の涙。
☆☆☆★(3.5)  Free!は基本的にずっとメンタルの話しかしてない。「俺は天才」をしているときに郁弥と再会するの最高。やっぱり旭だな。この回はまだメドレー泳いでないな。  バーかと思いきや半個室居酒屋。夏也先輩、大学通ってないわけじゃないよね? 貴澄は若葉マークなのに一人で真琴をピックしに来たのか?
☆☆☆★(3.5)  昔馴染みだったのか……ただし一方通行。どおりでOPの日和くんの瞳に、幼少期の郁弥がいるわけです。郁弥くん顔かわいいよね。自分のことを人魚姫だって思っているタイプの男の子だ。  Free!で壁ドンの亜種見たの久しぶりだな~。すべり台を落ちていく郁弥くんよかった。少女漫画の当て馬みたいなことしか言わない日和くん。少女漫画のお約束を男の友情に置き換える、それがFree!の演出。うるせえ口を口で塞ぎそうな勢い。  大学で付き合いの悪い男橘真琴。夏也と交流あるのに、遙たちに郁弥の話題を振る尚先輩、ちょっと意地悪じゃない?(?)
☆☆☆★(3.5)  がんばれ高校生! 夏也先輩暇なのか? と思ったあと、宗介も賞金稼ぎ界に誘いに来たのか? な~んて思っちゃった。尚先輩。阿部敦&松岡禎丞。
☆☆☆★(3.5)  岩鳶のみんな、過去に置き去りにされている感じあるなあ。日和くんの牽制に関しては旭とほぼ同意見だけど、郁弥が会いたくないなら、まあいっかあ。この話に出てくる人みんなデリケートなんで、煽るようなことを言うのはやめてくださいな。後輩二人だけ(ではないかもしれないけれど)が安定感だよお。宗介復活!?
☆☆☆★(3.5)  松岡凛は浮気性。至言かな。中学時代の水泳部の件、旭は何も悪くない。鳥取県民は水泳留学しがち。ダブルベッドのホテル。過去は過去じゃん?
☆☆☆★(3.5)  成人男性の少年演技。思い出の描写ってつらいよね。初恋なのか? 打ち上げ花火なのか? 顔を寄せる速度、キスする勢い。メンヘラ製造機七瀬遙。その上をいく松岡凛。なんで水泳部やめたの……。歩道橋で再会するのも初恋ぽい。日和くんも大概なような。CV.木村良平かあ……。夏也先輩がCV.野島健児で、尚先輩がCV.日野聡なの、イメージと逆っていう感じで、やっぱりいいよね。
☆☆☆★(3.5)  展開が早い。18歳、年下かあ……。郁弥……。凛ちゃんさんはオーストラリアにいても圧が強い。
「恐怖のたたりチンキ」☆☆☆★(3.5)  ジャイアンと先生のひよこパジャマがかわいかった。作画がかわいかった。犬を捨てた人の顔がスネ夫の親族っぽい。人のものを勝手に捨てるのは本当によくない。 「レプリコッコ花火」  21分しか録画されていなかったので、花火大会に行ったジャイアンとレプリカネズミがどうなるのか気になる。ってタイトルが答えっぽいな……。青島強情先生の『しょうねんたんていクナン』とは。「ゲーム疲れさ」とは。未来少年コナンみのある暴力ヒロイン。割とモラルのない道具だ。 【まとめ】  しずかちゃん不在回? しずかちゃんのママは出ていたけどね。
☆☆☆★(3.5)  おそらく2019年8月27日視聴。久々にけっこうおもしろかったような。冬沢先輩と千秋先輩の歌はミュージカルしてた。それぞれが一つの花でも幹は同じ、とかも印象深かったような。決別したけどはてさてどうなる。てか第8幕をもう1回見たほうがいいかもな。辰己くんで終わったはず。
☆☆☆(3)  いろいろあったけど、冬沢先輩が超能力で鏡を割ったことよりも、team暁と残りのteam漣、team楪の11人の扱いが一番気になっちゃう時点でダメだ~という感じ。行動起こしてないからダメなのか、そうなのか?  この世界には不条理な嫉妬とかはないのかな。同じく芸事を目指しているはずの「大衆」こと他の学生が、ショーに対して純粋な快楽主義者の観客で、「自分たちもそっち側に行きたい、スポットライトを浴びたい、なんであいつらばっかり」って逆恨みでもされそうな気がするのに、そんなことは起こりそうもないよね、この世界だと。2期の揚羽だってそこまでのポジションではなかった覚えがあるしね。まあ行動力と主張することがすべてなのか……? 他の学生もストイックに努力しているからこそ、嫉妬とかは抱かないのか?  まあそこまで拾うことを求めたら作品として成立しないので、まあこの際そんなに大事なことでもないよな、うん。がんばれ星谷くん!
☆☆☆(3)  2019年8月25日視聴。渋谷駅って落ち合いづらいよねと思った。  
☆☆☆(3) 2019年8月25日視聴。  ララがかわいそうだったルン。ララがメイン回だと見ているこちらもつらい気持ちになることが多いルン。「ララのほうが大量にプリンセススターカラーペン見つけてるもんね」という気持ちになってしまったルン。何より一番つらかったのは、ララが家族のことが大好きだということルン。それにAIを信じているはずなのにいきなり発狂する上司の気持ちがよくわからなかったルン。次回の展開に期待ルン。ララメインだけど前回のえれな&まどかみたいに変身バンクでフィーチャーされなかったので、その点も来週は期待ルン。  まどかとララは家族の話をしたルン。まあこういう状況ならまどかが出てくるのは自然ルン。まどかのお父さんもそうだけど、ちょいちょいヤバい家族が出てくるルン。いろいろな常識があるルン。でもなんとなくキャラクター配置のバランスが悪いような気がしないこともないルン。  感想まとまらないので、きっともう一回見るルン。
☆☆☆★(3.5)  犯人が本当に変態なんだよな。弁護士カンマ。  緊急事態すぎて本性を隠さない江戸川くん。蘭からこっそり疑われる。  今更なんだけど、騒音とRock onで韻を踏んでいるのか。