イクニラッパー/シリコマンダーズ

執着の記録

ハルカ「はじめからおわりまでまあるいえん(円・縁)でつながってる」 カワウソ「始まらず終わらずつながれない者たちよ」 カズキは血のつながりの無い家族の不確かさと、ハルカの脚をダメにした意識に囚われて自罰感情が強い。人との見えないつながりに根拠を求めたって答えなんて無いんだから、結局最後は自分がつながりをとことん信じて懸けるしかないと思う。 サラのポワ~ンとしていて、キラキラしてるものが出てるのが可愛らしい。 メガネ警官はメンテナンスが必要だったり、ダンスの最後に機械仕掛けっぽい心臓がびよ~んと出たりして何者なんだろう。

コメントはありません