まめらの記録

「呪いの宝石ボルジアの涙(前編)」☆☆☆(3)  う~ん素直に考えると元カメラマンのおじいさんが犯人なんだろうけど。それだとあまりに単純かなあ。なぎささんが共犯でさ。凶器はリンゴのナイフで。真相に近づいたから甥っ子も消した、と。教授のキャラがなかなかに強かったね。まあでもあそこまでの積極性がないとカットインさせられないか。最初、紅色頭巾がベニー・ロズキンに聞こえて、外国の怪盗なのかな? と思ったら、ベイニロズキンだった。  この生放送ドラマって「カメ止め」を意識していたりするんだろうか。「カメ止め」も略称が4文字だけど。あんまり関係ないかな。あと40年前のビデオ収録のノウハウとかは実際どんなもんだったのかなあと気になった。それと老人ホームに入る平均年齢っていくつなのかな。私の見間違いじゃなかったら、エンドロールの佐伯菫が佐伯薫に見える。  そもそも殺人ラブコメだからしかたないんだけど、火事のシーンは今は見たくなかったなあ。

コメントはありません