篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会

スロウスタート

1204
視聴者数
90.83%
満足度
607
評価数
94.9%
満足度
211
記録数
49
評価数
28
コメント
Shimba, Kojiサポーター
軽井沢じゃなくて爽井沢なのか。万年さんと大家さんの制服コス良かった。留年の話はめっちゃ溜めて結局言わず仕舞いだったけど、溜めに溜めても3人の反応は軽そうだしどうでも良くなってきた…w 良い最終回だった。
万年さんのスロウなスタートだった
夏休みの登校日。 自分で洋服を買いに行く花名。 話のペースが良かった。
最終回にもえいこちゃんと先生の絡みがあってよかった。 うまくまとめられていてよかったですね。
花名の服探し。栄依子と先生パート濃厚だ。二人してコスプレしてる。花名幸せな夢。すごい自然に終わった。
最後まで花名は浪人したことを打ち明けられず、変な夢まで見てしまう始末。万年さんもようやく夏期講習の申込みにまでこぎ着けた。スロウスタートでスロウペースな作品だった。 一度口に入れた飴を「預ける」と言って、栄依子の口に押し込む先生エロい。キス狙いで余分に持ってる飴を隠す栄依子もエロい。 水着姿の女性や高校の制服のコスプレ女性がうろつく浪人ハイツ。 栄依子が爆釣を「バクツリ」と読んだのは、「バクチョウ」では意味が通じづらいから?
まぐろTシャツほしいw まぐろの兜煮とか家でできるもんなのか…… 結局カミングアウトはまだせずだったけど、それぞれキャラの課題もありつつ全体を通してゆるふわでよかった。
最後、花名が浪人であることを打ち明けて、それが受け入れられてハッピーエンドかと思ったらそうでもなかった。2期以降のストーリーも考慮されているのかな?
スロウスタートってそういう意味だったのかなってようやく知った
花名の秘密は明かせず仕舞いか。  明かしてもっと仲良くなるのを期待したけど
最後までほっこりしたわぁ。 ゆっくりから始まる細やかな幸せ良いよね。 またいつか、花名たちのほっこり日常と、秘密の行方と、栄依子の恋の行方の続きが観たいな。
地味な点だがエンディングのダイジェストが綺麗にまとまってると思う
結局告げないで終わりましたか 読んでないのでわからんけど原作通りなんでしょうね? 仲良しグループのテンプレみたいなアニメだけど、終始癒やされ続けてホント良かったです。 ぜひ2期をお願いしたいものです。
夢に見るほど気になくてもいいじゃない。ほのぼの。
堅実、丁寧、安定、安全、安心。 只々原作に則して可愛いを全面に押し出してた。 締めもそのまますんなりだったので2期があるならそのまま繋げるのは苦ではなさそう。
えーこはたち・・・おとなとは?
キャラはとても可愛かったな,たまちゃんは特に
えーこだけはガチ
今季最後の視聴はスロスタだと決めていたよ edよかったぁ、リリイベでの初公開を思い出してしみじみしてしまった。ゆっくりでいいから前に進もうと思った
飴預けてどうするつもりだったんだ!! 毎回毎回先生は!!も~ ゆっくり。一歩。 とてもいいお話でした。スロウ。
先生の首飾りが無かったことには、スルー。 夢にまでみる浪人を背負っていく花名。 フリル袖って、大人っぽいの?
十倉栄依子ォ〜……
第一話では制服を着た自分が「高校生っぽく見えるのか」と気にしていた花名。 制服って便利なものでそれを着ているだけで学生だと認識して貰えるし学校に居れば周囲も同じ服装をしている。浪人している事実が有ったとしても制服を着ていれば見た目的には周囲との違いが見えてくることはない。夢の中でたまて達も自分と同じく浪人していると知り安心してしまったように、制服により周囲に溶け込めている学校は花名にとって安心できる環境になった だから、今の花名にとって自分らしさとは、自分らしい服装とは何か?と考える機会が少なくなっていたのかもしれないね 自分の目線で服を選ぼうと思った時に母が選ぶ服は子供っぽいと感じた花名。母親が選ぶ服は1年以上前の一緒に暮らしていた頃の花名のイメージに照らし合わせて選んでいるのだから当たり前。そしてそんな服を子供っぽいと感じたなら、自分はもう少し成長していると捉えている証でも有る 花名が選んだ服は栄依子から花名らしいと言われ、志温からは私服だったのに高校生っぽくなったと言われた 結局花名が皆に自分の秘密を打ち明けないままで終わってしまったのは消化不良気味では有るんだけど、花名の成長を感じさせる最終回でも有ったのでひとまずは満足かな。出来ればいつか続編か何かで花名が秘密を打ち明けるシーンを見たくは有るけれど
のんびり日常枠 みんなかわいい子でかわいいがかわいいでかわいいアニメでした あとすっごいヌルヌル動く 最後までヌルヌル ヌルヌルですっげえかわいい動作するの、すっげえかわいい つまりかわいい ちょっと真面目なこというと、下な感じのネタとかエロな感じのネタが多かった感 あまりそっちは求めてもなかったけど、それはそれでよし まとめるとタマちゃんかわいい
決めきれない少女がゆっくりながら成長していくお話のように感じた。 スロウスタートってぽわぽわ系のきらら枠だと思ってけど、全話通して見たらちゃんとハートフルって各キャラとも、なんというか成長をしっかりしててヒューマンドラマ見てる感覚だった(まあ、それでもきらら感は前回だったけど) 特に今回個人的にEDがすごく好みで切ない感じがあって、フェードアウトしていくように感じれて温かい気持ちをそのままに毎話見ることができた。 花名ちゃん自身も、浪人していることをすごく気にしてて他人に流されやすくて意思決定ができない引っ込み事案な女の子だったけど、たまちゃんや栄依子、冠を通して少しずつ意思をつたられるようになったし、その中で今の自分を肯定できてるように感じた。 この絶妙にゆるーい感じはずっと見れるから今後も休みの日はぼーっとこの作品を垂れ流してる気がする 笑
夢の中とはいえ、万年さんのスウェットへの熱意がここまでとは。やたらかっこよかったです。 ここまでで一番の成長を見せているのは万年さんでしょうね。花名のケースよりもイメージしやすいということもあってか、浪人についてまわる恐怖もリアルに描かれていると思います。 とても魅力的なキャラクターでした。
浪人のことは原作でもまだ言ってないのかな。だったら仕方ない。 何が良かったって万年さんが一歩踏み出したのに感動した。 栄依子ちゃんが二十歳なのなんか納得してしまうw それぞれのキャラの喋り方やテンションが結構好きだった。 花名メインの時はなんか穏やかな感じでさらに。 それにしてもよく動くアニメだったなぁ。 ED曲も良かった。