暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

2775
視聴者数
95.91%
満足度
1310
評価数
95.21%
満足度
300
記録数
94
評価数
43
コメント
ヴァイオレットが少佐の死を乗り越え人々の思いに触れて前に進んでいく。全体としては素晴らし作品だった。がゆえに、個人的には最終回としては少し物足りなさを感じてしまった。 大佐がヴァイオレットを母親に会わせる理由を作るためにも、大佐に見直される必要があった。そのために今回の一連の戦闘シーンを使ったんだろうけど、尺の関係か爆弾見つけ方とか手っ取り早すぎて興ざめ。 その割にホッジンズの娘フラグとか、エリカが誰を好きだとかなくても良い展開を持ってきて話がバラけた印象もある。 最後のドアの先にいた人へのヴァイオレットの反応は、色々解釈はあれど、少佐の存在も匂わせてる。もちろん生きている可能性は0じゃないってのは大事なんだろうけど、あからさまに匂わせ過ぎてる気がしてこれもマイナス。 少佐へ手紙も読むだけじゃなくて、どんな気持ちでヴァイオレットがあの手紙を書いたのか、どこでタイプする手がとまったり、何度も書き直したりとか。そういう描写するとか、工夫しても良かったんじゃないかなーと思った。 いや、色々文句いっているけれど、素晴らしい作品だった事に異論はありません。新作続編楽しみにしています。
人間の愛の美しさを真面目に描いたヒューマンドラマだった。深夜アニメには向かない地味なテーマだったけど京アニの圧倒的な作画の美しさはそんな欠点を感じさせない。ヴァイオレットという数奇な運命をたどる女性の成長をハラハラしながら最後まで楽しく見守ってきた。新作の制作はただただ楽しみ。
12話と13話では、ヴァイオレットの過去との決別というか、本当の独り立ちを見れたかなと。 ここまで、命令がなければ動けなかった彼女が、やっと命令がなくても一人で生きていけるようになって。 彼女が少しだけどわかることができた「愛してる」という言葉。 これから彼女は、またいくつもの愛してるを見つけて、届けていくのだろう。 本当に素敵な作品でした。
綺麗な幕引き。ぎっちり詰まったエピローグ。「わかります」ではなくて「少しは、わかります」ってところにグッと来た。新作とは二期?劇場版?出来ればたっぷりと時間をかけた後者を希望!京アニに対する苦手意識もだいぶ和らげた作品でもありました。
大変満足。 アニメでこんなに泣いたのは久しぶりだ。 新作!? 原作買ったまま読んでないけど読まないと。 石川由依さんの演技も素晴らしい。 ディアネイラ様も良かったがこれもいいな〜 しかしネトフリは画質も音質もちゃんとしているね、dアニメが駄目なだけかw
飛行機のシーンめっちゃよかった
義手ボロボロだけどヴァイオレット相変わらず頑丈。 義手すごく高そうだな… 少佐のお母様と対面。兄デレ。 ヴァイオレットから少佐への手紙。 飛行機で飛ばして色々昇華できた。
終わった。今自分は最高の余韻に浸っている。 本当にヴァイオレットちゃん、いままでよくがんばったね。 そう言ってあげたい。 愛してるもきっと理解した…いや、自分の気持ちを理解するほどに少佐の愛してるをより一層実感したんじゃないかな。 最後のはっとした顔をするのもにくい演出。 きっと幸せな出会いだったんでしょう。 最高でした。
重要拠点な鉄橋警備が無い。徹底的な破壊なら、橋脚を破壊するはずですが、上部だけだったみたい。 たまたま傘は置いていっただけで、机の横にありました。 右手だけ義手を出すことが多くなったのは、なんで?