2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

やがて君になる

1352
視聴者数
96.38%
満足度
798
評価数
96.23%
満足度
203
記録数
53
評価数
37
コメント
カフェで台本変更、カフェに立ち寄る橙子と沙弥香。 水族館に行く橙子と侑、劇の練習をして帰りの電車。
劇やらないのか!!(^ω^三^ω^)
君しか知らない
7話で観るのとまってたんだけど最終話をみてみたらあまりかわってなかった
燈子はずっと姉の仮面をかぶってきた。だから生徒会劇が終わったあと自分はどうすれば良いのか、悩んでいる。だって生徒会劇より後にお姉ちゃんはいないのだから。 その悩みに対して侑が答えを与えてやる。「乗り換え」の時だと。いくらこのまま終わらないことを望んでも出口は来る。だから矛盾したままでも自分を大切にして欲しい。侑の気持ちが最大限に表れていた。 全体的に、こんなに内容が濃いアニメを見たのは初めてだった。ついていくので精一杯。スタッフの皆さん、お疲れ様でした!続編楽しみにしています。
ユーフォのあすか先輩とNEW GAMEの青葉ちゃんのお話が終わってしまったか(違う 冗談は置いといて、水族館デートに尺を使った段階で想像できましたが、本当に劇やらないのか・・・と。 劇の結末がどう変わったのか、先輩を変えることが出来たのかは、「乗り換えですよ」が2期でやるよとの暗示と勝手に解釈し我慢しましょう(ハードル上げ) まぁ、劇場版でも何でもいいんで何かしらよろしくおねがいしますよ。 そうじゃないと、劇の結末を変えるべく奮闘してるこよみ先生の努力が無駄になり可愛そうですからねw
最後電車の中で「乗り換えですよ」は意味深過ぎる…
劇が終わった後、 燈子自身がどうなるのかという不安が描かれてて 良かったです。 それとカフェでの店長と先生カップルの会話も良かった。 結局劇は行われなかったけど シナリオがどうなったのか気になるなぁ。 また見れるのを楽しみに待つしかない。
まさか劇やらずに終わってしまうとは!でも水族館デート最高すぎた。メンダコ推しな侑かわいいw侑は本当に、一度決めたら全力でやる娘だね。 劇どうなるんだ・・・そして劇が終わったら・・・マジで2期を観るまでしねない。。。
このままずっと、この幸せな空間が終わらなければいいのに もう少しだけ続きを観たいっていうのが僕の感想です
演劇やらんのかい!
これだけ劇を主体に話を進めておいて、劇やらずに終わるって…。うーん、、この考えは野暮なのか? これ原作のストック増やしてから2クールやってほしかった。
最後まで百合百合だった...! ストーリー的にはこれから盛り上がるところな感じあるので、 ぜひ2期を...
Koji Shimbaサポーター
二期の電車が来ると良いな。 Aパート冒頭の燈子が光に手を伸ばすシーンで1話冒頭の侑を思い出した。開始早々セミが鳴いてて季節感あるな。水族館デート中に二人で光が射す道を歩くシーンは最終回感があって良かった。イルカショーでずぶ濡れになって笑ってる二人の姿も尊い…。 「やがて君になる」というタイトルは、侑目線で燈子が少しずつ侑が知ってる燈子になっていくという意味だったのかな。即興劇の展開もとても良かった。
レズ嫉妬煽り。かやのん攻めていくー。七海先輩は姉の真似をし続けるか迷ってる?水族館デートだぁ。びしょ濡れ席。劇は2期になるのか…タイトルやがきみにはならなかった
予想外の最終話だった。まさか文化祭を迎えずに終わるとは。毎週楽しみにしていただけに拍子抜け。 キャラ同士の濃厚な絡みや、素晴らしい演出も相まって楽しく視聴できた。
いやぁ「やがて君になる」ってタイトルがうまいなと思わせる内容だ。まだなってないとは思うけど。 劇のタイトルもそうするのかなぁと思ったけど「君しかしらない」ってのも良い。 生徒会の劇を演じることで七海先輩がどうなるか知りたくはあるけどもここで終わるのもまぁありなのかなぁって感じ。 原作はどうなってんだろうなぁ。 百合メインかと思いきや思った以上にストーリーに魅せられた作品だった。ED曲好きだったし、OPは綺麗だった。
自分なんかを好きにならない相手が好き……それは茨の道だよ 果たして二人は救われるのか
姉の命日。そこまで姉を追いかけて、そこからはどうなる? 侑を好き。それは姉にはない自分だけの感情 先輩の手を引く侑。 最終回だけどこれからどうなるのか。
冒頭、沙弥香と燈子が別れるシーンからもう特殊な描写が。一人称視点になることはあっても、瞳に映すという表現は見たことがない。 水族館での二人はてぇてぇMAX。イルカショーは静止画の物足りなさを感じさせないほどの可愛さ。燈子も子供らしいところがあるんだなぁ。 (侑のアホ毛強い・・・) 中盤から終盤にかけてはいつものしんみりした雰囲気。燈子は侑への感情を口にだすことで、"自分"を意識していたんですね。意識してはいるけど、"劇が終わったら?"と悩み、さらにその後エチュードの中で侑が仕掛けるが断固として誰かにならなければいけないと考えているあたり、その"自分"になろうとは考えていないと。 ここで終わりかぁ・・・!もどかしい気持ちでいっぱいですが、ここにきてタイトルの「やがて"君"になる」の深さがまじまじと出てきますね。 完結まで行ってくれないかなぁ・・・とても素晴らしいアニメでした。
小川を流れるセミの羽はなんの象徴なのか?燈子の姉が生徒会劇の未完で亡くなったので、そこまでの橙子なのか。 水族館"AQUA WORLD"は、橙子がプラットフォームいたときの背景看板。ちょっと明るめな感じだったので、印象的でした。ちなみに、高田憂希さんの出身地で閉園したのは「スペースワールド」 飲み物の色が、何気に侑と橙子の暗黙的パーソナルカラー。 侑を好きな自分に橙子は自我を認識していたのね。以前は"特別"とか言ってましたけど。 姉の没年齢(生徒会劇)を目前にして、その先のモデルが無い橙子の今後が気になります。
終わってしまった。。。もどかしい。。。
海の生き物に謎に詳しいな ほしい答えをいい意味で期待通りにくれるんやろうな なんか途中で終わった感あるけど続きはあるのかな
うお……アニメはこんな感じで終わるのか……タイトルの解釈があまりにも上手すぎる……マジで凄すぎる………
店長と沙弥香の煽りあいにやけてしまうな。 心の底ではずっと姉を演じ続けることなんてできないと分かってても、演じてる一方で好きを言葉にすることで自分を確認する矛盾に気付いてても、どうすればいいのか分からなかったのを、侑は踏み込んで、受け入れて、導いて。 最後のそろそろ乗り換えですよってセリフ、深い。 誰も好きにならない、好きを知らなかったからこそ冷静に七海先輩の仮面の下を見抜けて、ここまで導けて、そこが沙弥香ではダメだった一番の違いだったのかな。 とても好きな作品になったので、最後まで見届けたい。
Touyuサポーター
完全に君になった
続きがすごく気になる最終回だった
生徒会劇本番までは描かずにエンド。これも良かった。
優しくも、様々な想いが駆け巡り、本当にこれで最終回なのかと思ってしまった。
やがて君になる。と言うタイトルを自分なりに解釈した。姉になりきろうとする先輩が自分になることを指してるんだろう。
商品はありません