ファニ豚(^0_0^)の記録

野田の身体能力はすごいな。 空気椅子を全く苦にしてなかった。 体育祭当日。めっちゃ活躍してるって思ってたけど 全員紅組なのに、白組の助っ人やってたんかい。 ヒーロー部の濃いメンツに混ざって走る佐藤で草。 厨は常に負けっぱなしだった。最後も結局勝ててはないよな。 ギターケースにはいったい何が入ってるんだろう。 あるいは何も入ってないのか。 秩序を乱すヒーロー部。 生徒会長に目をつけられてたけど 最後に「堪忍袋」って書いてたし、廃部危機かもしれない・
裏キュン太。 相手をキュンキュンさせて 自分の言うことを聞かせる腹黒い妖怪だった。 フミちゃんについてる時は小悪魔感あってよかったな。 ニャッシーかわいかったな。守ってあげたかったけど ケータたちと関わった妖怪はどんどん絶滅していってしまう。 イナホも合流してしまったことにより 今回は一気に5種も絶滅してしまった;; とうとうコマみが見つかって、完結か。 コマみは兄思いでかわいかったな。
ぺた姉がなんでボロボロになってるのかと思ったら、 学校でウイルスに侵食されてたからだった。 ぺた姉の熱で茶が湧かせてるのは草。 緑茶塗って自己修復してるのは草。 「学校が消えてしまう」って言われて 正直なところ、「やったぜ」って思ってたしまった。 前回での海岸でのノイズもちゃんと関わってきた。 ぬるが一人でゲームやってる時 例のシーンを想起してしまった。
九十九からの招集で遊園地スタッフのサポートをすることに。 高嶋は比較的まともだということがわかった。 なんやかんやでみんないつも通りだった。 野田はヒーローショーで迷惑をかけるのはダメでしょ・・・ 中村と厨のフードエリアは 店員が面白いということで意外にも好評を博してた。 九十九はお姉ちゃんに怯えながらも頑張ってたけど ずっとにゃあにゃあ言ってるだけだったな。かわいかったけど。 やっぱり今回で印象的なのは高嶋とおっさんの絆だな。 空良ちゃんの着ぐるみの中身がおっさんだったのを見ても すぐに尊敬に移れるのはすごいな。 それだけステージを見ることで、伝わるものがあったんだろうな。 ぎっくり腰になったおっさんに代わって 高嶋がステージに立つことに。 ハプニングに見舞われながらも客席と一つになって 乗り切るシーンには感動したな。 最後にはステージを見てて、 聖も幻影を見えるまでに染まっちゃってたのは草。 それだけ素敵なステージだったんだろうな。 モブの声優が豪華だったな。 仲村さんはあの女声で歌まで歌えるのはすごいな。 謎のメガネは今後も関わってきそうだ。
練習試合が始まった。試合前のバッタの舞で草。 相手が舐めてかかってきたということもあって それぞれのペアが相手から1ゲーム取ることができてた。 その中でも、翅と晋吾のペアは独特な戦法で戦ってたな。 雨野曰く、反則ではないらしいけど・・・ むちゃくちゃで笑ってしまったわ。 この練習試合を通して やる気をなくしてしまうのではなくて 持久力の強化など練習の大切さに改めて気づいて、 それぞれが課題を見出してたのは良かった。 さあ槇己と柊真は 相手のエース相手にどれだけ通用するのかな? 最後に思いついた秘策も気になるぞ。 ソフトテニスだけで十分楽しめると思うけど あれだけ闇要素を入れたということで そこらへんの要素が上手く解決することを楽しみにしとこう。
みんなが食事している忍とエルクを 見つめてることがなんか怪しいと思ってたけど やっぱり食べ物や酒を飲ませるなどして何かを企んでたか。 忍とエルクが前回何を見たのか明らかになったな。 人を食べて生活しなければならないほど この領地の人の生活は困窮しているのか・・・ ミリンダを助けるために忍が捕まった後の 拘束されているシーンはエッチでした。 ジャンヌもスパイとして潜入している ギュスターヴに反抗する勢力だったのか。 ギュスターヴの領の中から崩すことができるかな? 景観美化の令を発布して領土を美しくしようと 農地をすべて美しい建物に造り替えたり、 領民には笑顔を保たせ、服の汚れすら許さないという徹底っぷり ギュスターヴが皇帝のために行動してるのはわかった。 全く正しいと思わないけどね・・・ とりあえず皇帝への忠誠心が強くて、 それゆえに狂ってることがわかった。 最後にはギュスターヴの天の炎によって総理たちがピンチに陥ってた。 対空装備があっという間に整備されてたけど それすらも通用しないギュスターヴの力。 いったいどこに着弾したんだろう・・・ 今回はいろいろと緊迫してて面白かった。 総理活躍してくれ!って初めて思ってる。
ラケットの件は槇己が独りで 抱え込んでしまうんじゃないかと心配してたけど 虐待の過去とともに柊真に打ち明けてた。 この調子で他の人にも打ち明けることができれば より安心することができたんだけどなぁ・・・ お母さんもお金を自分で用意してるし、 親父が今の家に来てることを知ってたんだな。 親父の訪問に対してやり過ごすことはできなかったのか? わざわざ鍵を開けっぱなしにして父親を家に入れさせて 5万円を投げつけるシーンがあったけど、柊真は自分のお金を渡しつつ、 親父に対してフルネームまで打ち明けた行動は悪手にしか思えない。 今後もまだまだ後を引いて問題が噴出しそうだな。 お互いに「殺す」合戦でこんなところを見てると まだ子どもなんだなというような印象を受けるな。 秘密を打ち明けたことで二人の関係は より親密になってたな。 生徒会長も複雑すぎるでしょ・・・ 祖母が決めた「絹代」という名前がありつつ、 母親は自分を「瑠璃葉」って全然違う名前で呼ぶし、 絹代自身も自分で本当の名前は「香織」と思って生きてる。 祖母と母に板挟みに遭いながら、 自分の意志では道を選ばせてもらえないって感じで かなり苦労してそうだな・・・ 凛太朗も副部長として役に立ってないって話から 自分が養子だっていう家庭事情まで飛び出してきた。 柊真が必死になって熱く慰めてたけど、 それで凛太朗の気持ちが解決するわけではなさそうだよな・・・ 登場人物の闇ばっかり飛び出してきて、毎回衝撃は受けるけど 正直なところ「それ本当に必要なの?」って印象を受ける。 次回は練習試合。また癖の強い相手が出てきたけど 練習試合として相手を満足させることができるのかな? なんやかんやで夏南子は練習試合まで見に来てて草。 ほんと男子ソフトテニス部大好きだな。
弥生さんは色相改善で執行官からジャーナリストに社会復帰できたのか。 土谷のストーカー対象は小宮ではなく 人間の認知負荷を外部から話法、トーンによってコントロールして 人間の意志決定をコントロールするAIマカリナ。 カリナはそれを土谷から奪って、選挙の演説などに用いてたんだな。 運搬の仕組みは仮死状態で街頭スキャナから逃れる輸送。 同じ手段を用いての公開討論会への襲撃。 この襲撃は殺しではなく、AI使用を世間に暴くためのものであり、 榎宮は薬師寺を当選させるために動いてた感じかな。 薬師寺が榎宮に依頼してたかはっきりわかんないけど そうであれば、小宮はAI使用、薬師寺は榎宮への依頼と 両者裏工作してたんだな。 襲撃者が格闘技を身に付けてるだけあって 取り押さえるのは大変そうだったけど、炯がめっちゃ活躍してた。 OPとか本編でもちょっと前からちょこちょこ出てきてたけど 灼のパルクールのような身のこなしはほんとすごいな。 炯も停職中に仕事に携わって問題になるかと思ったけど 局長と霜月が裏で停職処分を解除してくれてて助かった。 廃棄区画の情報網から朱が情報を集めてる場面は前に描かれてたな。 これが廃棄区画がおかしくなった原因だと考える青石もいれば それによって入江が霜月に命を救われてる面もあったのか。 事件は無事解決。予想と全然違って小宮と薬師寺は関わってなかった。 土谷の事件ははっきりしなかったけど、自殺に見せかけてるし、 やっぱり梓澤が仕組んだのかな。 リーへの襲撃は榎宮が格闘技を使える部下にいる殺し。 そうなるとインスペクターとしてのやり方はかなり異なるな。 梓澤が美しくないって言ってた理由がわかった気がする。 榎宮に格闘で負けないし、 投げナイフもキャッチするし、梓澤強すぎない? ビフロストの既定路線は小宮の勝利。 加えてAIが市民とシビュラに どう受け入れられるのか測ることにあったのか。 「狐に噛まれた」 前の二人の監視官は梓澤たちに辿り着こうとすることで 事故にみせかけて殺されたり、施設送りにされたみたいだ。 局長も霜月もこのことに気づいてたし、 ビフロストはシビュラの穴やバグを突いて暗躍してるみたいだ。 これから灼と炯で本格的にビフロストに関わっていきそうだな。
今まで結局何の話をメインでやってるのかわからなかったけど メインは肉食のレゴシとハルの恋愛ってところになるのかな。 そこに付きまとう肉食の本能と理性の葛藤。 それを受け止めながらレゴシは成長物語って感じかな。 また食殺事件があったことにより、 肉食動物は学校でも難しい立場になってたな。 レゴシはジュノを助けてたけど、 ジュノはレゴシに気がありそうな感じだった。 初めて学校外が描かれてた。 帰りに迷って裏市に迷い込んでしまってた。 裏市って何かと思ったけど 肉食が肉を食べることができる無法地帯って感じか。 指を食べさせようとするジジイがいてちょっと不気味だったな。 裏市は大人になるとみんなが利用するって言ってたし、 肉食動物が外で普通に生活できてるのは 裏市で定期的に肉を食べていることもあるのかもしれないな。 さすがに肉食動物が全員利用してるとは思わないけどね。 ビルみたいなタイプは思いっきり利用しそうだわ。 裏市の番人にレゴシが捕まったけど 今までに食殺を行ってきた人を捕まえてきた事実があったから レゴシも食殺をした肉食動物だと決めつけてた。 レゴシが頑張って踏みとどまってるから 決めつけられててちょっとかわいそうだなと思った。 まあゴウヒンの方も少しでも草食、肉食を問わず、 動物を助けたいという思いがあるんだろうけどね・・・ 最後にはアオバも日頃関わってる草食動物のことを思い出して 指を食べるのを思いとどまったみたいだ。 結局、ビルたちは指を食べたのかな・・・?
大変なことって何かと思えば 京介の一日警察署長イベントのサポートかい。 京介はあんな状況で警察署長できるんかいって思ったら 誠の疑惑はいつの間にか晴れてた。 「ヨット持ち公務員今大路峻」、すごいパワーワードだった。 子どもが玲に抱きついてて羨ましい。 夏目は着ぐるみ着せられたり、蹴られたりと散々な目に遭ってたな。 そのイベントの帰りで九条の下にいる宮瀬と桐嶋と関わることになった。 いろいろと九条に関する質問してたけど怪しまれてないといいね。 それにしても、宮瀬はイケメンだった・・・ 腕相撲大会の優勝賞品の生ハムでっかいな。 脅迫メールの送り主はレベルの調査でもやっぱりわからなかったか。 風邪薬もやっぱり薬効体質だと効かないのか・・・ それは治すのが大変そうだな。 最後にはスカウト任務再開。 対象は九条壮馬か。 事件への関与疑惑もあるし、どうなるんだか・・・
ハンターのセリス登場。源蔵を魔獣殺しって呼んでしまって プロレス技掛けられてる時に、花子は手紙食ってて草。 カーミラはプロレス技をかけられるだけあって、対処法わかってた。 セリスはリザードマンだったという事実。 それを受けて源蔵も弟子として面倒を見ることになった。 リザードマンを知ってからの態度の変わり具合で草。 めっちゃ特訓をつけてたけど、レスラーとしての特訓だったな。 最後には立派なレスラーになってた。 セリスが強くなりたかった理由を聞いて 亜人種が迫害に遭ってると勘違いしてギルドに攻め込む源蔵。 亜人種に対して源蔵が優しいのは良くわかった。 ギルドマスターのヒゲをほんとに4の字にしてて草。 まだ納得のいかない源蔵は、セリスとハンターに模擬戦をさせてた。 最後は綺麗なジャーマンスープレックスを決めてた。 カーミラの教えたセクシーポーズは役に立ってなかったな。 めんどくさい人ってのは源蔵のことだったのか。 たしかにかなりめんどくさかったな。 人々が戦いを見て、盛り上がってることを知ったクラウスが プロレスのようなものを興行することを計画してた。 ギャラも出るみたいだし、これからはプロレスで ペットショップ運営費をまかなうことになるのかな? ハンターの仕事が上手くいってないのは、 新しい魔獣も増えてるらしいし、ケモナーマスク すなわち、源蔵のせいだったみたいだ(笑)。
エルルがイグザシオンになるための儀が行われることになった。 竜族から振る舞われたワインやクッキーを食べてて、 慎重ながらも聖哉は振る舞われたらちゃんと食べるんだぁ・・・ なんて思ったら、案の定食べた直後に吐いてて草。 口拭いてたのは、吐いた後だったからなのか。 もう完全にエルルを奈落に落とそうとしだしたあたりから 竜族は怪しさ満載になったな。 リスタの作ったものしか食べないってのは 聖哉もなんやかんやでリスタのことを信用してるんだな。 ドラゴンソードの素材に マッシュとエルルの毛が使われるのはわかるけど、 それ以上にリスタの毛が100本使われてて草。 女神の毛ってのはやっぱり特別な力があるんだなぁ・・・ 毛がなかったら、逆に合成できない説あるな。 エルルは大事な荷物持ち。聖哉なりのエルルへの思いが聞けて良かった。 素早さの種どんだけ摂取するんだ・・・って思ってたけど それもエルルの首飾りの呪いの 時間がないことも含めての聖哉の慎重さなのかもな。 リヴァイエを倒すことでエルルも無事に助けることができた。 リヴァイエが奈落に落ちたことで出てきた剣は イグザシオンじゃなかったのね・・・ 竜族をだますことで、まあwin-winで円満に解決することができたな。 イグザシオン以外の別の方法も見つかるといいけどな。 魔王側の強そうな敵が最後に出てきたな。
さあ吉野会大会決勝だ。 いつも部室で戦ってるからこそ、 太一の捨て身の配置で千早は苦しんでるようだった。 もちろん太一もいつもと違って大変だろうけど、 この公式戦の戦いで千早に勝つ覚悟が伝わってくる。 みんなが帰ることなく最後まで見守ってる試合。 次回には決着がつきそうだけど、どっちが勝つのかな?
魔術士ゴウセルは悪い奴じゃなさそうだったな。 自分を犠牲にしてまで聖戦を終わらせるように動いてたし、 最後には十戒から目をつけられてるし、味方なのかもしれない。 ゴウセルが命を懸けることで どのように聖戦は終わりを迎えたんだろう・・・? 人形ゴウセルは心を与えられ、泣いてるような場面もあったけど 3000年後には心と記憶をなくしてた。 いったいその間に何があるんだろう・・・? ディアンヌへのゴウセルからの贈り物は何だろう? ロウたちのスティグマへの反乱は ゴウセルに操られたのではなく、自分たちの故郷が 魔人族を保護したことで、スティグマに滅ぼされたしまったことか。 それにしても、ロウの仲間はゲラードの足の切断までしててグロかった。 キングは怪我したゲラードを抱えたロウと 対峙することになったけど、殺すことはしなかった。 エレインの件もあってヴァンを殺しかけた時の回想もあったし、 同じような状況だったな。 グロキシニアはキングのような経験がなく、 ロウを殺してしまって、そのままスティグマに対立を続けることで、 十戒に加入することになったのか。 キングはグロキシニアと違う選択をしたことで 試練をクリアし、今の時代に戻ってくることができてた。 この試練を乗り越えたことでキングはどのような成長を見せるんだろう? 同じ選択をしてたら、グロキシニアの人生を そのまま続けることになってたのか。 ディアンヌは戻って来れるかな? あの時代にとったドロールの選択はどんな選択だったんだろう・・・
ドッキリ大失敗だった。 段ボールよく入れたな。