ただただしの記録

案の定というか、内輪ウケと一般ウケのどっちつかずで中途半端な作りになってるな。全員を均等に出そうとしてフォーカスが甘いし。こういう作品は振り切らないと面白くならないのでは? (唐突な鶴巻和哉には吹いた)

コメントはありません