HoneyWorksMovie
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
すきになるそのしゅんかんをこくはくじっこういいんかい
メディア
映画
リリース時期
2016年秋
公式サイト
www.honeyworks-movie.jp
公式Twitter
@HoneyWorksMovie
Wikipedia
ja.wikipedia.org
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

No Characters

スタッフ

No Staffs

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
色んな方向に矢印が出てるのは面白いね。片想いの都市地下鉄網や!まだまだ多彩なストーリーが隠されてそうである。
評価
全体
映画で観た時も面白かったが 円盤で観て再認識! 面白い! HoneyWorksの曲を映像化した理想の作品。 特に「大嫌いなはずだった。」からのCパートが良い。 金曜日シリーズもアニメ化希望!
雛の手紙で「小雪先輩へ」とともに流れ始める「花に赤い糸」.そしてこの曲の最後の「~花たちを…」とともに現れる便箋にあしらわれている花模様.小雪先輩が大好きであった花達を思い出しながら想いを綴った雛の様子が浮かぶようでした. 自身が雛といることよりも,雛が笑顔であることを望む虎太郎.雛が泣く時には全力でなんとかしようとする姿勢には驚かされましたし,彼女が笑顔ならそれ以上望まない謙虚さが虎太郎の適切な恋愛ペースだったのかなぁ.だからこそ,彼の恋には優しさが溢れてますね. EDの最後が「意識しちゃった.」で終わっている点.惚れたのか惚れてないのかあいまいな中,その後のシーンで雛が虎太郎に「(好きなことは)知ってるよ.」との発言.ちゃんと好きって言ってあげて!雛ちゃん!?
商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます