ひふみ。の記録

最後のイスカンダルに全て持っていかれた。 ( Twitterのトレンドも持っていかれた ) ふとした瞬間にウェイバーとしての声と表情が出ちゃうのグッと来るよね。 大人になってもシワがあってもやっぱりウェイバーだよ…! グレイ、プレゼントが渡せて良かったね。 最初から最後までクオリティー高くて大満足。
女装?もいける鬼舞辻さん。 激おこパワハラ上司鬼舞辻さん。 CG増し増しグロ増し増し、 最終回らしい気合いを感じた。 炭治郎はとんだ天然タラシですね… あんなの惚れちゃうでしょ。 2期が来るかと思ったら映画だった。 人気は十分にあるだろうから、 2期を作るスケジュール的余裕がufoに無いのかな… でも映画も楽しみ。
アレスとマリウスの会話 終始コントみたい。 脳筋な上司に悩まされる部下、 って関係好き。 ガネーシャが無駄に声がデカいせいでバレてヘスティア様が攫われてしまった。 ヘルメス様ほんと調子いいよな。
レジスタンスの皆さん心の切り替え早いね… 野ネズミを喰らう龍蔵寺。 壁ドンして水をジャボン!させる龍蔵寺。 ( 意味わかんない… ) 次回最終回きれいに収まるの?か?
トリスタの衣装が光るのにビックリした… 光るようなデザインじゃなくない? あんずちゃんそんなギミック仕込んでたの? DDDって面白対決なの? ( 日々樹渉が楽器いっぱい持ってるとことか ) どういうルールで戦ってるの? …と驚きの連続だった。 英智くんキレイなこと言ったってそれなりに人を傷付けてきたような… 来週は総集編。 特に発表されてた覚えがないんだけど、 2クールなんだね。
腕が無くなるシーン、 そんなにグロく描かれている訳でもないのにヒエッ…となった。 宇宙にポツンと腕が浮かんでるシーン凄いよね…。 「 右腕になる」 、 という台詞も伏線だったとは。 シャルスの声が信長くんで良かった。 動植物を前にしての変人っぷりが目立ってたのは、 初めて外の世界ではしゃいでいたからなんだねぇ。
サラの「近衛兵とは遊び終わった」、 って何ですかねぇ… (すっとぼけ) この世界の剣は万能! いやこの世界の装置は弱いと言うべきか… たくやの母も巫女だったこと・YU-NOとの対決~記憶を取り戻すところ・神帝の正体~神帝が語る内容、 もうちょっとドラマチックに描けそうなのになんかアッサリしてる気がしてしまう…
炭治郎とんだドMですね… 叩いてるあの子達はいつ寝るのか? カナヲ・しのぶさんの過去描写。 しのぶさん昔はもっと普通に明るかったのね。 “ いつか好きな男の子でもできたら ” はカナヲが同期の誰か (炭治郎?) 好きになるフラグ…? しのぶさん、善逸と伊之助がどうすればやる気出るのか分かってあしらってる様子がイイ。
気合いの入った演出・作画の回だった。 魔眼大投射! 何あれ!列車が変形してるの!? ( 原作の三田先生も、想定していたのより凄いとTwitterで驚いてた ) カウレス君の回復魔術と筋力凄いな有能だな…って何話か前の感想で書いたのだけど、 本物のカウレス君では無かったのでした・だから凄かったのでした! ( 本物のカウレス君にはそこまでの能力は無いと…とほほ ) トーコトラベル・十三拘束 etc. は実況タグで補完した。設定が練ってある話大好き。
大団円。素晴らしい出来だった。 刺客判明、カナタが腕を失う…という重めの前話ラストから笑いアリの結末に持って来れるのすごい。 カナタとシャルスの関係なかなかすごいよね。シャルスから見れば親友・戦友であり恩人であり遺伝子上の娘の婿だよ!? ウルガーがニット帽に付けてた☆ってフニのものだよね、ニヤニヤしてしまう。ルカくんとも気軽にお泊まりに行ける関係っぽいし… 最終回後も色々と想像 ( 妄想 ) できる余地があるのも良い。
五奇人は学院のシステムを壊すための、英智が考えて持ち上げた存在だったのか。 五奇人呼ばわりされる前の日々樹渉、結構普通…?英智の策に乗ってあげて現在に至る感じ? ( 先に11話を見て、 ) 英智くんゲージは周りが呼んでる名称かと思いきや自分で言ってた。 つむぎの生い立ち闇が深そう。 ( この、旧fine時代も相当だけど ) 夏目ちゃんかわいい!本人にとっては黒歴史っぽいけど、子供の頃は女の子扱いされてた男の子って刺さる設定ですね…
今回いつもに増してコナン君の推理・説明台詞わざとらしかった感が… 百合のネイル、自分の名前とはいえネイルのデザインとしてはややクラシックな気も? 女医さん (というか宮野エレーナ) に合うために怪我してたとか、かわいいところあるじゃん安室さん。 新一パパママGoodJob!
ヒロインの誰とも結ばれていない状態なら、アマンダに “ お前にしか頼めない ” と言われて致すのも、ふーんって感じなんだけど 妻子がいる状態ではあまり好意的に見られないな…神奈ちゃんの援交シーンみたいに明確に絵として描くサービスシーン?ならともかく、あれなら自分を大事にしろって諭した方がいいレベルでは。 原作は生きて助かったのは2人だけ、みたいな究極の状況みたいでまたニュアンスが違うっぽいけど。 胸とくびれで分かる絵里子先生。
欺くため・演技とはいえ、 “ 壁に打ちつけて自分の顔をめちゃくちゃにする様子 ” を聞かせようとするの怖っ…
旧fine・英智くん周りの人間関係重くて難しいね… 自己犠牲精神の つむぎ君ちょっと怖くない? 日々樹渉の奇人を装った優しさ ( 違うかも? ) 好き。 EDもfineだ。 アプリにも手を出そうか迷うな…でもランキングでめっちゃ争ってる様子見るとアプリに手を出すの怖い。
善逸うるさい 。 (うるさい善逸に安心もする) でも勝てなくて辛いからって訓練から逃げる善逸と伊之助どうよ…一般人が好意で屋敷に置いてもらってるのと違うよね?って少しは思ったり。 カナヲがひょうたん破裂させるシーン見たい。 しのぶさんの迫力ある微笑みは姉の言葉が影響してたのか…ちょっと印象が変わった。
怪しい人物は… えっアリエス? まあテンションとかおかしかったもんな… えっウルガー? 俺は刺客じゃないって言ってたじゃん! えっシャルス? あぁそういえば… …となる回。この回の放送前に我慢できなくて原作を読んでしまった。 アリエスの部屋に入る・入れないの押し問答のとこ面白かった。
ルヴィア嬢のサービスシーン! (主に男性に) 風呂に電話置いてるの? メルヴィン→Ⅱ世のサービスシーン!(主に女性に) 壁ドン。 オークションで持つべきは金持ちの友人と金持ちの実家! 卑猥なペンダントは魔眼除けの一種だったのか… 直視できないグレイかわいいね ( あのデフォルメ具合…そこまで卑猥かな?と思ったけど原作ではもっと卑猥な感じを想定していたとのこと ) 最後のシーン… えっ、カウレスくん?化野さん?首? のうちどれなんだ…気になる。
フレイヤ様 激おこ。 イシュタルとの差は品性か。 ヘルメス、あなたって人は… 通常のED曲個人的には大好きだけども、 こういう回には特殊EDにして欲しかった感じも。
酒に溺れていた戯曲作家がヴァイオレットと出会うことで立ち直る。 代筆してる内容、なかなかメルヘンなお話。 湖を跳ぶシーンは素晴らしく美しかったけど “ そういう絵を描きたかったんだな ” という見せたいシーンありきに感じてしまった。 前回辺りから何だかんだヴァイオレットはもう愛という感情が分かって来てるんじゃないの?という中、ついに少佐のことを知ってしまった…。
チボデーのママが4人になったよ。 過去の事件があるからとはいえ、チボデーのメンタルがああいう感じなのは意外だった。 レインの歌声に対してチボデーギャルズの歌声が…あんまり…ゲフゲフン。
アイシャさんは逆らえないと言いつつ何だかんだベルくんに春姫を助けてみせろよ、ってたきつけてるんだよね…? 主人公の貞操の危機やらヒロインの死やらをチラつかせる展開が長く続くのは苦手なので、早く解決してくれないかなぁ…なんてね。
リオンくんめっちゃかわいいね…。 (長髪なせいもあるけどパッと見、女の子みたいな…) 人間不信?女性嫌い?でもあんな綺麗で真っ直ぐな子が来たら心奪われちゃうよね。 前回ラストと繫がってないし、前話で一気に文章力上がったから時系列弄ってるのかと思いきや、そうでもない?見続けていれば分かるんだろうけど。
宮野エレーナ (=宮野明美・志保姉妹の母) の声は林原さんで、幼い安室さんの声は伊瀬茉莉也さんか。なるほどなるほど。 「怪我…?」ってなって記憶を思い出して「なぜ今あの人のことを…」となるのは視聴者的にも何故って感じだったんですけど… 怪我ってそんな特殊な単語じゃないじゃん… 宮野家と安室さんに接点があったとは。
アレンビー初登場回!かわいい! これまでレインが築き上げてきたヒロインの座を脅かしそうなほどかわいい… いやドモンの隣にはやっぱりレインだろって思うけどね。