ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

ワンパンマン (第2期)

1526
視聴者数
91.96%
満足度
689
評価数
95.0%
満足度
241
記録数
50
評価数
19
コメント
ガロウの踏ん張り、ヒーローを倒し子どもに恐れられるガロウ。 ジェノスがガロウを追い詰め、シルバーファングがガロウの前に立つ。
ガロウが戦局をひっくり返したな。 あれだけ傷を負いながら戦ってる姿はすごい。 デスガトリングがS級に対する負い目を感じてるのは よくわかったけど、ガロウが言うように 順位にこだわりすぎてる感は確かにあった。 最後の一騎打ちで子どもがいることを伝えたけど さすがに信じてもらえなかったか・・・ ガロウがしっかり庇ってたから 子どもは助かったけど 逃げられちゃうのもまあ少しかわいそうではあるな。 メガネはサイタマに助けられてた過去もあったのか。 ガロウには敵わなかったけど ジェノスを呼ぶ救援要請を出してたし、 やられた後もしっかり戦ってた。 ジェノスの到着。 すでに満身創痍のガロウも頑張って戦ってた。 最後にはとうとうバングも登場。 とうとう直接対決が見れそうだ。
相変わらずかっけのーのなんの!
ガロウの強さは純粋さから来てるんだろうなぁ。だからランキングとかいろいろを気にするヒーロー側が悪役に見える。 必死に守った子供から怪人として恐れられるのは物悲しさがある。
S級を倒したヒーロー狩りを倒して上を目指す理論か。ガロウ強いなぁ。怪人てだけで嫌われちゃうガロウ切ない。ここでジェノスとはかわいそうだ。やっとバングが追いついたのか。ガロウ良く体力が持つな
牙狼がほんとに強くかっこいい。ヒーロー狩りはよくないけど彼の強さは信念を突き通すための努力なにがいいよね。 囲って倒そうとしたA級ヒーローたちが、特にあの主格みたいな人が牙狼に「曇ってんな」って言われてたのほんとにそうだと思う。ストーリー上牙狼を際立たせる魅せ方だからだとしても、でもそうでなくても彼らの正義はほんとうに正義なのか?っていうところがね…牙狼は最後まで子供を気遣ってたし。かっこいい。 ほいでそこで来るのがジェノスか〜〜まじか〜〜!!ってなった。こうなるとジェノスは正しいけど、牙狼を応援したい気持ちをもう持ってしまっているので。正義とは難しいものだよねいつも。
A級が束になっても勝てないガロウ。でもガロウの回想も含めてA級ヒーローの方が悪者に見える不思議。そんな中、ジェノスやヴァングに襲われるガロウ。どういう形に収まるのか…
ガロウの話はもういいから話を進めてほしい。 2期になってから展開が遅すぎる。
そういえば、ガロウって子どもの頃から白髪だったんだな。 戦闘シーン良かった。
ガロウつええって思ったらジェノス湧いてきて草 あの状態で相手できるのはすごいな
だんだんと悪のヒーローに感情が。。 助けたのに逃げられるんだぁねぇ。
最強の敵ってやつが現れてヒーローをバッタバッタと倒した末に最後になってサイタマにワンパンされるというのが今までの流れ。ぜひこれを覆して欲しい。 それはともあれ今回の戦闘シーンはとても良かった。 このアニメの”繋がり”が好きです。
ワンパンマン(第2期) 第23話。度重なる戦闘ですでに満身創痍状態なのにさらに格上の強敵が現れて絶望的な状況なのに、それでもなお己の信念を曲げず足掻き続けるガロウの方が主人公っぽい気が。サイタマ先生は最強過ぎるからね。しかたないね。そのサイタマ先生の存在をガロウが知ったのは今回が初めてかな。実は二回ほど遭遇しているけど。
それぞれの正義…。
頑張れガロウ…😭
デスガトリングvsガロウでは、ガロウを応援したくなった。ガロウがヒーローと怪人を相対化して見ているのに対し、デスガトリングは絶対視している分、善悪の判断を固定化している。さらに、S級への嫉妬心が強くて階級意識が怪人を倒す動機に結び付いていては、ヒーローとしての本質的な資質があるとは言えない。 タレオはガロウに助けられたのに、憧れのA級ヒーロー達が倒されたことがショックで逃げ出してしまった。このガキも結局はヒーローを絶対視する思考フレームを外せないっていう、人間の愚かさの描き方が絶妙だと思った。 サイタマ氏、相変わらずキングにゲームでボコられてて草。キングはキングで、世間を震撼させている怪人協会の脅威に対して他人事と考えて向き合っていない。無力だから向き合い様がないのだけど、彼は自らの心と身の処し方にまず向き合う必要がありそう。 ジェノスの悪い癖は、常に上から敵を見下して油断をするところ。そこを自覚しつつも復活する度に同じ轍を踏む感じがするのは、サイボーグへの皮肉が効いているようにも取れる。そのことがチラッとサイタマの脳裏をよぎって、やっぱり出掛けることにするというプロットの運び方は上手い。 怪人協会とガロウ、シルバーファング、ジェノス……いろいろ絡み合って展開が紡がれていく感じがいい。
爺さん2人のことすっかり忘れてたw
囲まれた状況から自分の力だけで逆転するなんて完全に予想外だった。正直ガロウの強さを侮っていたよ ただ、その圧倒的な強さが守ろうとした子供から恐怖されてしまうのは悲しいところ。ガロウがヒーローであれば感謝されたかも知れないが、怪人の道を選んだなら仕方のない事態
ガロウあの状態でジェノスとやりあえるのは強い。 戦闘シーンやっぱ物足りないなぁ。