Annictサポーターになると広告を非表示にできます
2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
梅田ブルク7で公開4週目のエウレカハイエボ 2。週末も手伝ってかそこそこの入り具合、目視で6割くらいは埋まっていたか。 前作はちょっとがっかり、でも新規作画が見れただけマシ!との思いを抱いて迎えた2作目。 アネモネ、エウレカのキャラ変に対して中盤くらいまで受け入れられず辛い時間が過ぎる。まぁアネモネはいい、TVシリーズに比べれば救いもある。でもそれなら、TVシリーズの流用じゃなく新規作画でもっと丁寧に描くべきだったんじゃなかろうか。エウレカに至っては全てを否定しにかかるような展開に製作陣は何がしたいのか?という疑問すら湧く。まぁでも、ポケ虹やAOの事を思えばそれがエウレカセブンなのかも、だけど。 あと劇場版にしては少し作画が甘いかなと感じた。遠景でキャラの表情が読み辛いシーンだからって、輪郭線に点3つって、そりゃないよと。 河森メカもエウレカの醍醐味だと思うのだけれど、今回は河森メカどころか肝心のLFOもリフもどこかに置いてきぼりな感じで、TVシリーズの事を引きずったままではなかなか消化しきれないだろう。 とまぁネガティブな事ばかり書き連ねたけど、アネモネの可愛さとかドミニクの格好良さとか最後のエウレカとか、やくしまるえつこの挿入歌とか、楽しめる要素はそれなりにある。エウレカセブンが好きな人にでも勧められるとは言い難いけど、自分は次作も楽しみにしている。

Other Work Records By