アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

タカツテムの記録

以前助けた病床の老婆、まさか彼女が災厄の波に抗う力を持った人間として再登場するなんて誰が予想しただろうね。 そんな今回は以前生じた現象が違った形で現れる内容だったように思う 前回の災厄の波では尚文は召喚されるタイミングを知らなかった為に万全の準備ができなかった。それが今回は沢山の薬を用意するどころか、共に戦う仲間が居て、ラフタリアとフィーロに新しい装備を与えられるほど余裕がある 又、波が始まれば以前は村の防衛だけしていればよかったが、なかなか波が終わらないために中心地に行くことになる 波の中心地では三勇者の戦い方も以前と異なる。強調せずにバラバラに戦っている。彼らからしてもゲームと違う展開には困惑している。ソウルイーターを出現させる方法も倒す方法も判らない そんな状況では尚文も起死回生の策として憤怒の盾を使うしかない。今回は尚文自身の憎悪ではなく、錬が倒した龍の憎悪が尚文に振り掛かる。それがフィーロにも影響してしまう 以前と異なる状況と成ればどう対処すれば判らない状態になってしまうけれど、以前と違う状況を意識して作り出せるなら、それは成長した証でもある 今回も尚文はラフタリアの言葉をきっかけに暴走状態から回復する。それだけでなく、憤怒の盾さえも支配状態に置きソウルイーターを撃破する。戦いの後に「大丈夫ですか」とラフタリアに聞かれた尚文が「見ての通りだ」と答えたのは決して強がりなどではないだろうね 尚文の成長、そしてラフタリアとの絆の強まりを感じさせる ボスを倒したのに災厄の波は終わらず、グラスなる女が現れる。誰も知らない現象の中で勇者としての真価を発揮できるのは尚文だけなのか、それとも三勇者も勇者としての覚醒があるのだろうか?

コメントはありません