ガラスの花と壊す世界

848
視聴者数
-%
満足度
-
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

メディア
映画
リリース時期
2016年冬
公式サイト
garakowa.jp
公式Twitter
@garakowa_a
ハッシュタグ
#garakowa_a
Wikipedia
ja.wikipedia.org
MyAnimeList
25907
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

カントク
キャラクター原案
瀬川真矢
キャラクターデザイン
川村敏江
メインアニメーター
六七質
世界コンセプトデザイン
竹内志保
画面設定
中尾総子
色彩設定
髙橋賢司
撮影監督
本山哲
音響監督
A-1 Pictures
アニメーション制作
ポニーキャニオン
配給・音楽制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
Amazonプライムで視聴しました。 よくわからない部分もあり、なんだか今ひとつな内容でした。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
性別が総逆転してたら好きだった、、、かも。 よく出来たSFでした。しかし好みではなかった。冒頭のパルテノン多摩で一笑いしました
「いいよいいよ〜」(否定的な意味で)→「許しません」の流れが好きで、今週もまた観てしまいました。
毎週観ている気がするけど、全然中毒じゃないな。
ちょっと気になって改めて見直すと、上映時間が1時間程度なのに、無駄なシーンが全くないことに驚く。そして、サウンドトラックの演出も分かりやすくて、本当に無駄がない、というより濃厚だ。そして含みが多い。だからこそ、こういう(物語の本質を考える時、自分の経験との裏写しを迫られるような演出風の)作品は好きだ。
市庁前に思っていたよりも、自分の中では面白い作品でした。確かに世界感としてはは、ある程度コンピュータなりの知識を前提としてはいます(作中に細かい説明は全くありません)。が、物語として見ると、なんだか良かったなと。
個人的には好きな作品。見に行ってよかった。1時間の中に上手く詰めこんだなってくらい、設定が結構複雑そうな印象を受けた。初見だと理解しきれないところがあったので、また見に行きたい。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます