丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会

オーバーロードIII

1137
視聴者数
91.39%
満足度
556
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

自分の記録

記録はありません

みんなの感想

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
とにかく気持ちよく蹂躙します パワーのハイパーインフレ
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
3期全体を通しての感想。 一番は魅力的なキャラが多くてとてもよかった。部下はアンデッドということでぶっ飛んでても理解できたけどウザくもなく頼もしさが感じられた。セバスイケメンすぎる。 組織のリーダーとしての考え方や判断やドラマが多く見れたのが新鮮で面白かった。 主人公陣営がチートだけど面白かったのは勇者側に焦点を当てたり人間ではない個性に魅力があったりコードギアスのゼロのように正体を隠すワクワク感を楽しめたからかもしれない。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
ストーリーやキャラクター、各陣営の駆け引きは面白い。しかし演出やペース配分がいまいちといった感じで元の作品の良さを表現しきれておらず、不完全燃焼になってしまっている。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
安定の面白さ OPとEDが毎回すばらしい 続き見たいけどだいぶ先なのかなぁ
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
弱者が強者に挑み、弱者が敗れるという捻りもない部分をどう面白くすれば良いか。 オバロを観て感じるのは、作品全体テーマがこの部分に頑なに挑戦している点が凄く新しく感じる。 1期はアインズに感情移入し、2期からはアインズにどう挑むのかという周りのキャラからの視点が増し、3期はアインズウルゴウンというキャラクターが1期の感情移入した好感度をそのまま逆転させるような構成になっているのが面白い。 特に2期から主役になったともいうべき、クライム君とブレインさんの存在が放送中は気になって仕方なかった。 ガゼフが一騎打ちで敗れるという分かり切った結果でさえ、その人間ドラマの先が気になって面白く感じた。 ガゼフを通じて二人の成長がしっかり描かれていたのが◎。 特にブレイン役の遊佐浩二さんの演技が素晴らしくて、悔しさや無念さが声に乗って夢中になって観てしまった。 オバロ3期で残念なのは、最終回でアインズと冒険者モモンが対峙するという自作自演展開をしたが、これは個人的にはスケールが小さく感じてしまったのでマイナス要素だと思っている。 アインズウルゴウンとしてはもうほとんど完結してるようなところがあるため、主人公は冒険者モモンとして正直もっと未知なる敵と相対して欲しかったな。 カルネ村関係の話も、アインズ様のしもべたるルプスレギナが逐一監視をしていて介入待ちの中の戦いだったため緊張感がまるで感じなかったのはいただけない。 お気に入りのブレインやクライム君だけでなく、ガガーランやイビルアイなどの冒険者チームの出番を4期は期待したい。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
黒い仔山羊の恐怖感と絶望感がちょっと薄かったかなーという印象。一番目玉のシーンだったのでもう少し工夫してほしかったというのが正直なところ。 このクオリティだと円盤の売り上げは厳しそうだし4期あるか微妙なライン。
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
面白いけど、なんかちょっとだらけてる感じが…… 原作見てないので、そこは申し訳ない(´・ω・`)