葵せきな・仙人掌・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/ゲーマーズ!製作委員会

ゲーマーズ!

1744
視聴者数
85.76%
満足度
521
評価数
93.02%
満足度
230
記録数
43
評価数
37
コメント
すごい残念なヒロインだ。。 いいまとめ方。
朝ジョギングして勉強するというのは優等生からギャルゲのイケメン主人公まで実践してるよくみる努力描写だ。(これあるのとないのでは説得力が違う) でもbeforeとafterで理想と現実でずれてるところを見せる描写がとっても面白かった。 結果、就寝時間2時間遅れてるのは…これ雨野君責任とるべきか。 雨野くんのゲーム絡みの行動だとテレが無いので、天道さんそこに惚れたのかな。 というか雨野のそういうとこ尊敬したい。 競技でやるゲームより娯楽でやるゲームをしたい雨野。 でもそこにそれほど明確な溝はなくって、そこを理解してて爽やかな天道さん素敵だった。 きっとこの日の夜は快眠できただろう。
天道さん可愛いなー。個人的にモヤモヤしてる天道さんが乙女力全開でたまらなく好き。悩んでること自体はラブコメあるあるなんやけど、いかんせんすれ違いっぷりがすごいからなかなかお互い気持ちを理解し合うことができないけど、今回は比較的天道さんはすこし天野に近づけたんやないかと思った。 OP癖になるなー
景太のスタンスに共感する。もちろん勝ちたいけれど、それだけじゃないよね、ゲームって。ゲーセンで対戦格闘ゲームにハマっていた頃を思い出した。 花憐の残念ヒロインっぷりが本当にかわいいw 表情に合わせた金元寿子さんの演技が本当に素晴らしい。かわいすぎ。 「仲間が勝手に魔法を使って 無駄にMP消費しちゃった」という表現に大笑いw
メダルゲームなんて、タバコの煙充満で老人率高いような。もらったメダルでのプレイも問題無い店なんですかね。 天道の中での星ノ守は、まだロングなのか、時系列の問題なのか。
ビフォーとアフターで状況は真逆なのに、ナレーションが全く同じっていう演出面白かった。 雨野くんと天道さんではゲームに対する価値観が根本的に違ってて、その噛み合わなさが不憫だったのだけど、擦り合わせができた回ってことか。 音楽もアートもスポーツもストイックにならずに楽しむ方向性はあるし、ゲームに限らない話だよなと。 優等生が恋してヘッポコになるのかわいい。
感情がコロコロ変わる天道さんがとても可愛かった。相手の事を考えて眠れなかったり、相手に聞きたい事があっても聞けなかったり、ほんと恋ってムズかしいですね。 さて、結局のところ2人のゲームに対する在り方は同じで、勝って喜び負けて悔しがる事だった。 だから極める事のできない天野はゲーム部に入部せずとも、ゲーム部を尊敬し馬鹿にされたく無いと怒った。真意が伝わった2人は今後どうなっていくのかが気になります。 そして最後の天道さんが言った『ゲームがしたくてたまらないんだもの』が二話ラストの上原君を彷彿とさせる終わり方で、とても良い笑顔で万事解決...かと思えば、スランプは治らなかったみたいなので、まだまだ迷走、錯綜は続きそうで楽しみです。
てんどうさんはあまのにぞっこんで生活にも支障がでまくっている。そんな矢先、あまのと出会ったてんどうは、デートまがいの散歩をする。話題にほしもりばかりがでてきててんどうは鬱々する。流れでメダルゲームをすることに、これは私の人生よ再起をかけた大勝負、あなたに勝って失ったものを取り戻すと、すごい意気込みではじまる。しかし点であまのは素人で大差でてんどうがかつ、やるせない感。最後の賭けで競馬ゲームをする、そこであまのの勝ちたいというしっかりとした意思があることを知り驚く、勝ちにこだわるゲーム部がいやで断ったはずなのにと、投げかけるてんどう。それに対し勝ち負けを心底どうでもいいと思ってしまったらゲームなんて楽しくないんじゃないですか、と言う。勝った負けたで一喜一憂して大騒ぎするのが楽しいからこそ、僕にとってはゲームは娯楽。断った理由は、単純に勝つために耐える根性がないだけらしい。価値を喜び、負けを悔しがることがゲーム最大が醍醐味。ところで前回の仲良く帰るちあきとたすくのことはどこへいったのだー
頂点美少女の1日。理想と現実みたいな感じだった。天道さんはもう…ストイックか楽しさか。取り繕う限りうまくいかなそう。運が全てじゃ公平な勝負かなぁ。普通に勝負がついた。娯楽のための勝敗か、勝敗を目的にするかか
「天童花憐の華麗な一日」でスタートwww 天野に惚れる前と後の対比が面白い。 天童さんあれだけで雨野さんにそんなゾッコン か…て思うけどかわいいからいいか…。 休日に偶然出くわす二人だが。二人遊ぶ中で、天童はスランプから抜けるヒントを探そうとする。 結果、「勝ち負けに拘る」ことと「ゲームを楽しむ」ことはほぼイコールという本質に気づかされる。 これは天童さんの成長回ってことでいいんかな?前回の星野森問題はどこ吹く風(恐らく次回かな?)なのが気になったが、なかなか良かった!
天道花憐の華麗な一日のギャップww
Beforeの朝はポニテ花憐さんは清々しくエロかったです(*´ω`*) Afterはベッドに入ってからが天野くん天野くんしてましたね。恋狂う花憐さんのベッドくねくねは見物でした。 今回は拗らせるよりも、ゲーマーの要素盛り沢山。ゲームを極めるか、ゲームを楽しむか。どっちも尊重する天野くんは久々に主人公らしかったです。一方一層スランプになった花憐は無事タイトル回収と(笑) それにしても前回のラストの亜玖璃のお話はどうなったのかは少し気になりましたね。
この2人の考えの違いはゲームに限らずいろんな部活動であるよね。「自分が今よりもっと上手くなることが楽しい。そのためには苦しい特訓もする」タイプと「ただプレイすることが単純に楽しい。上達はしたいけど特訓とかの苦しい体験はいや」タイプ。 「響け!ユーフォニアム」も意見の対立で部員が割れた。 同然、どっちの考え方も正しい。 天道さんは恋愛感情がこじれて視野が狭くなってたみたいだ。とりあえず、お薬出しときますね。夜眠れないようなので睡眠導入剤も。
これじゃ天道さんがメインヒロインみたいじゃないか! …あれ?
すごい!天道さんがまるでメインヒロインのようだ! ガチ勢とエンジョイ勢の価値観の相違、要するに程度の問題だよなーという感じのお話だった。 少しずつ変化していく考え方が露骨にプレイスタイルに反映されるのかわいい。
今回も「ゲーマー」を真剣に語るのが好印象
天道さんの色ボケっプリはよかったが、あぐり出てこないし、ですですも聞けず、さみしい。
ビフォアアフターがひどすぎ
僕個人としてのゲームの在り方は天野君みたいな感じなので天童さんに恥ずかしいです でもヘビーゲームユーザーはかっこいいなって思う
ポンコツぶりを強調する回かと思ったら、意外によい話であった。
天道さんのへっぽこ回 良かったんだけど先週の痴情のもつれのほうが気になって あぐりはよ!!みたいな気持ちが強い…
beforeとafterで違いすぎるのが面白かった。天道さんのキャラ崩壊が酷い。
これだメインヒロインの実力!!!
やっぱり金髪ちゃんだな!
Kサポーター
BeforeとAfterのギャップがいいよね。 私は断然Afterの天道さんが好きだなぁ。 こだわり方は人それぞれだけれども、 夢中になっている何かがある人のまっすぐな感じ、素敵だなぁ。 ゲームであれ、恋愛であれ、魅力的です。
ゲーマーのヤベー奴
Koji Shimbaサポーター
恋する女の子かわいい。自室にゲーセンにあるような筐体があるのすごいな。
てんどうさんの心理はいまいち共感しづらい
いっしーサポーター
メインヒロイン(?)回。完全無欠お嬢様なBeforeよりも、恋にジタバタしてるAfterのほうが可愛くて好みです。やや過剰な気はするけどね…
亜玖璃達の修羅場が出てこないから、1回見逃したかと思ったらINTERMISSIONだった。 花憐の1日で、beforeで意識高い過ごし方が紹介されたので、afterでどんなにヒドいことになるんだろうと思ってたら、それほどヒドくなかった。布団を股間に挟んでクネクネするのはヒドかったけど。 雨野のゲーム観は「ゲームで勝つのは嬉しいけど、勝つためにギスギスはしたくはない」みたいな感じ?
Fight on![初回限定盤CD+DVD]TVアニメ「ゲーマーズ!」エンディングテーマ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥1,800¥1,461
GAMERS! TVアニメ「ゲーマーズ!」オープニングテーマ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥1,296
ゲーマーズ!第1巻〈初回限定版〉 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥7,344¥5,458