Yutaro Higashiの記録

ユージオの限界突破みられるか。戦闘シーンに力入れてるから仕方ないとはいえ、顔の作画崩れるのなんとかならんかなぁ・・。
このあたりは大分すっ飛ばしてきてるなぁ、あと2話ぐらいでセントラルへ行っちゃいそう。最初の戦闘シーンと、花を修復するあたりは良かったけど、他は特に印象に残らない。
終わったかなと思ったらまだ半分だった、それぐらい詰まってたきがする。今回は尾形の回想会。ここ2話は主要キャラの深掘りでいい感じ。
あれ・・大会優勝ってザッカリアだから剣の学び舎の前なのか・・。単発ソードスキル使えるだけですげぇぇな展開だったから楽しみだったけど。けど新しい剣でで連撃数が増えていくのもアツい。女後輩まだか。。 いやてゆうか顔の作画崩れすぎじゃないかい!!
谷垣の過去。途中から大体結果が読めてしまったのが残念。鶴見中尉はなぜ谷垣の話を長々と聞くのかわからんけど、人望がある理由だろうなと思う。
この物語の核心的なところだし1話使って説明。ネタを知っているとちょっとつまらないのは仕方がない。アスナはやっぱり閃光の時が一番だった。次回からはまたアンダーワールド。楽しみ。
戦闘シーン期待以上の気合の入りよう。ぬるぬる動きすぎてやばい。劇場版であまり好きじゃなかった早すぎてよくわかんない展開じゃなく、1つ1つのシーンを丁寧に臨場感たっぷりに魅せてるあたり、とても好印象。痛みを感じるシーンがここでの最大のポイントだけど、流血での表現がよかった。 やっとここから旅立ち。女後輩達が楽しみ。
アシリパさんち○ぽ先生大好きすぎw前半の戦闘に後半のまったり。内容が濃い。
EDいいね。まだまだ序章な感じ。最後のシーンはよくある、恋する乙女は可愛い説だな。若かりしばぁちゃんはよ!
オープニングがさユりだった。 シリアス展開中のアシリパの腹の虫wからの最期の晩餐オマージュは意味深。 江渡貝くんが鶴見中尉に認められてて、捨て駒にした感がなくてなんか良かった。みんなポリシーもってて、人は殺すけど外道じゃない感じが結構好きかも。
小説でも1話との話のつながりに戸惑ったなぁ・・。ソードスキル使えることがSAOらしくていいよね。
元々作画にクオリティはそこまで必要としてないし、ストーリーの秀逸さと脚本が良いし、安定してて満足。今期も楽しみに拝見します。
いやあレールガンの記憶が強くて全体的にほぼ覚えてないことが浮き彫りになった・・。これは見直すべきか・・。 しかし今制作されたとは思えないほどの展開というか、作画というか、雰囲気というか。逆にすごい。
さすがPAというべきか特に今回は風景と色使いにかなり気合を入れている感じがする。瞳美のモノトーンの世界との対比を印象づけたいのかな。大まかな展開が読めるだけにストーリーとしては退屈な感はいなめない。日常系と思って見るほうが得策かも。 バスの運転手がポッキー食べてるときの声がにゃんこ先生にしか聞こえない おばちゃん役、島本須美さんだったのか!気づかなかった。60年前の若かりし頃もこのあと登場するんだろうけど、島本さんならどうしても期待してしまう!それだけでも視聴したいぐらい。
今までのSAOは原作読まずで見たけど、今回は原作読んでる勢なのでいろんな意味で期待。登場人物も増えるし誰が声あてるのかもひとつの楽しみ。 全体的な作画とか演出が変更されててSAOらしさが少なかったかなというイメージ。もっとつかみに力入れられた気がするが、まあ妥協点。
流石最終話、戦闘シーンも含めて作画気合はいってる。ざーさんの演技が光る。流石としか言いようがない。まゆりのシュタインズゲートで会おうねで号泣・・。そしてビンタからのHacking to the Gateで再号泣・・。 ED後のラスト。あの時代って確か、無印のときにもでてきてた。まゆりが砂漠らしきところでいるやつ。そこがまゆりと鈴羽が行き着く時代だったのか・・繋がった。そしてそこに最後オカリンが迎えに来るとか・・最高の締めだった。 原作プレイ済だと既知の事実なのかもしれないけど、アニメ勢に向けても完璧な終わり方だったと思う。素晴らしい作品をありがとうございました。
なんかアマデウスの作画不自然なとこがあったというか、紅莉栖と違う部分が多かった。最後の悲痛の笑顔もそう。 DメールじゃなくD-RINEならSERNにばれないのはなんでだろ。 ついに世界線移動。1.123581。
てっきりこのまま未来に残って最後のシーンまで行くと思ってたけど、そういえばまゆりと鈴羽がいないんだった。そら戻らないとね。 タイムリープしたあとの紅莉栖とのやり取りを振り返るオカリン、紅莉栖だけじゃなく、みんなを救うという決意したからあまり感傷に浸ってなかったけど、個人的にはもうちょっとオカリンの心が動いても良かったかなぁとも思ったり。あの察しの良い紅莉栖が大好きなので。 3000回のタイムリープの辛さを表現するのは短い話数では難しいだろうし、潔くサクッと2011まで戻ってたのは正解かも。鳳凰院凶真復活でテンション爆あがりで、細かいことはスルーできた!おかえり!
特殊OP。未来に飛んだ?と思ったら、バックアップデータを未来の廃人オカリンに上書きとな。なかなかの超展開。ルカコって無印のときも泣かされたなぁ・・。 ここからフィナーレまでは怒涛の展開でくるか。結末がわかってても期待せずにはいられない。
おやおや、1話に比べるとストーリーが一気に単純化してしまった。コーチの熱血トレーニングで解消されちゃうのかぁ・・、もうちょっと引っ張っても良かったかと。それともまた再燃するのかね。作画もバド部分以外ちょっと劣化。いやそれでも十分だけれども。