ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

ケムリクサ (TVシリーズ)

993
視聴者数
93.41%
満足度
621
評価数
96.34%
満足度
208
記録数
41
評価数
18
コメント
ケムリクサ 第9話。死んだとされている姉妹たちは同じハに宿っている残留思念状態みたいなものということか。あと一回全力を出せば消えるらしいから、そりゃ合流はしない方がいいと考えるわな。
山を登り壁の中を移動する主、休憩。 りょうに出会い情報交換して、ミドリを使い主を倒す。
メガネっ子かわわ 日記だったんかいw
ほう、ケムリクサを使って体を共有? 生きてる死んでる概念とは違うのか?
クサの中に複数のヒトを宿しているという状態(しかも一回死んだと説明された者を)。 機械的なものを「ムシ」と呼ぶように、生命の概念を揺さぶる
黒歴史ノートだったのか(違
りょうとりょくに会えた! ぐんにゃりした時はびっくりした。 青い壁の中に赤虫がいるのもびっくりだし。 富士山の下がスカスカなのもびっくり。 わかばが飲まず食わず寝ずなのも気になる。 謎が多くて面白い!
なるほどですね そんなりくさんだった、と
りょうとりょくも登場して、何やら赤い樹対策の情報がたくさん出てきて、ついて行くので精一杯。 タガメ型の主はミドリちゃんの枝で撃破。りつ姉に気を遣ってたけど、小枝を折って取っただけでもミドリちゃんには大ダメージなのかな? 興味のあることだとテンションが上がるりょくが可愛い。
「りょう」さん・「りょく」さんとか、ひとつの身体を共有しているところが何とも言えませんが、最後の頃に「りん」さんたちの近くに現れたのに「わかば」しか見えなかったのは、もしかすると、もう「りん」さんたちには見えないのかもしれないですね。
知識欲という点ではりょくさんとわかばは相性良さそうだな。話してて楽しそう。(日記に関してはアレだけど・・・) 3人は死んだことになっていたけど、今は1つのケムリクサに人格が3つ内包されている感じなんだろうか。 命は残り短そうだけど、いてくれるだけで心強い。
壁通過のコストが増えているような あと、水タンクが減ってる ゴールは東京なのか、さらに先の被災地なのか
山が何かに支えられてる。植物の細胞壁みたいだな。山小屋が見えるし、やっぱり富士山?また青い壁。タガメっぽいムシ。りょう姉きたぁ。姉妹は消えても葉が残っていれば他の葉に移って生きれる感じかな。文字読める同士の話は興味深い。きおくの葉はりょく姉も読めてないのか。世界の秘密か世界の危機か。赤い木もケムリクサなら若葉が止められるか。ミドリの枝はさらに威力があるのね
新たな姉妹の登場で重要そうな情報がめっさ出てきたな。りょう姉戦闘狂かわいい
青壁の中を移動する虫とか反則なんじゃ。 どうやって倒すんだろう…って思ってたらAパートラストでまたああいうことするw 戦闘アホなりょう。なんでもすぐ戦おうとする。どっかで似たようなやつ見たことあるわ。 よーしよしよしよしw りょくのジト眼鏡キャラいい。日記読まれるのは困るなw りくのときもそうだったけど、りょう、りょくも出てくるのはほんの少しなのに会話とか仕草の見せ方がうまくて簡単に性格がつかめる。それまでにりん達が話してたってのもあるだろうけど。 みどりちゃん折っちゃったけど大丈夫なのかなぁ。おかげで壁は突破できたけど。 りく、りょう、りょくはずっとそばにいるのかな。 前に考察でみたりん達が寝てるときしか出てこれないってのもあるんだろうか。 今回は壁の先がどうなってるのかなぁ。
アンダーリムカワイイよね
壁に主がいた時はびっくりした。 なんかタガメみたいだった。 赤い根を呼ぶっていうところから 壁の向こうは赤霧で満たされてるかと思ったけど そうではなかった。根を呼ぶってのは主だからできるのかな? みどりちゃんのおかげでなんとか主は突破できた。 長女のりょうが出てきたと思ったら、りょくも出てきた。 りょうは嗅覚が敏感なのか、赤霧って臭いがするんだなぁ。 日記見られてると気づいたりょくちゃんもかわいかった。 結局りょう、りく、りょくは全員一度死んでしまったけど 一つのケムリクサを共有してつつ 入れ替わりながらなんとか生きてるって感じなのかな? 一度りくに会った時も、りん達と会うのを拒否してたし。 「赤い木が世界を沈める」ってりょくが言ってたし、 わかばも赤霧と地震の関係に気づいてた。 ケムリクサを触れるわかばなら 赤い木を操作できるっていう仮説も出てきた。 最後りょうが出てきたのも気になったな。 これは今後をも守るしかない。
六等分の姉妹
商品はありません