2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

630
視聴者数
56.72%
満足度
299
評価数
42.11%
満足度
99
記録数
19
評価数
13
コメント
妹好きになりすぎたラジオに家出妹多過ぎ問題。デレデレ妹の本領発揮。 ラストの修羅場、ぶれる作画…( ˘ω˘)
ラジオはやばかったなぁ 引いたわ・・・ あれは放送されたのか? こんなことあんまり言わないけど 作画が全体的にやばかった。 服も全然安定してないし、 最後のあれはキスだったのか? それにしても桜のお兄ちゃんはヤバイな。
公衆のラジオでいちゃいちゃするのやべえ!妹が増えていく。主人公の方がやばいと思う。作画も修羅場で笑う。
前回はまだ良かったけど今回は作画がまたすごいことに・・・ 所々とかいうレベルじゃなかった。ほんと常時崩壊してた。 ラジオはもはやキモすぎて放送事故に。 「お兄ちゃんとさくらさんは何をしていたんですか」→俺も知りたい えぇしかも次最終回・・・?
先生賢者モードで缶コーヒー飲んでるのなんか好き。 ちび妹ちゃん可愛すぎた!!!! って妹ちゃん…
前回作画が良くなったと言ったな、あれは嘘だ! 次回ラストらしいけど、ここ迄来たら伝説の作画で頼むで(勿論褒めてない)
もう…完全に「万策尽きた」って感じだね。来週10話が最終回らしいけど…これって規程でなくて「事実上の打切り」じゃないのか? 先週、1週分の延期の効果(?)なのか、若干持ち直したかに見えた作画は、今回、アバンの「オーブントースターっぽい何か」の登場時点であぁ~って感じで、この回のクオリティをいきなり突きつけられた気がしたね^^; 実際に今話全編に渡って、パイロットフィルムに色塗っただけのような状態が終始展開されていた訳だが… おまけに、物語の展開がシリアス寄り+ハーレムなのに、何となく上辺だけの言葉の羅列って感じが否めない薄っぺらさ、そんな半端な感じに作画崩壊が合わさったら… これって、ハッキリ言って原作者にとっては「黒歴史」って気もするし、作画崩壊が更なる「恥の上塗り」になってるよね? こんなの放映以前にアニメ化しちゃいけなかったんじゃないか? って位の惨状だと思う。 当初から有った、CV陣の演技に身が入っていない雰囲気も継続しているし、明らかにいろいろと終わってると感じるね。 誰が戦犯なのかは敢えて追求せずとも、今期に限らずここ数年来で最強の伝説的駄作…駄作と言うのさえ烏滸がましい最底辺の更に下の作品になってしまっていると思う。 最近の風潮として「円盤で修正すればいい」ってのが有るけど、それって大前提として原作人気と、アニメ制作会社自体の信頼と実績があっての、謂わば「伝家の宝刀」的な、究極の逃げなのだけど、本質的な意味では「責任の放棄」なんだよね… それに、本放送時点で視聴者を逃した作品に、魅力を感じて修正された円盤の作品を、わざわざお金を払って誰が買うのって話。 だったら、最初からきちんとした物を作れって話で、そこにクリエイターとしてのプライドは無いのかって事に繋がると思う。 「終わりよければすべてよし」を履き違えた、最近の風潮は改めないと、アニメ業界はもっと苦境に立たされることになると思う。 …今話の感想そっちのけで、書きたくなるくらいに酷いって事は伝わったと思うけど、それくらい酷くて話が頭に入ってこないってのが現実なんだよね。 とにかく、次週最終回らしいが… 結局、この作品が訴えたかったことが未だ全く見えてこないのだけは揺るぎない事実だね。 ちなみに評価に値しないので未評価にしました。
あ、作画元に戻ったw なぜかオウム真理教のアニメを思い出したw 口とか常に半開きで動いてないのに喋ってるからどこからどこまでが心の声かわかりにくいw シリアスな場面でも煽ってるような顔しおるしさw 話のイカれ具合と作画が絶妙でずっと笑いながら見てたわ 冒頭の俺がしっかりしないと作品が改変されてしまうってセリフは切羽詰まってるシーンなんやろうけど思わず笑ってしまったw 正直まともな作画でもう一度見たい作品やね
ラジオ中の祐と涼花に桜が引くのは、仕事中の桜は常人ということなのかと と思ったのですが、実兄のシスコンに辟易していた桜は眼前でのいちゃラブ涼花に自分を重ねたのかも。 幼年期の遊園地に、涼花が兄をおもう理由があるんじゃないかと。 自販機の赤はコカコーラ、青はペプシ
えっ!?次週最終回? 原作未読なので、原作がどうなのかは知らないけど、 ものすごくやっつけで作成された気がしてならない。 作画もだけど、シナリオとかシリーズ構成とか
エエエエ次回最終回!?
もう、作画が糞過ぎて、話が入ってこねー あの観覧車、怖くて乗れねーわwwww クーデレってのもあるんだな。 例えば誰なんだろう。
妹が可愛過ぎて俺たちの作画がヤバイ
商品はありません