2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
あねもねこうきょうしへんえうれかせぶんはいえぼりゅーしょん
メディア
映画
リリース時期
2018年秋
公開日
2018-11-10
公式サイト
eurekaseven.jp
公式Twitter
@EUREKA_HI_EVO
ハッシュタグ
#eureka_HE
Wikipedia
ja.wikipedia.org
MyAnimeList
35135

PV

あらすじ

まだ幼かったあの日。
父はアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。

アネモネの小さな胸に深く残る後悔。彼女の心を支えたのは、
ぬいぐるみのガリバーとAIコンシェルジュ・ドミニキッズ。

7年が経過し、アネモネは父が散った戦場――東京にいた。

アネモネは実験部隊アシッドが実行する作戦の要として、
人類の敵「7番目のエウレカ=エウレカセブン」と戦わなくてはならないのだ。

エウレカセブンにより追い詰められた人類は、もはやアネモネに希望を託すしかなかった。

そしてアネモネは、エウレカセブンの内部へとダイブする――。

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

No Characters

スタッフ

No Staffs

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ハイエボ2。別の世界のアネモネ、エウレカセブン。 でも完全別って割り切らないんだよね。4:3画面 のわりにエウレカがかわいくない。アネモネからしたら敵だけど 1の時は傷んだ場面しかなくて2では悪魔扱いとは酷い。 まあ救世主アネモネが悪魔エウレカを救う話だった。 この映画の登場人物に救いはあるけど、交響詩篇エウレカセブンとすると救われないな… 親子の話はべただけどグッとくる。 ドミニクはコンシェルジュあってる。大人向けドミニク。 ただニルヴァーシュは棒立ちだしノリノリ戦闘って感じじゃなくてテンション上がる要素が少ない。 最後に世界がつながってみんな出てきた。3はノリノリでエウレカがかわいいといい。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
どこかのアネモネの話 設定がやや難しいけど、なんとなく意味が解れば楽しめて、良き父親とエウレカのレントン愛に震える。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
梅田ブルク7で公開4週目のエウレカハイエボ 2。週末も手伝ってかそこそこの入り具合、目視で6割くらいは埋まっていたか。 前作はちょっとがっかり、でも新規作画が見れただけマシ!との思いを抱いて迎えた2作目。 アネモネ、エウレカのキャラ変に対して中盤くらいまで受け入れられず辛い時間が過ぎる。まぁアネモネはいい、TVシリーズに比べれば救いもある。でもそれなら、TVシリーズの流用じゃなく新規作画でもっと丁寧に描くべきだったんじゃなかろうか。エウレカに至っては全てを否定しにかかるような展開に製作陣は何がしたいのか?という疑問すら湧く。まぁでも、ポケ虹やAOの事を思えばそれがエウレカセブンなのかも、だけど。 あと劇場版にしては少し作画が甘いかなと感じた。遠景でキャラの表情が読み辛いシーンだからって、輪郭線に点3つって、そりゃないよと。 河森メカもエウレカの醍醐味だと思うのだけれど、今回は河森メカどころか肝心のLFOもリフもどこかに置いてきぼりな感じで、TVシリーズの事を引きずったままではなかなか消化しきれないだろう。 とまぁネガティブな事ばかり書き連ねたけど、アネモネの可愛さとかドミニクの格好良さとか最後のエウレカとか、やくしまるえつこの挿入歌とか、楽しめる要素はそれなりにある。エウレカセブンが好きな人にでも勧められるとは言い難いけど、自分は次作も楽しみにしている。
商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます