ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

ケムリクサ (TVシリーズ)

994
視聴者数
93.41%
満足度
621
評価数
96.0%
満足度
210
記録数
50
評価数
26
コメント
ケムリクサ 第11話。この幼女天才過ぎじゃね? だいたいのことはわかったけど、どういう理由でメモのあの部分を消したんだろう。
うーん・・悲しいことにノリについて行けない・・・
ケムリクサ研究員のわかばと人間の少女りりの記憶。 隔離と少女たちの存在の秘密。
一気に納得のネタばらし回 特にEDにつながるシーンに驚きました!
その展開はまじか。衝撃的すぎるわ。 この世界の謎が一気に解放された回でした。
記憶の葉で見るさいしょのひととワカバの話。 ワカバは地球の人ではないのか・・・ そして地球(とかの星)の文化財をプリントをするっていうのが ワカバの仕事って感じなのかな? ケムリクサを煙草的な使い方をしてるところも出てきた。 ワカバの「もう少しゆっくり研究したい」っていう言葉から 優しいりりは、研究の負担を減らすために、 ケムリクサを使い切るための赤いケムリクサを作ったのか。 それが今の現状のきっかけだったのか・・・ 謝ってるりりに対して、すごいってほめてあげたりしてて、 ワカバは優しかったなぁ。 そして、りりが天才すぎるがゆえに その暴走がすさまじく、ワカバを救うために りりは自身にケムリクサを使って6姉妹に分かれて ワカバを助ける決意をしたと・・・ EDでの演出には ほんと、鳥肌が立ったな。 わかばの「逃げて」って声、りりに対してだと思ってたけど まさか記憶の葉を見ている外であんなことになってたなんて・・・ わかば、どうなってるんだ・・・ ワカバとわかばの関係も気になるし、 最終回がどう終わるのか気になる。 ここまで見たうえで、 もう一回オレンジのケムリクサを読みたくなった。
さいしょのひとの記憶と今が繋がった...!!EDの入りで鳥肌が止まらん・・・ 記憶の途中で聞こえた「りんさん!りんさん逃げて!」というわかばの声、最初はよくわからなかったけど、Cパートで血の気が引いた。 たつき監督を信じろ!!!!!!!!!!
えっと…!? 最初の人は地球人? にしてはケムリクサの事をめっさ分かってるやん。 自分をケムリクサにするとか、さ。 ワカバは宇宙人、なのね? エンディングでびっくりしてたら… わかば、わかばが!!
NANBA Toshiakiサポーター
あーなるほど、そういうことね(どういうこと?)
見てからずっとケムリクサのことばっか考えたり調べたりしててチェックイン忘れてたw Aパートだけでもすごい情報量。 あれだけあった謎めいたものの多くが繋がってわかるようになるという構成がほんとうまい。 山が浮いてるなぁとか思ってたのは3Dプリンタ的なもので地球の遺物を再現してたからなのか。 だから島という単位で遺物があるところを保存していってるから日本人的感覚だと場所がワープするように思える。 りりが地球人でワカバが宇宙人。そして船長か。 地球には被害が及んでるんだろうか。それともこの遺物保存保管の場所のみなんだろうか。 そして赤い木の発生源がさいしょのひとりりで、それを作った理由もワカバを休ませたいからって誰ひとりとして悪意がないどころか誰かを思ってってのが悲しい。 なので絶対に世界は救ってほしい。 EDに入る演出がすごい(語彙力 EDでさえ伏線だったなんて。 りつねぇとりなちゃん、わかばは散ってないから大丈夫よね?ね? さいしょのひとの回想の最後の方で「りんさん逃げて!」って聞こえたのは確認したけど、「ん?りりちゃんの聞き間違いかな?」って思ってたらCパートね…。 2年越しにこの気持ち、期間を再び味わうことになるとは思わなかった。リアルタイムでみてこそだな。辛い1週間だけどこれもまた楽しみに変えてほしい。
奇をてらわないドラマを、真っ向から真面目に描く気持ちよさの前には、何か語るのも野暮な気分になる。当たり障りのない感想といえば、今年の星雲賞は決まったんじゃないかなという予感。来週の最終話、楽しみ!
たつき監督を信じろ
最初、「えっ?このままわけのわからない別の話をやるの?」と思ったら、ワカバ(どうやら過去のわかばはカタカナ表記らしい)が出てきて驚きました。 赤い根っこや赤霧の生まれた状況が明らかになり、でも、どうすれば解決できるか全くわからなくなりました。どんな結末を迎えるのでしょうか? そういえば「りり」の声が小松未可子さんだったのに驚きました。小松さんの声のイメージが、強くてかっこいい頼れるお姉さん的なキャラが多いので、まさか小松さんだったとは!!と驚いたのです。
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛そういう事かー!
6話から11話までまとめ見。 ながら観で、はたらく細胞みたいなのかなぁ〜とか思ってたけど違った。 ずいぶんとベタな真相で驚いた。ひねり無しか!
えっまじで?そうなん?わかばあああ
えええええ!?わかば!?どうなってるの!?どうなっちゃうの!?え!?ええっ!?えええええっ!?!? ・・・たつき監督を信じろ!
EDの演出が繋がって鳥肌でした。リリの命をかけた転身はそれでも徐々に葉は失われていってると思うとつらい。それに最後。逆転してくれ。たつきを信じろ
最初の人はリリっていうのか。むしろ最初は若葉がいたんだな。青いケムリクサは飛ぶ効果か。若葉は研究のために地球の文化財を転写してたのか。ケムリクサを抑えるケムリクサが赤か。リリが天才すぎたらしい。自分をケムリクサにすることで助けにか。EDに繋がるの天才かよ
赤いのはリリの合成だったのは驚き 遺伝子組換えへの警鐘というか、バイオハザードの変形なのか
明かされた真相…!
ずっと黒い背景が基調の世界観故に、 白い背景の過去回想シーンの対比は印象的であった。 小松未可子さんの兼役。
過去のワカバとりりの物語、想像以上に壮絶だったな。情報が一気に開示されたのもあって理解が追いつかない満足感。EDの演出は思わず唸ったぐらい見事なものだったわ。 ケムリクサを使いこなしておどおどしないワカバくんがあそこまでかっこいいとは
繋がったああああああああああああああああ!!!! ED前からメッセージ性があって好きだったけど真相が分かってからほんと神 回想途中に入ったワカバの「りんさん危ない!」でちょっとまって!やめて!って思ってたけど・・・
前世?からの因縁か!
商品はありません