Nahutaの記録

ましろの魅力が遺憾無く発揮された回ですね。 初期の背伸びしようとしている姿は思い返せば新鮮なものに感じます。
ビジュアル的にも力が入っているのがわかるような1話目でした。 ストーリー性はこの時点ではともかくとして、キャラはたってますね。 小姑も嫁も可愛らしくて結構です。
きまりの成長が妬ましかっためぐっちゃん でも、そのあまり良いものではない感情をきちんと吐き出して謝罪するくらいにはきまりのことは大切な存在だったということで あいかわらず三宅さんがまぶしいアニメでした!
野クルの面々が夏用シュラフで試行錯誤してるのは和みました。そもそも不便さを楽しむというキャンプの一面からすると、3人は天性のキャンパーなのかもしれませんね。 りんちゃんが旅先でご飯を楽しんだりといったことも、なでしこの影響が見えるようで微笑ましいです。
ちょっとよくわからないです。 ここまでとは思いませんでした。正直なめてました。
トラウマスイッチ入りましたね。 ああいった小さな違和感を受け流しながら学校生活を送るというのは、それはそれでリアルなコミュニケーションが描かれているなあと思いました。
キャラクターの感情の描かれ方が、懐の深さを残しながらも丁寧でした。 1話としては、日常ものとしての期待に応えつつも、主人公の秘密を曝け出してみたりと、ちょっと今までにない感じで新鮮です。 その傷をどのようにして癒していくのかという点で、次回以降への引きとしても魅力的でした。 本編やOPのアニメーションも可愛く尚且つ、こだわりが感じられるので、期待してしまいますね。 あとは、スカートが短いです。
このアニメのゆっくりと時間が経過していく感じが心地いいです 街灯が無いキャンプ場で、陽の傾きに従ってあたりが暗く静まり返っていく過程がノスタルジックでした
キャンプの雰囲気が繊細に描写されていました あんなふうに富士山を望めるキャンプ場に行ってみたくなりました 屋外で飲むコーヒーも美味しそうでいい
日向のキャラが良かった。 軽いノリで南極行きを考えてるのかと思いきや、なかなかに切実な思いがあって、何より常識人。 3人の掛け合いも楽しく視聴できました。