Classroom☆Crisis

918
視聴者数
33.33%
満足度
3
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
くらするーむくらいしす
メディア
TV
リリース時期
2015年夏
放送開始日
2015-07-03
公式サイト
www.classroom-crisis.com
公式Twitter
@clcr_project
ハッシュタグ
#クラクラ
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
3800
MyAnimeList
30383
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

MONTWO
原作
丸戸史明 with 企画屋
シリーズ構成
かんざきひろ
キャラクター原案
海老澤卓也
美術設定
倉橋裕宗
音響効果
小柳啓伍
脚本協力
石野聡
アニメーションディレクター
ホッチカズヒロ
コンセプト美術デザイン
田中俊成
メカニカルデザイン
赤石沢貴士
メカニカルプロップデザイン
大久保朋
助監督
後藤晴香
撮影監督
定松剛
編集
Lay-duce
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
宇宙工学のエンジニアリングと企業の経営をテーマに据えて、高校生ビジネスマンである主人公の復讐劇や人間関係を描いた作品。 話が進むに連れて主人公の仲間に対する心情の変化と復讐に対する考え方、ひいてはビジネスマンとしての志が変化が非常に面白かった。かなり好みの作品でした。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
いわゆる廃部阻止もの、だが、現場と企業上層部の二方向での奮闘から描く逆転劇を軸に、恋愛、友情、あっと驚くどんでん返し展開なども含めて構成される脚本の秀逸さはなかなかのもの。2015年当時、深夜アニメもここまで来たかと感嘆した映像や劇伴クオリティの高さも、本作品を推す要因として大きい。 スタッフクレジットでは、やはり「冴えカノ」の丸戸史明氏、「俺妹」のかんざきひろ氏の参加に特別目を引くものがある。放送当時、これだけのクオリティの高さにもかかわらず、序盤で視聴をとり止めてしまった人が多かったような印象もあったのは、この両氏の参加から期待されるようなラブコメ的なもの、と大きくかけ離れた堅いストーリーにも原因があったかもしれない。結果、放送終了後もそこまで話題にならなかった印象だが、人目に触れず忘れられるにはあまりにもったいない作品、ということで今回レヴューを書くに至った(同時期、同年に話題作が多かったのも不運だったかもしれない)。 放送時、今や引っ張りだこ状態である林ゆうき氏の劇伴のクオリティの高さにも大きく反応した作品なので、そこも注目していただきたい点。映像、音楽、ストーリー、キャラクター、どれも隙がないクオリティだが、強いて一点、この作品を強く推したくなる要因を挙げるとするなら、終盤訪れる(ある種の尊さを持った)どんでん返し展開の存在というのは大きいかもしれない、のでそこも是非楽しみに観ていただけたら、と。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます