Project Revue Starlight

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

905
視聴者数
90.63%
満足度
491
評価数
89.33%
満足度
244
記録数
75
評価数
41
コメント
こめん、やっぱ無理w
"スター"じゃなくて"スタァ"なのは、伝統を表現したものなのね。たぶんですけど。校舎の耐震補強はやりすぎとも思えますが、とにかく老舗ですと。 追加で「サクラ大戦」も連想しましたよ。 舞台を強調するわりに、カメラワークは普通のアニメですけどね。
白タイツが……こんなにも白タイツがいっぱい……。今回だけで一年分の白タイツを補給した気分。次回以降も是非レッスンシーン多めでお願いしたい。なにとぞ、なにとぞ。 これを見て、ウテナを思い出すなという方が無理じゃよね。模倣に終わることなく、この作品にしかない何かを獲得できるのか、白タイツを堪能しつつ見届けたい。
急に歌う、戦う…ハッ!この感じ、シンフォギア!
朝起きれない主人公って親近感ありますね← 舞台に生きる少女たちの青春群像劇…と思いきやAパート終盤~Bパートから謎展開。 「アタシ再生産」とか動く舞台とか決闘とか、ウテナ等のイクニ作品みがあるというか…もう少し様子見だけど。 ああやってキリンからのオーデイションメール?受け取るとポジションゼロで星のティアラを賭けた「レヴュー」が始まるってこと…?てか、割り込みありなんかーいw あの服って毎回製造されるんだろうか。。w ひかりの羽織が青くて、純那の羽織が赤いけど、暫定王者と挑戦者って感じなんだろうか? 華恋役の小山百代さんってセラミュのマーキュリーちゃんか!
癖のないウテナ。もうちょっと癖があっても良さそうだけど。 「みんなをスタァライトしちゃいます!」って「てめーら全員ボコる!」っていう意味だったんですね。
途中まではありがちなストーリーで退屈しかけたところ、突然の超展開からの、舞台上への転換。一気に引き込まれた。 幾原邦彦作品を思い出したのは事実だけど、このクオリティはすごい。アクションすごいし、滅茶苦茶こってる。個人的には主人公がちょっと苦手なタイプのキャラクターだけど、このクオリティを毎回見られるなら期待したい。
アニメ1話の導入としては妥当なのだろうが、個人的趣味の偏りのため「Bパート」みたいなのだけがずっと続けばいいのにと思ってます。
今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます。よかった、青春日常アニメじゃなくてダンデビ系列だ。
少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第1話。なんだかよーわからんとしか言いようがない作品だった。もっと話が進まないと方向性がつかめないのだけど、じゃあわからないなりに続きを見たいと思えるほど惹きつけられるものがあったかというとそのへんも微妙なわけで。