円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

SSSS.GRIDMAN

2176
視聴者数
96.66%
満足度
1179
評価数
97.31%
満足度
375
記録数
93
評価数
50
コメント
不遇だったアンチ君がとうとうサブヒーローとしてグリッドナイトに。ライバル(?)キャラがヒーローのピンチに共闘関係になるというのはありがちだけどこういうヒーロー物ではやはり胸熱展開ですね。 一方今回の怪獣は不格好で投げやりに作られた外側の中に、錯乱しているように凶暴に暴れまわるより危険なものが潜んでいる、というのがアカネの現在の心理をまさに表してる感じ。
ttm_benサポーター
ホントにま隣じゃねぇか!!!!(お互いにね) これまで捨ててきたものに見向きもしてこなかったアカネ。 上手くいかない事ばかり、好きな人たちに否定され、これまでの行いが間違っていたのではないかという不安や、絶望に押しつぶされそうになる。 怪獣は辛い現実をぶっ壊してくれるが、温かい日常は作ってくれないか。 中の人のスタイリッシュアクションがキモイ強い怖い。動きにイラっとしてムキになるとますます攻撃が当たらなくなるやつ。 新条アカネの心そのものだ!!←わしはアカネのことを全く分かっていなかったようだ。心の瞳ので観ないといけなかったんだね。 アンチ君のアンチ過ぎて逆に仲間になる超理論とヒーローものの熱いノリでキャッキャッして興奮してたから、 アカネの側では1話からずっと00年代のキレる17歳スクールドラマが進行していたってこと忘れてた。 アカネちゃんは部屋からでて自分の手でサクッといったことで、身体性、人間性を取り戻せるのだろうか。 はっすの「なんかあいつら楽しそうだなー」がすき
大元を物理で潰せば万事解決ってそれタブーだから! それにしても「アンチが味方になる」って文字だけ見たら良く考えてるなぁって思う。嫌ってるほど好きになってしまうんだね
世界が終わって欲しかった。 超弱い怪獣も中の人怪獣も、動きというか鳴き声というか、何かヒトっぽくて気色悪い。 アンチ君は「お前を倒すために、俺はお前と共に戦う」と言ってることは滅茶苦茶だけど、何だか迷いは晴れたみたい。 裸足で街をペタペタさ迷う精神ボロボロアカネは良いけど、変身前のヒーローを刺殺するのはちょっと引くわ。 内海は世界5分前仮説みたいなのに取り憑かれてノイローゼになったかと思ったけど、やっぱり目の前の現実は大切でしっかり試験勉強に励んで現金。頭の中をイジられたということはないのかな。
5分前仮説
孤立して消えたアカネ、世界に疑問を持ちながらの生活。 アンチが怪獣でなくなり、中の怪獣が暴れアンチがグリッドナイトになり怪獣を撃破。
なんかアカネは神と思わされているんじゃないかって気もしてきたけどそうでもないか。 怪獣の中の人強いw 動きがぬるぬるして面白かった。 アンチ仲間になるんかーい。 アレクシスがいよいよ何企んでるのかわかんなくなってきた。
がち隣すぎて笑った。 キャリバーさんアンチくん教育中。 アンチくん怪獣からナイトに。 怪獣凄い適当だwと思ったら中の人?強い。 切れ味鋭く動きも速い。 グリッドマンの正体を見たアカネ。刺した!
アカネちゃんの心の怪獣強すぎて草。アンチも目的を見つけたからか、急に強くなりすぎでしょw そしてついにリアル血みどろの戦いに・・・最後のカット無かったら裕太がアカネちゃんのおっぱいアタックに屈しただけに見えなくもないな。
怪獣の中の人強い…笑 アカネがグリッドマンの秘密を知ってしまい、裕太が刺されてしまって、次回どうなるのかヾ(@゜▽゜@)ノ
グリッドナイト回。 偽物が本物になりましたか……これがイレギュラー的な存在になれば良いのですが。 アカネは、もうこの世界の事なんてどうでも良いと思っているのでしょうか。 なので、色々壊すことにしたとかですかね? しかし、偶然グリッドマンの正体を知って、衝動的に刺しちゃったって感じですかね。変身前を狙うとは…… 残り2話ですが、アカネは救われるのでしょうか?
家ちっか!? 中の人(?)出てきちゃった。強敵だったが、なるほど。アンチくんなら、というわけか。よくできてるなぁ。
やべぇ、ついていけないほどの超展開! いいね、いいねぇ。アカネの精神世界なんだから、整合性とかなくていいんだよ、むしろこれくらいぶっ飛んでる方がティーンエイジャーの内面らしいし、怪獣の動きがまさにそれを表現してる。お見事。
フォルムチェンジのタイミングといいヘルズローリングみたいな技といい、グリッドナイトかっこいい… それにしても2Pカラーのサタンビゾーみたいな敵だったな。
敵基地お隣さんかよ。適当な怪獣が出てきた。怪獣は生き物じゃない。きもい中身が出てきた。中の怪獣つっよ。アンチ君やっぱり仲間入り。アンチグリッドマンかっけえ。終盤に入ってきましたねえ
すげえよかった!話が動き出してきたぞ。展開が読めないから見ていて楽しい。 アカネちゃんの「怪獣」に対する考え方が好き。「やっぱり怪獣って負けるために生まれてきたのかなあ」というセリフもグサッと刺さった。 あとがなくなってきて焦り始めたアカネちゃん。これ次回どうなるんだろうな…。アレクシスの動きもきになる
SSSS.GRIDMAN 第10話。中の人がマヌケっぽい外見とは裏腹に意外な強敵でびっくり。アンチくんの「おまえを倒すのは俺だ」展開はベタだけど燃えるね。やはりこういうのは見せ方次第だな。
アンチがグリッドナイトになる展開には驚かされたけど、ラストに響が刺される展開には更に驚かされた こんな事が起こったら次回はどうなってしまうというのさ…… アカネがこの世界の神様であり、自分たちはアカネによって作られた存在であると明かされる。それにより、記憶まで作られたものだったなら、アカネが居なくなれば自分たちは消えてしまうのでは、と不安になってしまう内海。 けれど、その状態は長く続かなくて。彼を中心として今回は自分たちの有り様や根源を問い直すような話だったように思える グリッドマンの由来や響の記憶喪失について考え直す面々。けれど、その悩みによって響やグリッドマンの「やるべきこと」がアカネを止めることから変わりはしない 内海はあれだけ怯えていたのにけろっと試験勉強を始める。何故なら学生にとって学ぶことこそ「やるべきこと」だから グリッドマンを倒すために生み出されたアンチ。そんな彼はグリッドマンを倒した後を考えたことがなかった。産みの親であるアカネから怪獣として失敗作と言われた彼は本格的に怪獣ですらなくなってしまう。悩んだ果てに彼はグリッドマンを倒すために、グリッドマンを害する怪獣を倒すグリッドマンになることがアンチの「やるべきこと」となる。なんてややこしい そしてグリッドマンに勝てないアカネは遂に限界を迎えてしまう。何故上手くいかないかも判らないし何故怪獣を作るかも判らなくなってしまった 更には雑に作った怪獣から別の怪獣が出現しアカネの世界を壊してしまう。怪獣とはアカネの悪意によって作られた存在と今回話されていたが、悪意の中から生まれ落ちたのはこれまで登場した、中に人間が入っているかのような動きの怪獣ではなく、異物と呼ぶに相応しいほど異様な動きをする怪獣 自分が判らなくなり、自分の世界を壊してしまったアカネの精神は既に崩壊寸前。その状況から抜けるにはグリッドマンを倒すしか無いが、そんな方法は見つからないまま響の変身シーンを見てしまう アカネの「私もグリッドマンと話してみたかったな」という台詞は、グリッドマンと話すことで自分の「やるべきこと」を見つけ直したい、それだけでなく正義の味方であるグリッドマンに自分を救って欲しかったという意味でもあるように思えた
あああアンチくん!? 改心フラグ立ちそうな気配はあったけれど、こう来るとは! アカネちゃん、たまたまジャンクショップから漏れる光と声を見掛けて乗り込んで刺す、ってすごい 次回裕太瀕死→記憶を取り戻す流れとかかな…
アカネちんの闇深し、中の人強いな って、アンチ君実質的な仲間入り? ラストで刺された(と、見えたが?)が、どうなるんだこれ?
出ちゃった…(中の人が あかねさす少女ってそういう…(なんかちがう
怪獣の中の怪獣もアカネが生み出した怪獣だったのか。てっきりアレクシスが手を回したのかと思った。 アンチのグリッドナイトは驚いた。グリッドマンをコピーする能力もあったし妥当っちゃ妥当か。 終始不穏な空気の演出は惹かれたし、やっぱ最後のアカネの実力行使で全部持って行かれたわ。。
怪獣の造形は、思い通りにならないアカネの心情?
あのニョロンとしたやつはなんというか、怖いやつだ。
アンチの生き様かっこよき
Touyuサポーター
アカネ刺す少女やん
キモイ怪獣めちゃめちゃキモイのになぜかめちゃめちゃかっこよかったな……なんなんだよ……
なんかいろいろすごいものを観てるぞ、これは。
Shimba, Kojiサポーター
アンチ、敵を巻き込んで死ぬかと思ったら進化して熱い。ベジータ系騎士だ。戦闘シーンがとても格好良かった。 挿入歌の心の瞳が懐かしい…。
アンチ君、グリッドマンのコピーなのに 圧倒的強さなのはなんなんだ! 来週どうなる?