2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

ソードアート・オンライン アリシゼーション

2390
視聴者数
92.08%
満足度
1653
評価数

自分の記録

記録はありません

みんなの感想

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
外壁登るところで「ええ…」ってなっちゃった以外はほぼ楽しく視聴できた。あそこもうちょっとそれ無茶でしょってならない演出できたんじゃないかなぁ。他にも冗長になりがちな演出はもう少し考えてくれたらもっと良くなりそう。 設定が面白い分粗い部分がついつい目についちゃうのも人気作の難しいところだね。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ユージオとキリト最高すぎる 作画が気を抜くとすぐ崩壊するの辞めてほしい あとは全部好き、映像自体はよい
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
いままでのシリーズが面白かったので期待しすぎたせいか、今回のストーリーはいまいちでした。戦闘シーンよりも会話のシーンの方が多い上に、難しい表現も多くてなにがなんだかさっぱりで、途中で眠くなりました。唯一よかったのは、映像が相変わらず綺麗です。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
最高司祭(アドミニストレータ)とか禁忌目録とか、この世界が作り物であることが随所に漏れ出ていてよい演出だと思いました。久々のアスナさんと思いきや外の世界の出番があまりなくて今後に期待。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
SAOシリーズはそれほど好きなわけではないが、アリシゼーション編は原作が結構良かったので楽しみにしていた。 映像も綺麗でよかった。 後半が楽しみ。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
アンダーワールドの設定がとても好き。過去シリーズと比べて作画があまり良くなかったのが残念。悪くは無いが期待したほどではなかった。 ストーリーは後半少しダレたが続きが気になる終わり方だったので楽しみ。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
脳をコピーしてコンピューター上で完全に再現するというSF要素が一番面白かった。 最後に現実世界で展開があり、いいところで終わったので、続編が気になる。 しかし仮想世界で戦ってばかりでSF要素があまりなく、2クール見続けて長すぎると思った。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
映像ほんと綺麗 エンターテイメントとして最高 つっこみポイントが多い部分も良い。 見てて楽しい
決着付いたかと思ったら、新たな問題がでて終わって、あー、 って思ったら、分割4クールなのか。 そういえば、今回はアスナの出番が全然なかったな、キリト オンリーで。
話が終わってないので評価は保留。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
キリトとユージオ、2人のアリスを巡る旅も遂に終わりを迎えた前半戦の人界編。 1クール目に現実世界側の話を少し挟んでいたが、原作的には合間合間にあってしっかりと同時進行していたのだから2クール目で全く挟まないなら、アンダーワールドと現実世界が絡まっていく後半戦3クール目序盤でまとめて消化した方がテンポよく進行したのではないだろうか?アンダーワールドに関しての説明過程として欲しかったのかもしれないが、時間軸が違うので謎のままにしていても良かった気がしてならないが、作品的に全体の完成度はハイクオリティに仕上がっていてA-1の本気を感じる出来になっていたと思う。 後半戦である暗黒界編は公開されたメインビジュアルの通りアリスが主人公となる視点で展開されていくので、支持層から不満点が湧いてくる部分も多くなっていくであろう部分が心配である。 分割4クール報告の時点で後半戦は1年後だと予想していたのだが、半年後の10月放送開始は嬉しい誤算であったと同時に待ち遠しい半年間となるであろう。今から物凄く楽しみである。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ちょいちょい突っ込みどころがあったとはいえ流石に金かかってんなぁといったのが第一印象 作品の内容的には前作に比べればかなり完成度が高かったように感じられる