ガサラキ

87
視聴者数
100.0%
満足度
6
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
がさらき
メディア
TV
リリース時期
1998年秋
放送開始日
1998-10-04
公式サイト
www.gasaraki.net
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
824
MyAnimeList
782
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

野崎透
シリーズ構成
村瀬修功
キャラクターデザイン
池田繁美
美術監督
浦上靖夫
音響監督
谷口悟朗
助監督
岩沢れい子
色彩設定
山形厚史
ゲストキャラクターデザイン
鶴渕友彰
撮影監督

動画サービス

当時、小学生の私にはストーリーが難しかったけどED曲が好きだった記憶。気になったので大人になって見直しました。 日本経済を裏で操る豪和家— 古くより鬼神・骨嵬を伝承し、その血筋には骨嵬を操作できる”嵬”が現れる。作品最大の謎である「ガサラキ」という存在。これを償還できる能力を持つものが、嵬である主人公・ユウシロウとミハル。 こう綴るとファンタジー要素が強いが、メインの描写は自衛隊を中心とした戦闘シーン。骨嵬から採取した細胞を使った二足歩行兵器・TAを有する特務自衛隊に、ユウシロウはパイロットとして所属している。 近未来SF、そこに能(嵬が「ガサラキ」を召喚する儀式として行うのが”我沙羅の舞”)をはじめとした和風の要素が加わって独特な作風になっている。ガサラキの全容や細かな話は作中には出てこない…
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
98年作を感じさせないリアルなSF作品だった。諸事情でラストは駆け足になったようだけどその点以外は本当にしっかり作られていて、現代だからこそ見ごたえのある場面もたくさんありました。 日本の第九条に関わる平和の問題、外需依存に端を発する経済問題などの社会的なテーマに加えて、財閥のリアルな権力争いや、自衛隊員の活動を通した葛藤などの人間ドラマが印象的だった。 リアルロボット作品の美味しいところもところどころ差し込まれていて、たくさん大きい声が出ました。12話だけでも見てほしい。 実写を混ぜる挑戦的な演出とか、たまにヌルヌル動くTAも映像として面白かった。 ミハルちゃんはかわいいです。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます