サイコパス製作委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
さいこぱすしなーずおぶしすてむけーすつーふぁーすとがーてぃあん
メディア
映画
リリース時期
2019年冬
公開日
2019-02-15
公式サイト
psycho-pass.com
公式Twitter
@psychopass_tv
ハッシュタグ
#pp_anime
Wikipedia
ja.wikipedia.org
MyAnimeList
37441

PV

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

虚淵玄
ストーリー原案
虚淵玄
脚本
深見真
脚本
天野明
キャラクター原案
恩田尚之
キャラクターデザイン
浅野恭司
キャラクターデザイン
恩田尚之
総作画監督
Production I.G
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
須郷、征陸の過去編。征陸の真の刑事としての魂と、それを受け継ぐ者の話はとてもアツく面白かった。 この話を見て、2期に対する複雑な気持ちはさらに膨らんでしまったけど、とにかくこのCase2に関しては、全面的に最高の仕上がりだったと思う。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
めっちゃよかった。 case1より圧倒的にクオリティ上がった感。 正臣の宜野座に対する残りの人生云々のところとか、胸が熱くなった。 軍人は生き方が渋いし、やっぱり銃撃戦、戦闘機があると熱くなる。 正臣の信念が受け継がれてる。 そんな殉職からの着任テロップは本当にズルい。 見てよかった。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
映画だけを見ていたのなら、すごく胸が熱くなる心地で終えられただろう。 TVシリーズを思い出して、もういない人たちを想起して、彼と彼の、彼と彼女の、その後のつながりを思うと、胸が苦しいです。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
アニメではフューチャーされなかった須郷ととっつぁん、青柳にこんなつながりがあったとは。 この後とっつぁんの代わりに補充された須郷が青柳を知らずに排除するんだからたまんないな。 省庁間で落とし所を見つけて勧善懲悪では終わらない感じが非常に面白かった。 最後の3文は文字だけで記憶がよみがえって鳥肌が立った。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
須郷の過去から、征陸の話へつながっていくのはなるほど、と。各キャラに見せ場があったのもよかった。まだピリピリしてる宜野座が懐かしいw サスペンス、刑事モノとしても非常に面白く、最後までどうなるんだ?とドキドキさせられる、密度の高い一時間だった。 刑事の魂が、征陸から須郷へと受け継がれていく流れが熱い。TVシリーズを見直したくなった。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
テレビ版2期からの登場の須郷と1期で退場の征陸をメインにしたストーリー。 えっこの2人ってこんなに接点あったの?的なテレビ版で描かれなかったことを補完する物語・1期と2期の間を繋ぐ物語である時点で、個人的には Case.1 よりはこちらの方が好みかも知れない。 青柳と須郷の会話がそこそこあるのだけど、2期でどうなったかを知ってるだけに複雑・エグい。これぞPSYCHO-PASS ( のストーリー ) だ、という感じ。 縢やツンツンしてた頃の宜野座が懐かしい。 新キャラ・フレデリカさんは Case.3 の予告に出てるし何かありそう。
商品はありません
商品を登録する

関連作品

Annictサポーターになると広告を非表示にできます