ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

ケムリクサ (TVシリーズ)

928
視聴者数
93.83%
満足度
611
評価数
89.66%
満足度
227
記録数
58
評価数
30
コメント
ニ島へ。 りなは増える?みんな体内にケムリクサがあるのか?水めっちゃがぶ飲みしとる。わかばの食事もとりあえず水で大丈夫なの? なんか色々気になる言及あったけど、りんが何度も赤面してるのが可愛い。 EDが不穏だな…最後に残ったのが現メンバーってことかな。
わかば以外は体内にあるケムリクサが本体? スペースワールドっぽい廃墟も崩れていってまだ謎世界。
ケムリクサ 第3話。水を補給する場面があったけどよく考えたらわかばの食事とかってどうしているのだろう。というか、わかばが現れてからどれぐらいの時間が経過したのかな?
壁を越え次の島へたどり着き、みんな水を補給。 りなのつまみ食い、地震が起こりわかばがりんの大事なモノを守る。
前の話を見返したくなるアニメ
行ったことはないがシャトルが見えるんでスペースワールド?
スペースワールド?
スペースワールド・・・よく遊んだな。 りんたちの体の中にはケムリクサがあって、水をガブガブ飲んで生命力を蓄えると。 EDは今までの登場人物たちの経過か。りつの線が細いのが気になる。
一島は軍艦島、二島はスペースワールド。 あーなるほどそういうことね(←わかってない) りん達は体内にケムリクサを宿しているようだけど、それぞれ能力や性質に違いがあるのかな。
わかばは私達とは違う人間よね、飲まず食わずでも元気そうだし。 過去の話が少し出てきたけど、まだ全然分からないな。 そこがワクワクするんだけど。
EDがついた
スペースワールドか。もうないけど…。
スペースワールド回
じわじわ面白くなってきた。 ここまできて1話を見返すと、いろいろ腑に落ちる。
他の島へ。線路もお手製か。血の跡がある、不穏な世界だ。めっちゃ水飲むやん。これスペースワールドか…りな達増えるのか。ケムリクサは食べれるらしい…2週目したら色々分かりそうな会話だ。EDこれミクさんじゃないの?
電車のシーンがよかった。どうも私は電車に弱い。 たつき監督が前に手がけた作品にくらべて、暗い印象。 夜間シーンばかり続くからだろう。 そこが満足度(Annict 独自の数値)があがらない理由ではないかと想像する。
こりゃ面白いわ。男キャラは、最初はこいついるか?リンはこいつのどこに惚れたんだ?って思ってたけど、だんだんいい味出してきた。 「死ぬ」という単語が普通に出てくるのも緊迫感があっていいね。この世界の謎も、登場人物の謎もめっちゃ気になる。考察が捗ります。
人外の女の子たちと人間のわかばの出会い。という理解で。情報量多くてよく理解できてないが見られるので視聴継続。
ED歌ってるのミクさん!?
りん達の会話やEDのシルエットで、3人の仲間(りく(葉を光らせられる)、りょく(学者肌)、りょう(戦闘系))が死んだこと、りなはオリジナルから6体に増え2体死んだことが明らかになる。謎を小出しにする芸風もやり過ぎると鼻につく。 りつは目下にクマがあるし、疲れて具合悪そうにしてて心配。 わかばの「めっさ」という中途半端な関西弁の連続使用は耳障り。
杏zサポーター
まだ判断に迷う...
スペースワールドは死んだ!もういない!だけど俺の背中に、この胸に、ひとつになって生き続ける!
なぜにスペースワールドwww 九州の名所めぐりするのか?
まさかりん達は一般的な意味での 人間じゃなかったのか・・・ 水で10日もつし、りなちゃん達は無機物食べるし。 わかばくんにいたっては ケムリクサむしゃむしゃしてるもんなぁ まだよくわかんなくて楽しみ。 それにしても最後の わかばくんのダイブかっこよかったなぁ。 EDの人数の増減 わかばが追加されたことでわかりやすかったけど それまでにりく、りょくちゃんとか あれだけいなくなったってことだもんなぁ 今後も不穏でしかない。
当初の長崎の軍艦島から今度は北九州のスペースワールドか。 OPのワイヤーフレームとかの場所判明していってるけど、そのとおりに東に、東に移動するんだろうか。 なんにせよ今回は情報量が多すぎる。 わかばが赤虫が見えるってことで「色が見えているな」だったり、臭いがしたってのに「今確か臭いって」ってりんが言っているのは。 各姉妹で使える五感が違うのかな。 帽子に入っている灰色の水晶みたいの?をなでてるのを後ろからわかばが見てて、その後の聞いたことのない名前をだして談笑してるところとかからわかばはあの水晶が大事な物って判断したんだろうなってのもちゃんと提示されてる。 りなちゃんずが鉄骨食べたり線路をスカートから出して補修してたり、作ったとも言ってたし。 水飲む量が半端なくて10日は持つとかだったりもういろいろと整理がおっつかない。 EDも最初6人から一人へり、二人へり、分裂して、分裂個体がへって、また別の一人がへり、分裂個体がまたへって…わかば登場ってことはこれまでの経過だろうなぁ。 りょう、りく、りょくが0.5~0.9話でいた姉妹で死んでいったってことか。
"スペースワールド"? 一見ギコチナイ風に見えて、実はポイントを的確に押さえた動き、その連続性からアレの続編に感じてしまうのでした。 ねえさんは見えてないのかと思いましたよ。
暗闇の世界、照らされた灯りのもとで、 死んだ仲間の話を楽しそうにする2人。 「血が赤いからヒトではない」と言われる世界。 頬を赤らめる瞬間とその後の拒否反応、独特の間。
今回、一番驚いたのは「りな」が無機物を食べていたことですね。根本的に違う生物ということになりますが、「りん」や「りつ」も植物っぽい性質があるみたいですので、ある意味人間に似た生物なのかもしれません。 エンディングのシルエットが意味深で気になりました。最後に「わかば」のシルエットが登場したので、おそらく「わかば」が「りん」達に会うまでの生き死にの経過ではないかと思いますが、その内容が・・・。
ローポリなのに風景にゾッとしてしまう。 リクとかリョクとか一体何人死んどるんや。 そういやわかばもまともな食いもの食べてないな。べつに食べなくていいけど。 海外のローポリ、トゥーン3D系のアニメってなんか見てられなくて、これなら見れるんだよな。こういうのが作家性ってやつなのかな。 見ててフィギュア欲しくなってくる。わかば除く。
商品はありません