SUNRISE/PROJECT L-GEASS

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道

494
視聴者数
-%
満足度
-
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
こーどぎあすはんぎゃくのるるーしゅはんどう
メディア
映画
リリース時期
2018年冬
公開日
2018-02-10
公式サイト
www.geass.jp
公式Twitter
@GEASSPROJECT
ハッシュタグ
#geassp
Wikipedia
ja.wikipedia.org
MyAnimeList
34439
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

大河内一楼
シリーズ構成
CLAMP
キャラクターデザイン原案
木村貴宏
キャラクターデザイン
安田朗
ナイトメアデザイン
中田栄治
ナイトメアデザイン
阿久津潤一
ナイトメアデザイン
寺岡賢司
メカニカルデザイン
寺岡賢司
コンセプトデザイン
木村貴宏
メインアニメーター
千羽由利子
メインアニメーター
中田栄治
メインアニメーター
中谷誠一
メインアニメーター
菱沼由典
美術監督
岩沢れい子
色彩設計
柴田亜紀子
色彩設計
千葉洋之
撮影監督
大矢創太
撮影監督
井澤基
音響監督
浦上靖之
音響監督

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ノーマルとR2の間が新しく作れてたけど、まさかのR2前半がハイライトになってるとは! それでも新しい映像多めですごくいい! 篠崎流の新しい走りのシーン見れたのもめっちゃいい!
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
興道がルルーシュの物語としたら、叛道はスザクの物語といっても良いくらい枢木スザクの内面に深く踏み込む物語に仕上がっていた。TV版1期の後半の山場「血染めのユフィ」からTV版2期の前半ブラックリベリオンまでを描く総集編の第2弾という触れ込みだが編集方法が非常に巧みで新鮮に観ることができた。TV版ではあまり描かれなかった枢木スザクの視点が追加再構築されており、TV版より彼の苦悩や迷いが随所に描写されていてスザクファンの私としては終始画面に釘付けになって観ていられた。 この総集編はルルーシュはナナリーのためでもあるが、スザクにも執着してることがよくわかる構成にもなっている。スザクは己を貫くためゼロと一緒に心中して死ぬことまで覚悟して寸前までいくが「生きろ」というギアスの呪縛をかけられてしまう。その呪縛が今後良くも悪くも物語を盛り上げる最高のスパイスになってるのが面白い。 場面は変わって、式典の日ルルーシュやスザクの感情がむき出しになる一番の山場を迎える。ルルーシュはユフィのことを信じきれないが、ユフィの皇位継承権を放棄したというセリフでついにルルはユフィを信じる気になる。BGMが穏やかになりルルーシュは負けを認めユフィを受け入れる直前まで物語は進む。しかしその後の訪れた悲劇は何度見ても秀逸で罪深い場面だ。ユフィの肝心な場面にスザクはいつも居ない。いやスザクの不在っぷりに関してはコードギアスの世界がそうあるべきというもはや呪いのようなもので徹底的されているような感じがする。 物語はR2の部分に差し掛かり、スザクはそれでも元凶であるルルーシュを憎くみきれず、記憶を消去して徹底的に監視するという手段でルルーシュを守ろうとする。 自身の出世のためにルルーシュを売ったという部分も事実だが、彼なりに憎むべき世界を赦して守ろうとする姿勢が見て取れるのが良い。 後半は再びルル視点となり皇帝シャルルと対峙しギアスという力に新しい事実が次々に明らかになる。その中で段々とルルーシュは追い詰められ、ついにはナナリーを守る手段がこのままではないという事実に辿り着いてしまう。 そしてルルーシュはスザクに直接電話をかけて、自分がゼロであることを認め情に訴えるという手段に出る。 弱弱しい声で、プライドを捨てて、スザクに「ナナリーを護ってください…」 あのルルーシュがスザクに心の底から懇願するシーンには言葉が出ないくらい辛い感情を共有することになる。 その後ルルとスザク、そしてナナリーの幼少の頃のシーンが差し込まれてEDとなる。 コードギアスという作品の持つ複雑な起伏が2時間弱という時間で駆け抜けて総集編と呼ぶにはあまりに勿体ない傑作に仕上がっていた。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
1と2の合間が観られたのはよかったな。しかし2をほとんど省いててスゴイ。前半いらんかったんやなあ。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
やっぱりこのアニメが一番リヴァイアスに近いんじゃないかな?と見ていて思った。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ユーフェミアのラストは何度見てもエグいなあ…。先の展開がわかっている分逆にドキドキしてしまう。 後半は結構駆け足で、中華連邦の件がだいぶ端折られてた。正直あんまり覚えていなかったから脳内補完も難しい…w 敵だったキャラがいつの間にか寝返ってたりしていて、初見の人はちんぷんかんぷんだったかも。 巨大ピザが食べられなくなったのを残念がるC2が懐かしかったw
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
☆☆☆(3)  一方その頃オレンジは……という感じで差し込まれるのに笑った。二期に入ってからスピード感。「たぶん……初恋だった」の言い方はテレビ版のほうが好き。シャーリーのカット具合。そりゃ6時間にまとめたら、ルルーシュ・ランペルージの日常の象徴だったシャーリーの出番はなくなるよなあ……。このままだと悲劇も回避できそう。藤原さくらの歌が結構好き。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ばっさり2期前半カットしてるのにいい感じにまとまってて楽しかった
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
主人公がスザク!! かなり駆け足感あったのか自分がR2をそこまで覚えていなかったのかこんな展開だったのか?とか思う感じだった。 でも、これは三部作目の方に力入れてるしもしかしてエンド色々とかわるのでは?とか思えるので楽しみ あとマオが完璧カットだったのはちょっと残念 そして天使様が上手くなってて時の流れを感じた。w
商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます