Annictサポーターになると広告を非表示にできます

マクロスFRONTIER

1997
視聴者数
51.39%
満足度
19
評価数
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
 音楽とヒロイン2人の魅力がこの作品の全てである。菅野よう子さんの手掛ける音楽は神曲しかないし、ランカとシェリルの両ヒロインは相反する性格を有しながら共に魅力的で見ていて飽きない。映像も10年前の作品にしてはよくできてるし、戦闘シーンでカメラが動き回る演出も、途中で飽きてくるものの、僕好みで良かった。  反面、ストーリーは壊滅的である。主人公のアルトはただそこにいるだけのつまらないキャラでしかなく、両ヒロイン以外に目立った存在はいない。25話の構成の仕方もおかしいし、中だるみするし、最後も愛と歌の力がどうのこうのと意味不明な終わり方だった。  音楽とヒロインの可愛さが僕の好みど真ん中だったので個人的には楽しく見れたが、壊滅的なストーリーやキャラ描写の薄っぺらさから、他人には勧めたくはない。