この世界の片隅に

1001
視聴者数
-%
満足度
-
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

自分の記録

記録はありません

みんなの感想

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
日常系だ
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
終わった後に思わずため息が出てしまうほど良い作品だった。 戦争はダメ!という直接的なメッセージは全くなく、戦時を必死に生き抜いてきた人々の普通の生活を描いた作品。どこか温かみを感じる、しかし戦争の悲惨さも描く不思議な作品でした。だからこそ、今普通に生活できることのありがたさも感じた。 あと、主人公の声優ののんさんがめっちゃいい演技してた。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
淡い色彩と抑制のきいた淡々とした芝居。悪者のいない物語。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
とても見応えのある作品だった。戦時下の空気、その中での登場人物の悲しみや喜びが躍動感を持って伝わってくる。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ふわふわした絵柄なのに、淡々と。。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
戦時!語られにくい極普通の非戦闘員の話がよいのだ。それでも元気に生きていくのだ。特に曲が素晴らしかったね。
原作未読。戦争前後の話なので悲惨な出来事もあったりするけど、全体的に柔らかな雰囲気でしみじみと観れた作品だった。ああ、このころも空は青かったんだなというか(当たり前だけど)、「現在」と共通する「普通の生活」があったんだなというか。そして戦争でこれだけ被害をこうむってもそこから復興して現在へとつながっていける人間のしぶとさ、たくましさもすげえなというか。
丸の内ピカデリー爆音映画祭 & 上映後の片渕監督トークイベント にて 爆撃の音は、陸自の富士総合火力演習で録音してきたと。 そして、ダビングで編集する際に、全部の音を絞らずにそのまま出して見たら、本当に戦争のシーンが怖かったらしい(スタジオの方がここの爆音よりすごいと言うのもあるが)。だから怖すぎて手加減したと。 それでも、十分に怖いシーンですが。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
引き込まれすぎました。 スローテンポなほんわかとした作品ですが情報量の多さと自身の知識不足からついていけないこともたくさんあったけど、すずさんを通して当時の人たちの生活の一部を感じられた気がしました。 広島の原爆が一瞬の光として表現され、爆風の凄さを飛散物で表現していたりしたことも他にはない表現の仕方だったと思います。 また見直そうと思います。
評価
全体
2回目記録:2017年8月26日 ギャグシーンのオチを知っててつい先に笑ってしまう 人と見るときは気をつけようと思った 傘と干し柿のくだりは当時の初夜にまつわる隠語らしい
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
感想:2017年8月14日 自分は全然ぬるいけどこんな自分も頑張って生きてかないとなと思いました。 生きてるって大事だなと思いました。 評判に聞いていましたが暮らしの描写とかがすごく良くて、当時の生活を垣間見ることができて、 そのことから当時の人達の気持ちにすこしだけ入り込むことができたような気がします。 あと、そそっかしい女だと思いましたが、こんなどこにでもいる 普通の人も戦争に巻き込まれて生きてたんだなあと。 物語としていろいろ偶然が重なりすぎてるような気もするけど、 誰しも人生は偶然だらけなわけで、確かにこういう人がいたんだろうなあと感じます。 戦争に対する思想や考え方については直接触れられてない作品ですが、 当時のありきたりな日常や市井の人の振り回される姿からも、改めて平和って大事だなと思いました。 何度でも見れそうな感じなのでまた見たいと思います。 すごく惹きつけられるところが多くて、評判からイメージしてた以上の作品でした。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
3回目の視聴 久しぶりの視聴。3回目ともなると楽しめるのか一抹の不安もあったが、やはり良いものは良かった。 今回の視聴で一番新鮮だったのは、初めて夏の季節にこの作品を見た、という事だった。すいか、アイスクリーム、ムシムシした暑さと汗、空爆、暑い防空壕、原爆。この作品は夏の季節の印象的なシーンが多いけれど、まさに同じ季節に見れた事で、すずさんと周りの人々の、夏の日々の生活により親近感を感じ、新鮮な印象として残った事が特によかったと思う。 そして、この作品が、大変な時代が舞台であるにも関わらず、詳細な調査に基づいた、市井の人々の日々の生活と心という当たり前にある普遍的なものを描いている、というまさにその事が、自分がこの作品が好きな最大の理由なのだな、と再確認する事ができた。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
傑作 まあ、評判や絵柄だけで傑作の予感はしていたのだが、やはり傑作であった。 お義姉さんは、ああいう性格だから特につらくあたっているとかではなく、時代が違えばモダンガールとしてすずの憧れにもなり得たのであろう。 すずは、ぼんやりしているようで、溜め込んでいるものはあり、それが脱毛になったり玉音放送後の反応になったりするのだろう。 アニメの絵は原作に沿ったものだろうけれど、写実性と抽象度の割合がうまく、これしかないというものである。
だいぶ前に観て感想を書くのを忘れていた。胸がつまってコメントできなかったから、また観たときに書きに来たいです。
戦時中のひとびとの暮らしや気持ち、捉え方が斬新で、だから余計に心にずしんと来る。 本人の意思とは無関係にお嫁入りすることとか、お義姉さんの当たりが強いこととか、すずさんがハゲ作っちゃうこととか、初恋の人が訪ねてくることとか、右手がなくなっちゃうこととか、不発弾で晴美ちゃんが、原爆で実家の家族が死んでしまうこととか、妙に淡々と描かれている。 きっと当時のすずさんたちにとっては、それが非日常ではなかったということを表しているのかもしれないと思った。 一方で、玉音放送を聴いたときのすずさんの激昂ぶりはこれまでの戦争を扱った作品ではなかなか見られない表現だと思った。やっと終わったという安堵より、負けたというショックより、強いられてきた理不尽に対するさらに理不尽な結果に憤る気持ちのほうが勝った姿、妙な説得力とリアリティがあった。 のんちゃんの広島弁も愛らしくて切なくてよかったのだけれど、細谷さんの安定感も最高だったし、なにより小野Dが決してイケメンではないガキ大将キャラを演じる貴重なアニメだ…と気づいて拍手喝采したくなった。 後世までたくさんのひとに観てもらいたい映画です。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
この世界の片隅に  2月2日鑑賞。細谷最高だなと思った。
評価
全体
日本語字幕付きの回だったが、それでよかった。古いものの名称なんか知らないからなぁ。 戦争中の日常系という感じですずさんの半生が描かれていて、時折劇場で笑いが起こったり、すすり泣いたりで楽しかった。 喜怒哀楽、全て詰め込まれた本当の意味での日常系な感じがした。時が時なので大変そうだなぁと思うこともあるけれど、当時の人はそれが当たり前で、そして生きていく。そういうところがすごくいい! 伏線もたくさんあって、それが回収されていくさまも気持ちいい。 鈍感で気づけなかったけど、最後の橋のシーンで「あぁ!なるほど!」と思わされた。 エンドロールのエピローグ的なものや、クラウドファンディング協賛者の名前が流れるところのリンさんの話しなんかも穴を埋めてくれる感じで良かった。 色々書いたけど素晴らしいの一言です。
評価
全体
とても良いです。
評価
全体
原作からして傑作なので、忠実にアニメ化できればそれなりに楽しめるだろうと期待し、評判の高さも聞いていたので、かなりハードル高めに見ていたのだが・・・予想以上で一回目はしばらく言葉がでなかった。原作の絵がそのまま動き出し、色がつき、のんの声でしゃべりだすと、もはやほんとに世界がまるごと再現されたかのよう。 漫画は漫画としての手法、アニメはアニメとしての手法で、体験したわけではない戦争のある日常を描いていて、これが異様にリアルに感じられた。知らないからこそ描けるリアルに到達しているのではなかろうか。 あまりに良かったので元旦に2回目を見た。相当な情報量なので、何回か見た方がいろいろ発見があって楽しめる。
評価
全体
とても良かったです。
見終わった後、なんと言っていいかわからない、うまく言葉に出来ない。 「戦争の」ではなくて、少女が生きていく中で「戦争があった」、そんななかでも生きようとした。そんな作品なのかな(この表現でいいかも難しいけど)。
戦況を呉軍港の軍艦の種類と数で、やんわりと表現 爆撃の爆弾の種類が通常爆弾から焼夷弾へ 市井の人視点を貫いて欲しかったので、空撮はともかく空爆視点があったのは残念でした。 すずの右手(=描く絵)は、失われる風景の保存なのですが、その手段を失って、なおも生きる姿勢が、EDさいごの手振りで、要はその精神は健在と。
評価
全体
正直あんま興味なくて、序盤は眠くなりそうかなぁなんて考えながら見てたんだけど、久々にアニメでじっくり世界に引き込まれた気がする。 別に戦争がメインなんじゃなくて、戦争が身近なだけで、一人の女の子が成長していく話で、自分の意思とは関係なく、変わり行く日常に対してどこかに非現実的なものを感じながらも前向きに、前向きに生きていく姿がただただ目に焼き付いた。 いい作品に出会えたな。 ・・・あまり作品の内容を言葉にできなかったけど、どんな日常があっても前を向いて生きていくこと、自分の気持ち次第で"この世界の片隅に"自分の生きていく居場所があるんだと教えられた気がする。
評判の高さで娘と見てきた。戦争描写を抑えていることで思想的・道徳的な押しつけがましさがなくて良かった。 ただ、のんの芝居はうまいと思うが声の演技としてはやはり不満を覚えた。 最後の方の、子供を残して悲惨に死んでいく母のシーンも無い方が良かったような気も。
評価
全体
ノーチェックだったけど世間の評判があまりにも高評なので気になり、でも調べて見ると戦時中の日本の話かーうーん...。私は生々しく戦争が絡む映像作品は苦手なので別に見なくていいかなーと思いつつも、なんだかんだ好奇心が勝ち鑑賞。結論から言えば凄まじい大傑作だった。いや、間違いなく日本の映画史・アニメ史に名を残すであろう作品という意味では傑作を超えて名作と言うべきかもしれない。見終わってこんなにも胸がいっぱいになるなんて。どんな作品かと言われれば、戦時中のある少女の日常を描くアニメという言い方が誤解を招きそうだがしっくりくる気もする。前半は当時の時代背景の中でのすずさんとその周辺の明るく楽しい日常を描き、後半に前半と対比されるかの如く戦争の厳しさが見えてくる。傷ついたりぶつかり合うことがあっても"この世界の片隅で生きていく。"そんな前向きで強い意志を感じられる温かい作品だった。