.hack//SIGN

204
視聴者数
56.4%
満足度
80
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
どっとはっくさいん
メディア
TV
リリース時期
2002年春
放送開始日
2002-04-04
しょぼかるID
466
MyAnimeList
48
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

貞本義行
キャラクター原案
真下耕一
音響監督
伊藤和典
シリーズ構成・脚本
Bee Train
制作プロダクション

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
会話のやり取りが非常に面白い ネトゲの中に閉じ込めてしまった系のアニメでは古参に入るアニメです。 現在主流となった基本プレイ無料のアイテム課金制ではなく月額課金制の時代のゲームなので、プレイスタイルの価値観が今と多少違うかもしれません。 この作品はネトゲの中のアバターと現実の世界の生活が同じ目線で描かれ、会話の中身が限りなく私も昔経験したMMORPGの中のチャットの会話に近いものを再現していたことに魅力を感じました。 SAOやログホラ、ネトゲ嫁、オバロ、PSO2などネトゲーを土台にしたアニメは数多いのですが、チャットの中身は.hack_SIGNが一番生々しい会話をしていたと感じました。 ストーリーはログアウトできなくなった少年のため、「key of the Twilight」と呼ばれるレアアイテムを探すというのが大筋となるお話になります。 面白いと思ったポイントは、このアニメの登場人物は大体何かをロール(役割を演じること)をしてることです。 最近のゲームではこのロール行為は下火になってきたので目新しさを感じることでしょう。 現実は外資系のサラリーマンが、ネトゲの中では紅い稲妻クリムを名乗る熱血漢だったり、レンタルビデオ屋の中年フリーターがギルドの姫を守る騎士を演じたり、比較的年齢の高めの人たちが普通にネトゲをやりつつネトゲ内の危機に立ち向かう様が非常に面白かったです。 その中で私の特にお気に入りは「BT」という女性プレイヤーです。 ゲーム内では凄くクールで冷たい女性なのですが、それはゲーム内だけの意図的な演技で、たまに映るリアル世界のOLをする彼女との性格のギャップが非常に興味深い話でした。 BT主役の第17話はぜひ観て欲しいおすすめの回です。 他にも音楽の質の良さにも注目です。 特にSee-Sawの歌うOPED曲がサイケデリックな雰囲気がありオススメしたい要素です。 ネトゲにまだ夢があった時代のとても自由な作風と理想が込められた良質なアニメ作品です。 このアニメの続きはゲームに繋がるため事件の完全解決とまではいきませんが、.hack_SIGN内でゲーム版に繋がる伏線として登場するボス(スケィス)が登場します。 一人のプレイヤーがこのボスに吸収され未帰還者になったまま終了するという後味の悪い結末もまた作品の魅力といえるでしょう。 アニメもゲームもおすすめのシリーズです。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます