暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

2681
視聴者数
95.96%
満足度
1297
評価数
96.96%
満足度
397
記録数
115
評価数
57
コメント
☆☆★(2.5)  あまりにもヴァイオレットに都合よく物語が運びすぎているような気がする。いくら学科の成績がよかったとはいえ、短く飾り気のない言葉が心からの思いを伝えることがあるとはいえ、あの手紙一枚で卒業認定が覆るというのは、一体どんな基準を持った学校なのか。正直もう一度学校に通い直すとか、特別試験を受けるとか(いや、それも特例っぽくてイヤだな)のほうが納得できるような。  でもヴァイオレットが初めて感情を汲んで書いた手紙としてはリアルな文面な気はする。私がヴァイオレットの感情の変化をうまく追えていないだけなのかも。「あなたの書いているのは手紙じゃない」と言われて、落胆しているのもまた事実。  お兄ちゃん木村昴だったのね。片足が不自由で松葉杖を手放せない時点で、全然無事に戻ってきていないんだよな。酔っぱらいが頭から酒を浴びるのはクリシェだな、ふむ。  ところであの二人の関係はなんなの、クローディアはかませ犬として無理やり舞台に上げられているだけなの?
ルクリアの葛藤やヴァイオレットが手紙を渡す際に言い換える姿がよかった。 英題は May You Be an Exemplary Auto Memory Doll. とのこと
ルクリア、良い子だ ( 自分は卒業できたのに練習に付き合ってくれたり ) 。 あぁ、3話にいたってもヴァイオレットはこの調子でまだ人の心が分からない感じなんだ… と思ったら一歩前進! ルクリアの手紙は無事代筆できたものの、シンプル過ぎて ( それが効いたとはいえ ) 卒業資格を得たのは “ おまけ ” っぽさもある…ので先生も何だかんだ良い人だと思う。
この時間内に話が綺麗に纏まっていて、絵も美しい。素晴らしい(^ω^三^ω^)
Kサポーター
よい手紙とは思うものの、バッチ授与があっさりすぎて、 同じくバッチがもらえなかった他の面々の心境たるや。。 これはヴァイオレット自身が心に近づいたわけではなく、 教官の言葉をもとに、ルクリアの言葉から抜粋したまでで、 本人にはまだ自覚や実感はないんじゃないかなぁ。 どちらかというと、ルクリアの想いが溢れたがゆえ。 ただ、多くの言葉を紡がずとも、 たった一言で気持ちは伝わるということを、 気付きとして、これからの変化の糧になると信じたい。
いい話だ
あぁ…、これは良い映像作品だ。
涙腺が決壊した…
BDのSpecial版で再見。ヴァイオレットが自動手記人形として成長しはじめる記念すべき回。TV版にないカットがふんだんに追加されていた。映像美と相まって何度見てもやばい(語彙力不足)
ヴァイオレットが任務、課題から手紙と言い換えることができるようになっただけで成長を感じる。想いを伝えるシンプルな手紙を書けたのはいいが、これだけで卒業認定してしまうの・・・?
ルクリアの両親宛の手紙で心を汲めない事を憐れんで泣けてきて、ラストまで色んな意味で泣かされっ放しでぐちゃぐちゃだよ。
ヴァイオレットがはじめて「問題ありません。」を言わなかった回。自分は大丈夫なのかと不安になって、最後にほんの少し人の心をみることができた。 いい回だったな~
研修回 むつかしいなー よかったよかった
ローダンセ教官、歩んできた人生に自信と誇りを持ち毅然と立つ大人。この人の存在が大きく作品の雰囲気を変えてくれたように思いました。 それまでの手紙とも言えない手紙をヴァイオレットは今ひとつ理解できず自分は悪くないとどこかで思っていたのかもしれません。 しかし彼女の長所を十分認めた上でのローダンセのキッパリとした否定で、初めて心から手紙とは何なのかと考え始めたのではないでしょうか。 でもここでもローダンセは彼女に答えを与えることはせずあくまで自立を促します。おそらく自身も葛藤しながら多くの実務をこなし、その上で多くの生徒を導いてきた経験がありありと窺える見事な態度だと思いました。 ヴァイオレットはルクリアと正対し彼女の心を見ます。嗚咽する彼女を前にヴァイオレットに僅かなハイライトが当たります。戦場を生き抜いてきた彼女の勘が(これが心なのかもしれない)と絶好の機を悟らせてくれたのかもしれません。 ‪横たわる兄に手紙を渡すのに2度の言い直しを経て「…手紙です」と言ったときの態度はこれまでの彼女とは全く違います。‬ 必死に思い悩んで掴みかけたそれが確信の持てるものではない、それでも懸命に言い切る姿は儚げで不安そうで、別人のようでした。 暗闇の中2人を照らす小さな灯し火のように、兄へと伝わったルクリアの気持ちがそれぞれの希望となり温もりとなったように思いました。戦いで傷ついた2人の心をルクリアの優しい心がそっと掬い上げてくれたのですね。 ‪再びローダンセの前に立ったヴァイオレット。ブローチをつけてもらってもまだ戸惑っているようでここに至ってもあれが「手紙」だとは確信を持てていなかったのでしょう。‬ そして厳しいローダンセも本当は全員を卒業させたかった筈で、教え子の成長を前に見せる僅かな笑みが実に素敵でした。 ルクリアが涙をこぼすシーンで彼女に寄り添えなかったりするのは友人としては褒められたものではないのかもしれません。でも不器用な態度が兄妹の心を繋げたように、それこそがヴァイオレットの持ち味なのかもしれません。僕はその方が素敵だな、と思いました。 ルクリアが初めて時計塔に登ったとき、不意の風に攫われた帽子はもう戻りませんが、今の彼女はそれを守る智恵と力があります。お兄さんと2人手を離さずに生きて行ってほしいと心から思える美しいラストシーンでした。
とてもきれいなアニメーション。暗い室内に差し込む、窓からの光にキラキラ舞う埃がすばらしい。 この作品はリアリティやアニメ表現を求めて観る作品じゃないな、と思う。 ストーリーは寓話的で非常にわかりやすいし、主人公の成長のために必要な要素を擬人化させたような登場人物たち。 「赤髪の白雪姫」や「魔法使いの嫁」が好きな人はど真ん中かもしれない。 ドラマだと朝ドラ系かな。 主人公を「応援したくなる」というより、「憐れむ」作品だが、 手紙を書く行為から、他人の気持ちに寄り添って、考えて、言葉にする、心の余裕と丁寧さを思い出させてくれる。
3話からOPが始まった。EDと思うような、落ち着いた曲。 こういう曲は好みではないけど、世界観と非常にマッチしている。 今回はヴァイオレットが少しずづ人と触れ合って成長していくための第一歩。 でも、もうすでにうるっときている。 次も楽しみ。
自動手記人形養成学校での勉強、手紙が書けない。 卒業できなかったが、手紙を書き認められる。
ドールとしての第一歩を踏み出すまでを3話使って丁寧に描写。これからに期待が高まる。あれで合格でいいの?とは思うけれど笑
なんか、バッチがあっさりだったのは、ちょっとあれだけど 京アニらしく綺麗にまとめたなぁと。 晴れてドールとなって感情がどのように芽生えていくか 今後の展開に期待します。
ヴァイオレットの成長が、一歩一歩とても丁寧に描かれていた。今回のもう一人の主役、後悔の念に苛まれ自らを責め酒に溺れる兄と、それを見守る妹の話には涙ぐんでしまった。 30分という短い中で、主人公の成長物語に加え、端役のストーリー・背景までキッチリと作り込まれており、この作品のクオリティには脱帽するしかない。 ところで、この作品、ヴァイオレットを通じて、特定のアスペルガー症候群の人から見た世界をとても緻密に描かれているように感じられる。ヴァイオレットを見ていると『感情の輪郭(カタチ)』を正確に把握・理解し、自分のものへと咀嚼していく過程を追体験しているかのような感覚さえ覚える。 ヴァイオレットの言動に妙な破綻も感じられないことから、原作者からこの作品のスタッフに至るまで、ヴァイオレットという登場人物の内面に対して理解のある人達が集まっているのだなぁと、そんなことを思った。 繰り返しになるのだけれど、この作品は、映像はいわずもがな、登場人物の内面描写がとても良い。各回つくり手が伝えたいと思ったであろうことがクリアに伝わってくる。 タイトルの『自動手記人形』が『送り主のココロを伝えることを仕事とする人』であるとするなら、この作品を制作された原作者・スタッフもまた『自動手記人形』と言えるのではないだろうか。
(いい意味で)泣いちゃう😭 なにか、とても大切なものを教わっている気がする。
ルクリアの健気で純粋な良キャラと、泣きの演技と作画の良さが合わさってひさびさにぐっときた。1話内で収めるために話の内容はそこまで濃くないのに、仕草や表情、演出と演技でここまで持ってこれるのは頭があがらない。ほんと京アニってすごいなって感じた回。 ルクリアから兄に対する「生きていてくれて嬉しい。ありがとう」という気持ち、ヴァイオレットはもしかしたら少佐もヴァイオレットに対してそう思っているかもしれないと感じたんだろうなー。そしてそう言われると嬉しいようなそういう感情を自分が感じたからこそ、ルクリアの兄にも必ず伝わると思ったんだと思う。今まで手紙でミスリードしまくりだったのにいきなり手紙わたしにいったのもそういう理由かな。
シンプルだけど、人の思いを汲み取った、ヴァイオレットが初めて書いた「手紙」。短くても、気持ちがしっかりと伝わった。だからこそ、先生も認めてくれたのだろうなあ。彼女にとっては大きな一歩。 しかし、今回は良い友人に恵まれた。まだまだ感情を知らない彼女、人との出会いが彼女を変えていくだろうし、これからの彼女の人との関わりが楽しみ。
とても良い回でした。これでヴァイオレットも少し人間らしさを得られたのではないかと思います。 しかし、いつヴァイオレットに少佐のことが伝えられるのか、伝えられたヴァイオレットがどうなってしまうのか、ますます心配になってしまいます。
泣けたー。ルクリアのお兄ちゃんが泣いたとこと、ルクリアがヴァイオレットに涙浮かべて抱きついたとこ。
いい話だった。ルクリアちゃんいい子。 ヴァイオレット成長。あっさりバッチGET 周りの人が優しいな。
壮年の女性が壮年の女性なのがよいよね
おまけ合格。ちょっと飛ばし気味やったけどきれいにまとまってた。気持ちを言葉にするのは難しいね
心を取り戻す話。
ヴァイオレットがついに人間の感情を理解し始めた。ほんのちょっとの変化だけど大きな進歩だ