野崎まど・講談社/ツインエンジン

はむすけの記録

域長選で策を弄した側はミスリードで、担がれたように見えてた側に操られていた? 実験的な国家内国家のような世界観はワクワクするし、そこで集団自殺を図る意図と方法が見えないのも先が読めなくて楽しい。

コメントはありません