木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

博多豚骨ラーメンズ

783
視聴者数
84.23%
満足度
333
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
はかたとんこつらーめんず
メディア
TV
リリース時期
2018年冬
放送開始日
2018-01-12
公式サイト
hakatatonkotsu-anime.com
公式Twitter
@hakata_tonkotsu
ハッシュタグ
#博多豚骨
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
4771
MyAnimeList
35889

PV

あらすじ

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。
殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etcーー、裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れるーー。

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

一色箱
キャラクター原案
ヤスカワショウゴ
シリーズ構成
井上英紀
キャラクターデザイン
岩浪美和
音響監督
サテライト
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
切り。 「『デュラララ!』みたいなのやりたかったんだろうな…」という思いは伝わるが、現代を舞台にしていることと、登場人物の突飛な設定がうまく噛み合っていない印象。 福岡が殺し屋の激戦区だとか殺し屋の派遣会社が平然と存在するところとか、新卒の斉藤が「はずみ」という軽い理由で裏稼業に入ったこととか、リンの女装趣味とかが現実世界という舞台に対して水と油になっていて、物語の楽しみを妨害するノイズに感じてしまった。 楽しむ前にツッコむことに忙しくて疲れるし、話としても「劣化デュラララ」でしかなく、追う価値はないと判断し切り。「原作は面白い」パターンなのかな…。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ここの博多物騒すぎる。 メインの2人にはあまり萌えられなかったけど、キノコと斎藤くんと擬似親子とか忍者チームとかのほうの関係性とかが好きだった。もっと見たかった。これ原作読めばもっと分かるんだろうか。 エンディング曲が結構好き。 方言キャラたちの方言可愛かった。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
凛ちゃんかわいい
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
かっこよい
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
地元だから見たけど正直微妙。 あと言っとくけど博多ってこんな物騒な街じゃないからね!? 70
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
同時期にタイトルがラーメンかぶりでしかも博多の街に盛大な風評被害をもたらしつつw 設定の悲惨さのわりに面白キャラが多くて楽しい雰囲気でした。ルパンというよりはシティーハンター系か。風景も実際の博多-福岡のロケでしょうね。OP/ED曲はかっこよいです。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます