高野苺・双葉社/orange製作委員会

orange -未来-

214
視聴者数
-%
満足度
-
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
おれんじみらい
メディア
映画
リリース時期
2016年秋
公式サイト
movie.orange-anime.com
公式Twitter
@AnimationOrange
ハッシュタグ
#orange_a
Wikipedia
ja.wikipedia.org
MyAnimeList
34136
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

中山奈緒美
チーフディレクター
柿原優子
シリーズ構成
結城信輝
キャラクターデザイン
北尾勝
総作画監督
高須美野子
総作画監督
市倉敬
美術監督
橋本賢
色彩設計
武田雅由
3DCGディレクター
並木智
撮影監督
長崎行男
音響監督
今野康之
音響効果

動画サービス

総集編+α。須和視点での物語と、翔がいる未来の話。 TVAも含めて須和が実際の主人公なんだろうなと思った。 作品タイトルの orange が指すもの。 ホントに見たかった(6人がそろって見れる) orange と。
再三に渡る映像の使い回し感は否めませんでしたが、しっかりと総集編+αの+α部分があったので楽しめました(*´∀`) まず副題が「未来」と成っている点。個人的には「須和view」の方がこの作品の的を射ているように感じました。1周目の菜穂と結婚した自分の未来を捨てて、翔と菜穂に奔走する姿には心打たれました。また、須和自身は1周目の自分に翔から菜穂を奪った罪悪感を感じている中、貴子達は須和は翔と菜穂どっちも幸せにしたかっただけと言い放つ。この瞬間、須和の長きに渡る罪の鎖から抜け出せたのかなと、この物語の集大成を目撃した心持ちでした。 あと、萩田くんのカット率が半端なくて本当悲しかったですが、ラストでしっかり幸せのようで何よりでした。 やっと明かされたorangeの意味。翔も菜穂も須和もあずさも貴子も萩田もいるorange空。その風景は1周目の彼らが夢見た風景だったのかなぁ(*´∀`)
この物語を成立させた影のヒーロー、須和君の映画。翔のいない世界、翔がいる世界、並行して存在する世界の彼らがたどり着く未来を見ると涙が抑えられない。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます