響け!ユーフォニアム

4027
視聴者数
96.1%
満足度
177
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
ひびけゆーふぉにあむ
メディア
TV
リリース時期
2015年春
公式サイト
anime-eupho.com
公式Twitter
@anime_eupho
ハッシュタグ
#anime_eupho
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
3687
MyAnimeList
27989
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
部活の負の部分が強調されている、と感じた。上手くなりたいと叫ぶ主人公が印象的だった
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
最高でした。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
キャラクターの内面が皆複雑。マリーっぽいというか、吹奏楽部の異常さが色濃く描かれていて異空間青春ドラマ的になってる。いいぞ
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
2015年おそらく最もSNSで盛り上がった青春音楽アニメの傑作。刺激的な演出が後の作品に与えた影響も大きいと思われる京アニの看板タイトル。アニメ史においても稀少な原作とアニメの幸福な関係を体現した作品でもあるが、原作のポテンシャルを大きく膨らませた1期の功績は計り知れない。 2015年、『SHIROBAKO』ロスに悲しむ多くのアニメファンを救ったことでも記憶に刻まれる作品。 原作、アニメともに素晴らしい作品だが、特にこの1期アニメにおける原作が持つポテンシャルを大きく膨らませた京アニによる梃入れとヒロイン・黄前久美子のキャラ造形は、その後豊かな広がりを見せるユーフォシリーズにおいての全ての始まり、といってもよいぐらい大きなものであったのではないだろうか。オーディションの時から、自らの演技プランで制作陣を納得させてしまった久美子役、声優・黒沢ともよの功績にも計り知れないものがあるだろう。 『響け!ユーフォニアム』(以下ユーフォ)では宇治の街並みや学校での日常風景、吹部の生徒達が手にするリアルな楽器、リアルな演奏姿……などが京アニの恐るべきハイレベルな作画によってこれ以上ない素晴らしいクオリティで再現されており、そこでキャラクター達がしっかり生き音楽に情熱を傾けているのだ、と確かに感じられるリアリティある作品世界の説得力は十分高く評価できるものであると思う。 また、詳しい言及は避けるが、映像の質感やモブへの異常なこだわりはさながらアニメが実写的表現を手にした、と思える驚きもありそこも大きな評価ポイント。 ジャンル的には学園青春音楽アニメということで斬新さにはやや欠けることにはなるのだろうが、その中でも、序盤の部内における不穏で倦怠した部活動あるある的雰囲気には意外性と刺激が感じられ、そこも強く印象に残っている。 この作品の凄さのひとつは、脚本で読めばおそらくたいして面白い内容でもない、日常のなんでもない出来事を綴っただけのようなものが、演出の力によって何度も見返したくなるような魅力的な映像に仕上がっているところにある(裏を返せば、ストーリーの力に頼らない話の作り方がそのような映像を作り出すのだ、と)。 特に、登場人物達の無意識(や生理的反応に基づく行動)を画面に刻みつけた手腕はまさに演出(と作画)に拠るところが大きく、この点に関しては、アニメ史においても白眉なものであるのではないだろうか。 シナリオ的に計算されて理にかなった行動、というよりは、キャラ達が無意識にそのような行動を起こしている、のが感じられるのである。その無意識の行動が複数のキャラ間で掛け合わさることで生まれる予想外、かつ有無を言わさないような説得力とダイナミズムを持った刺激的な映像が心に斬り込んでくる、そんな感じだ。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
原作1巻のアニメ化、しかし原作1巻とは明確に違う。 原作1巻はもっと清廉で澄んでいる。 アニメ版は不穏やリアリティが増されていて其れは其れで、良い。 アニメの終盤、久美子が走る。巧くなりたいと吠える。あの久美子は、原作には居ない久美子。 正確には原作3巻で近似の熱量を持つようになるが、原作1巻本来の久美子とは大分変わってしまった。 それが良い悪いではなく、アニメーションの魅せ方に対応した処置だったのだろうと思う。
商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます