ただただしの記録

アイドルは多様性が価値なのに、優劣をつけようっていうスキームに疑問は持たないんだなぁ。歌を変えちゃダメっていうレギュレーションも取って付けた感。
尻上がりに良くなってきてる気がする。アデネラが恋する女になるくだりはけっこう笑った。変化のつけかたが上手い。
あーっ、いいですね! ええ話をきっちり笑いで落とす。導入も完璧。みんなカーミラが好きになる良シナリオ! あと「反則じゃねぇか」で笑ったw
ストーリーはまあまあ面白いのに、社会の作りが甘すぎて白けてしまう。こんな大都市なのに井戸とかさ(水道がないと維持できない)。子供の招待状にわざわざ木片を消費するとかさ。ディテールなんだよなぁ。
動きがちぐはぐだったり、妨害電波があるのにトランシーバー使ってたり、細部に気を配ってないよなぁ。伏線いっぱいありそうなのに、こういうところで白けちゃうのもったいない。
少年マンガらしい馬鹿馬鹿しさがマシマシになってきたなーw
裏料理界みたいな組織が維持されうる社会じゃなさそうなところが少年マンガだよな……まぁいいけど。
クリエイティブな仕事に関するオーソドックスな話で、個人的には目新しさも面白い展開もなくて肩透かし。もちろんクリエイティブに関わったことのない視聴者向けにこういう話題が必要なのはわかるし、理解しやすくまとまっていると思う。
たった3日で日本刀を何本も!? 職人の爺さんがチートだなw とはいえ、合理的なショートカットも使うあたりはさすが。 石器に対抗する武器として日本刀というチョイスもベストだ。雨でも使える精度の高い銃を量産するには時間がなさすぎるしね。上手いなぁ。
基本的にはたいして面白くはないんだけど、ちょこちょこ面白みのある描写があるのよなー。
だんだん観るのがつらくなってきた。失敗するのはいいけど、そのプロセスが無理やりすぎて萎える。燃やさないでと伝えるだけで木簡は無事だったはずだが。そもそも板材は身の回りにあふれているのに、どこに目をつけているの? ようするに、人類の発明の歴史を追体験させるだけの学習マンガ崩れだよなぁ。薄っぺらい。
おっ、天ちゃん出てきた。MAOが序盤しか出てこなくてこのままかと思ったら最後に召喚された。召喚者が複数になるのって最近の一般的な流れなのかね。ちょっとご都合主義っぽいけど。あとAbema。 そうそう、アリが強いことがわかって良かった。
ディテールが甘すぎるよねぇ。終盤の臭さもちょっと耐えがたいレベル。ちょくちょくルーキーの頑丈さが効くけど誰もツッコまないまま話が進むのも不自然だし。そろそろ切るか……
水着・温泉回をねじ込むために、金の工面や厳しい親御さんみたいなひと悶着がおきたりはしないのですね……(めっちゃ金持ちみたいだけど)。でも夏休みの金沢に空き室なぁ。 水着のまま屋内でゲームするのは無理やりすぎて良かったがw ただ、翠がメガネを外した方が美人なのは許せん!
これはなぁ、時を超えた「使命」の継承だよなぁ。なんて熱い展開。そして次回も待ち遠しい!
アヴァンだけでゾクゾクした。滅亡した人類の生き残りが宇宙にいたって設定の話は少なくないけど、ここまでじっくり伏線張っといての種明かしは最高だ。なにしろ宇宙飛行士はサバイバルの訓練も受けてるしな。原作未読で本当に良かった!
え、BombのBじゃないの……w まだルーキーの特異体質には踏み込まないのか。じれったいな。魔方陣が銃で無効化できるとか、なんかいろいろ雑な感じも受ける。
原作をちらっと読んでみたけど、本当に4コママンガをそのままぶちこんだだけの構成だった。アニメ化する意味なし。ここまで。
先取り上げるゲームを先に決めてからストーリーを当てはめてるのかなぁ。取って付けたような状況設定がもやる。キャラも出しすぎというか、なんだか落ち着かない。
素朴な経済活動が描かれてるのは良い。マインの嫌な性格がこれで辛うじて緩和されるから。ところで、粘土板は本当に爆発するの? (たぶん焚き火くらいの低温では爆発しないと思う。せいぜい割れるくらい)
すごく賢いはずの主人公が、ストーリー上都合の悪い時だけ馬鹿になるのは許しがたいんだよなぁ。パピルスに失敗した直後に機織りの話題が出たのに飛びつかないわけがないだろうに。パンケーキのこともそうだけど、この文明のことを不必要に下げて描くのもなんだかなー。