MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会

メルヘン・メドヘン

432
視聴者数
68.6%
満足度
302
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
めるへんめどへん
メディア
TV
リリース時期
2018年冬
放送開始日
2018-01-11
公式サイト
maerchen-anime.com
公式Twitter
@maerchen_anime
ハッシュタグ
#メルヘンメドヘン
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
4772
MyAnimeList
35997

PV

あらすじ

原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちは一流の「原書使い」になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。

彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。

ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。

あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・

『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!!

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

松智洋
原案
松智洋
シリーズ構成
StoryWorks
原案協力
カントク
キャラクター原案
斎藤久
総監督
上田繁
監督
森川侑紀
キャラクターデザイン
松智洋
脚本
斉藤麻記
色彩設計
下元智子
美術監督
村上優作
撮影監督
rionos
音楽
ランティス
音楽制作
森下広人
音響監督
叶音
音響製作
フッズエンタテインメント
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
これが平成最後のアニメですか(映像修正版並感) 意外と百合要素があって豚的には良かった。もっと欲しいと言ったら欲張りなのだろう。男を無駄に登場させなかったのは好感。 昔話をネタにしているのは面白い発想だったと思う。原作否定して物語を作る流れは、実在する物語でやっていなければそこまで疑問を覚えなかったはず。 何か惜しい気がするが、何が惜しいかわからない。
1年待っての最終回(11話と12話)。 ついでに(?)映像修正版で改めて通して見直した。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
改めて映像修正版のメルヘン・メドヘン観た。 確かに作画は素晴らしく良くなった。特にほぼ全カット作り直したと言う9話は見事だったけど… そもそもこの作品って、それ以前の問題でツッコミどころが多い事に今更気がついた^^; まずは、あっちとこっちの世界の線引や、キャラの出自関連の曖昧さが、最後まで拭えなかったのが最大のツッコミどころ。 あと、細かな点では… 序盤で思わせぶりに登場した審判員が、特に悪さもせずに審判員で終わったり、権威に溺れた無能な老害集団の十三人委員会がマジで無能クズだったり、7年前から同じ姿のイギリス校のメンツの年齢の謎だったり、どこぞの宗教みたいだったり^^; 他にも細かなツッコミどころが満載。作画のクオリティが改善されたことで、設定やシナリオの粗が逆に悪目立ちしてしまった感は否めないね。 松さんの遺稿を元に、紆余曲折の末に完成された作品だけど、余裕があれば2クールで丁寧に描けばもっと良かったのかもしれないね。
あいだが1年あいての最終回。さすがに作画は持ち直してる。1年ぶりでもわりと話は憶えていたが、話自体はオーソドックスな最終決戦だった。やってることはガルパンとさして変わらないのに世間の扱いは違うのね。 この前に物語をまもるグリムノーツがあって、物語に縛られないメルヘン・メドヘンがあるので対比した形になるけど、いまいちそこまで深い話にはならなかった。設定は面白いので2クールくらいじっくりやったらもっと面白くなったのかも。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます