Kazuto Nakazawa / Production I.G

B: The Beginning

264
視聴者数
96.63%
満足度
56
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
びーざびぎにんぐ
メディア
Web
リリース時期
2018年冬
公開日
2018-03-02
公式サイト
www.b-animation.jp
公式Twitter
@b_the_beginning
ハッシュタグ
#BTheBeginning
MyAnimeList
32827

PV

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

黒木類
プロデューサー
石田勝也
シリーズ構成
中澤一登
キャラクターデザイン
中澤一登
総作画監督
伊井蔵
美術デザイン
常木志伸
メカニックデザイン
津坂美織
プロップデザイン
冨田収子
プロップデザイン
境成美
色彩設計
田中孝典
美術監督
磯部兼士
3DCGディレクター
荒井栄児
撮影監督
長崎行男
音響監督
Production I.G
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
IGの海外戦略の一つのNetflix独占配信アニメ。ぶっちゃけめちゃくちゃ面白かった。事の発端はKiller Bである黒羽(これは予告編でもわかる)を追うところから始まる。詳細は伏せるが、キースと黒羽を主人公としてはっきりとした2本のストーリーがあり、これらを事件とその裏で暗躍する様々な事情を通して上手につなぎ合わせ1本にしたすごい内容だった。ただ、普通は群像劇が最後に1つの結末につながるストーリーになるのが面白いと思うのだが、本作は逆に2つに分かれてそれぞれが決着したので事件が収束した感が若干薄かったか(案外複雑な事件というのはこういうものなのかもしれない)。日本アニメと海外ドラマのいいとこどりのような内容は間違いなく向こうでもウケると思った。IGの底力を見せられたような気分。これから見る人は事件の全貌と複雑さ、そしてその結末を楽しみにぜひ視聴してほしい。本当に面白かったです。 ストーリー以外では、キャラも魅力的で事件が起こるたびに死なないかヒヤヒヤしていたし、映像も綺麗でアクションも派手でよく動く。2ndシーズンも発表されたしもう一回見ながら待とうと思う。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
敵キャラが小物だったのが少しがっかりしましたが、それでも嫌いになれない。 続編あったら観たいです。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ストーリーは、斬新だけれども緻密に練り上げられてる感じがあってとても良かった。 キャラクターも魅力的であり、平田広明の渋い演技が光る名捜査官キースを中心に、彼を慕う同僚たちもそれぞれに良い個性を出していた。 ただ個人的に、クライマックスの音楽がやや盛り上がりに欠けてたように感じたのと、敵側キャラの過去話が薄くて動機がもうちょっと分かりやすければ良かったなという印象。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
大雑把に言って、クライムサスペンスと異能バトルの二つの大きな軸が存在するのだが、両者が十分に融け合うことなく分離したまま終わった、という印象を受けた。一応両者の接点はあるのだが、ちょっと弱い。これを、一本で二本分だからお得と感じるか、木に竹を接いだようだと感じるか。自分は後者だった。 クライムサスペンス部分はとても楽しめた。一方、異能バトル部分はやや新鮮味に欠ける印象。最後に異能バトル部分の続きをにおわせていたが、そちらの続きを見たいかというと……。 作画を始めとする映像については、文句なく良かった。キャストでは、森川智之氏の演技が特に素晴らしく、印象に残った。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
5話でキーボードのタイプ音が青軸だったところに謎のこだわりを感じた。全体としてとてもよくまとまっていて、金をつぎ込めばほぼ確実に良作を作れるのだなという証拠のような作品だと思った。かなり残虐なシーンが多くあるので、そういう表現の苦手な人には向かない。数式をグラフに落としてみたら絵が描けましたというのは、少し無理やりすぎかなと思った。
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます