Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
かんたいこれくしょんかんこれげきじょうばん
メディア
映画
リリース時期
2016年秋
公式サイト
kancolle-anime.jp
公式Twitter
@anime_KanColle
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

No Characters

スタッフ

田中謙介
コンセプト
井出直美
キャラクターデザイン
松本麻友子
キャラクターデザイン
宮澤努
メカニックデザイン
諸石康太
メカニックデザイン
元長聡
プロデューサー
天野翔太
アニメーションプロデューサー
KADOKAWA
配給

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
個人的に悲壮感は望んでなかったので
評価
全体
アニメ版を観る前に観てしまっが、後からアニメ版を回収して劇場版を思い出すとすごく感動した。 「艦これ」について深く描かれている。そしてなんといっても主題歌が大好き。
アニメの話を含めて完結させにきた
艦これの世界観において、TV版、および原作ゲームで触れられていない、明かされていない部分に大きく踏み込んでいる印象を受けた。深海棲艦とは? 艦娘とは? この戦いに終わりはあるのか? もしかすると原作の田中氏がインタビューなどで話しているのかもしれないけど、今まであいまいにぼかされていた部分が真正面から描かれていて、正直驚いた。 田中氏はインタビューで、昔そういう艦があったこと、戦いがあったことを知ってほしいというようなことを言っていたので、クライマックスの展開からはそんな意思を感じた。というか、駆逐艦吹雪はアイアンボトムサウンドで沈んでいたのか……知らなかった。 そんな感じで、ゲーム艦これのコンセプトに沿ったシリアスなストーリーで、終始緊張感があったし、戦闘シーンも見事で、非常に楽しめた。大和の一斉射撃はド迫力! 夕立かっけえ! 龍驤独特の発艦モーションや、艤装や艦載機でがんばる妖精さんたちが描かれたのも嬉しかった。 今作も女性声優陣の妙技が堪能できたけど、やはり素晴らしかったのは日高里菜さん。睦月、如月の真に迫る演技で涙腺にきた。
評価
全体
「劇場版艦これ」見てきた。出撃、戦闘シーンは流石の劇場版の迫力で満足。お話のほうは起承転までの流れは、王道だけど簡潔に整理されていてテンポよく進み良い感じだったが、最後、結の部分では膨らませた伏線も全然回収されず、なんだか誤魔化されて逃げられた感じで、モヤモヤ感が残った。
評価
全体
テレビアニメ「艦これ」の劇場版。正式な続編なので、ちゃんと理解するにはテレビアニメは視聴必須。艦これはブラウザゲーの方で知りテレビアニメも鑑賞したが、正直テレビアニメの方はあまり楽しめなかったので本作も見るつもりはなかった。しかしながら世間の評判が二極化されており、賛否両論。テレビシリーズの方でがっかりした人こそ見るべきとのレビューもあったので気になり鑑賞。テレビアニメの続編の劇場版として考えると素晴らしい出来の劇場版だったと思う。テーマは「反戦」。まさか艦これのテーマが反戦とは...でも実際戦艦を擬人化させてるわけだしなるほど納得。劇場版だからこその異常に気合の入った戦闘シーン映像は素晴らしかったし、テレビシリーズから伏線を張っていた吹雪や如月の謎の回収。テレビアニメで話数をかけてキャラ紹介したからこそ出来た本作のシリアス路線全開の物語。全ては本作を作る為だと思うとテレビアニメ版も納得だと補完できた。熱量のある素晴らしいファンムービーだった。
評価
全体
テレビ版で意味深だった如月轟沈シーン、艦娘が轟沈した後どうなるのか、深海棲艦発生の謎についてふられていて、そこはきちんと回収された。 あとなぜ主人公が吹雪なのか、吹雪だけが特別であると強調する描写が印象的だった。 正直深海棲艦の悲痛な叫びと、どんどん深海棲艦化していって心が保てなくなっていく如月ちゃんが見ていてつらかった。 吹雪と吹雪の深海棲艦のシーンはよくわからないところも多かったけど、吹雪は運命の環から外れた存在であり、他の艦娘の運命をも変えていける希望だという認識でいいのかな。 最後の最後、きちんと復活した如月ちゃんと笑顔の睦月ちゃんがとてもよかったと思います。 これで如月ちゃんと睦月ちゃんは救われたのだと思う。 今後の展開があるかわからないけど、もっと深堀してほしい部分は多いね、ここまで来たら。 あと、アニメにおける提督ってマジで何してんの、うやむやすぎて提督という存在作らなくて長門を筆頭に話作ったほうがよかったんじゃないかと思うわ。 そこんとこももしかしたらまだ語られてないからなのかな、そういう意味でも次の展開があれば見たい。
アニメでうやむやにされていた深海棲艦の発生原因と艦娘轟沈後の関連を焦点に当てていた内容には驚きました.また轟沈後の艦娘の悲痛な叫び・無念は実際の戦闘で散って逝った実史を連想させる舞台設定で艦娘が艦であることがより印象付けられたかなと感じました. でも一方で,艦娘の誕生や提督の出会いなどはうやむやになったままだったので,ストーリーが進んでいく上で誤魔化した感じは少し残りました.どうせ輪廻転生な設定をするなら,艦娘の誕生から轟沈,深海棲艦誕生,轟沈,そして艦娘の誕生と全てはっきりさせてもらいたかったなぁとは感じました. あと印象的だったのは睦月と如月の別離シーン.もうすぐ居なくなってしまう如月に対し,別れを悲しむのをやめ,再会の約束を結ぶ睦月.ずっとこのままでいたいと思い続けた彼女が如月とともに前へ進む決意を固めたシーンは心にジーンときました. いやはや,アニメ版と異なり,設定を掘り下げた劇場版.久々に良い作品に出会えました(^^)
商品はありません
商品を登録する

関連作品

艦隊これくしょんシリーズ

Annictサポーターになると広告を非表示にできます