2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

宝石の国

1685
視聴者数
96.17%
満足度
725
評価数
91.14%
満足度
300
記録数
79
評価数
61
コメント
所蔵BDにて。美しい。映像がとにかく美しい。
夜に閉じ込められたシンシャともろはの主人公 力のない二人が寄り添ったとき、奇跡は起こるのか。
独特世界観っすねー
1話見ただけじゃない良くわからない独特の世界観てすね
ぱっと見、わかりにくそうな世界に見えて、とても理解し易い話だった。 化学知識が多少あると、もしくは興味があればより楽しめるかもしれぬ。
ちょ、割れとる。割れとるよ。 しかもオトコノコなのか。 なんかシュールだ。
鉱物ネタが想像以上にガチだった。まだちょいと物語世界に入り込めていないのではあるが、CGを駆使したTVシリーズの意欲作としても目が離せない。TOHOアニメーション作品としても。
原作はずっと気にはなってたが全く世界観も内容も知らないまま。いや面白いな。3Dな動きや色のきれいさもいいし、キャラの中性的な見た目や性格のかわいさ、それを演じる芝居も良い。
音楽が雰囲気ある。 宝石の周りにキラキラが見えるのがかわいい。 宝石の身体がくびれあるのに四角い尻でほぉーとなってしまった。 髪の毛の部分も思ったよりそよそよするんだな…。 シンシャくん……。
原作未読。登場人物が皆宝石なのね。自称僕・俺が多いけど見た目中性的な感じなのかな。硬度も様々、戦いなどで砕けては治したりしてるのが斬新。 落ちこぼれフォスが可愛い。シンシャは硫化水銀か…。 得体の知れない月人が敵って感じなのかな。
原作の表現をしっかり3Dで再現してて、絵では表現の難しかった戦闘がしっかり描かれてる、すごい。どうなるかと思ったけど安心して見れそう。ファスかわいいよフォス
これは面白そうで期待大!フォスが久美子の声の人だったけど、いい味がでててとても良かった。
雑感想 最初は「なぜ3Dなのか」という疑問が実はあったが全身宝石で破損する事を知って「これは全部2Dでやったら死にそうだ」と納得。3Dが最近増えているので3D技術の発展を願う(アニメの感想ですらない) 敵がむしろ物理的に神々しい
キラキラしてていいね! 展開がスーッと入ってきて見やすかった。
ブロンズ社畜サポーター
フォスフォライト、衝撃に弱く非常に脆い。化学式はZn2Fe2+(PO4)2・4H2O....... 全然わかんねぇぇぇ!!結晶というか宝石のことは知らないに等しいぐらい知識がないけど、調べたくなる衝動にかられるアニメだった。フォスフォライトの独特な空気感がゆるーくて不思議な感覚になるアニメだった。 毎話毎話宝石別でピックアップしていくんかな?? というか声優陣がえぐいぐらい豪華......
おお、想像以上にいい感じだ。CGも作風に馴染んでる。フォスのふわふわした感じがよくでていてさすが黒沢ともよ。宝石たちよりもむしろ月人の描写が好み。
宝石の擬人化か。 各自の名前の通り、宝石の性質が、個々の性質になるのか。 色とか硬度とか、シンシャの毒は硫化水銀か。
すごい!3Dアニメの未来は明るい。その先駆けとも言えるものに仕上がってる。 みんな女性声優なのもいいね。 フォスがぶっちゃけ一歩間違ったらクソウザのムカつく主人公になってしまうのを、奇跡的なバランスで可愛く見せてるの作者のキャラクター描写力の高さを感じさせる。 漫画は1巻無料のとこまで読んだので、ダイヤ回も内容は知ってる。たのしみ
92点。おもしろい!体が宝石でとても脆いという設定がグッとくる。特徴のない主人公がお転婆な性格というところ。黒沢ともよさんのアニメのための喋りというよりも、あまりにもリアルな喋りも心地よい。これ、10頭身くらいありそう。ウエスト細すぎるけど、ありだな。20数体いるということで、ガルパンのように全員が登場して活躍するかわからないけど、そこも楽しみ。劇判はストリングス基調で浜渦正志のよう。EDはどこかSFPを思い出すサウンドで自分好み。美しく見せやすい3Dの強みを生かした演出も◎
開始前のCMなんかで気になってたんだけど想像以上。 宝石の特性をもったものたちが月人なるものと戦うのか。 砕けたりするところが意外にドキッとしてグロいとはまた違った感じで心がざわざわする。 月人も無機質で気持ち悪い感じ。 これはなかなかおもしろそうだぞ。
久美子と田村少年とはやみん。フォスフォフィライトって言いづらい宝石があるんだな。宝石が狩られる側か。先生つええな。主人公弱い。へー光が栄養なんか。水銀系の宝石か。主人公ポジティブだなぁ。動きのオレンジだと思ってたけど、背景すごい。かやのんダイヤ感あるよな。攫われたいシンシャ。二人の話になるのかな。尖った世界感だ
3Dについていけない。 なぜ絶賛? まったくわからない。
Shimba, Kojiサポーター
原作未読。黒沢ともよさん、相変わらず独特の声で良い。キャラの名前が鉱物名なのか。何となく耳をすませばを思い出した。二人に適した仕事を探す話になるのかな。
なんのけなしに見始めたのだけどクオリティとスケールのでかさに圧倒されてしまった…これはすごい!!!
フォスフォフィライトをWikiで調べたら、性質・特徴の項目に「非常に脆く衝撃に弱い」とだけ書いてあったw シンシャが出すドロドロした3DCGは水銀っぽい質感でよかった。シンシャ自体は硫化水銀で、陶芸の辰砂とは構成物質が違うらしい。シンシャの服は溶けないんだなと。
宝石たちの中で最年少のフォスフォフィライトは、硬度三半とひときわ脆く、靭性も弱くて戦闘に向かない。また、他の仕事の適性もない。そのくせ口だけは一丁前という、まさに正真正銘の落ちこぼれだった。そんなフォスに、三百歳を目前にしてやっと「博物誌編纂」という初めての仕事が与えられる。
ファンタジックな世界観だけど人間味溢れたキャラクター達がいい感じだね
宝石の輝きを眩いほどにアニメ化。豪華キャストでこの絵に感じてる違和感が無くなればドハマリしそう。様子見
宝石擬人化というところで、漫画でも気になっていたが3DCGでどうなるかというところ。 中性的な存在であるキャラたちには性別もないが、演技的には男女の違いがあるようで
・雰囲気がいい ・謎が多い ・音が静か ・TVアニメ的なお芝居が控えめ ・色が綺麗