暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

自分の記録

記録はありません

みんなの感想

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
本編に比べると低評価。 各話で質量の詰まった感じがされた本編に比べて、説明調と感じられるシーンが多く、またヴァイオレットの心情変化の鍵になるポイントや物語のまとめ方への繋がりが掴めず冗長な感じが否めなかった。 その他、 ・題材となっているオペラへの親しみが薄い ・ストーリーの核となる部分の強すぎる言葉遣いへの反発感 ・ヴァイオレットの書庫の隅という行動がギャグ調で違和感(強すぎる理想像の投影も?) などの個人的な事情も評価に影響していると思う 総括として、4話-5話間の補間的な意味合いという意見には納得させられたが、実際にこれが本編に挿入されていると少し他のエピソードと比べて違和感があったと思う。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
素敵なエピソードでした。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
待ってた。カメラワークも映像美も演出もすごいと思う。 ヴァイオレットが一歩踏み出した重要なエピソードなんだね
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
うむ、伝説のBBAだなぁ。 書庫の隅に居てるヴァイオレット、最高に可愛い。 あぁ、平川電マさんか。 うん、うんうん、ドロッセル王国へ行く前に、ね、うん、うん。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
さすが京アニ、圧倒的な作画ですね
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
良い意味でズルいって言うのは正にこれだね。 ヴァイオレットの境遇自体を間接的に投影して、かつ彼女に希望の光をもたらす礎と、その核心たる「愛」を紡がせるきっかけの話。 時期的には本編の4話と5話の間らしいけど、これはある意味では本編の流れ以上に重要なピースのエピソードだね。 作画映像美の点でも京アニの本気度マックスだし、挿入歌もとてもグッとくる出来だし、完全新作の劇場版も益々楽しみだね。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ヴァイオレットが愛を知るきっかけとなったストーリー。4.5話という位置づけ。4話から5話の急なヴァイオレットの成長具合を補完するに十分な内容だった。