吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

鬼滅の刃

1616
視聴者数
96.59%
満足度
1737
評価数
95.97%
満足度
288
記録数
62
評価数
26
コメント
蜘蛛の糸は煩わしいな。 置いてかれた善逸の登場の仕方が気になるところ。
てんぷらサポーター
森実写かと思った 柱きますねぇ! いのすけやるねぇ! 鬼の家族ってなんだ いのすけの能力の演出カッコいいな
イノスケいい子やん…ポワッ… 善逸の感じ的に禰津子について妹だって説明したっぽいけどそこって特に描かれないんだね。 イノスケの素直でいいところが見えてきた回だった、空間色覚のシーンかっこよかった。
鬼殺隊は幹部以外は役に立たない?それともクモの鬼が強すぎる? イノスケは獣の呼吸はどこで学んだんだろう? イノスケがどういう風に社会性や他人への思いやりを身に付けるのか楽しみです。
松岡役者ですな
伊之助にそんな索敵能力があったとは……ケモノの型。野生児すぎて人間社会のことは何も知らないけど、心強い。 善逸は遅れてきて後で役に立ちそうだし、いいトリオになりそう。3人のコンビネーションが楽しみ。 柱とは。鬼殺隊の精鋭かな。 チュン太郎の本名、うこぎっていうのかw EDのクレジットではチュン太郎になってるけどw
完治はやー。鬼がいないと平和だ。主役の奴ら以外は雑魚っぽいなぁ、よく鬼殺隊に入れたな。空間色覚めっちゃ便利
治癒するまでの間に伊之助だいぶ打ち解けたみたいだね。 善逸おいていかれちゃった・・・ 空間色覚とはなかなか便利な能力をお持ちで。
新しい鬼たちもまた一癖二癖ありそうで面白くなりそうだ
探知能力あれ何メートルあるんだ範囲。
回を重ねるごとにいのすけの有能さに気づいていく... 8点
いよいよ十二鬼月との戦いなのかな? 伊之助は円みたいなのが使えるのか。 炭治郎の鼻がきかないこともあるんだな。
伊之助の心が溶けていく様がいい。
はやみんなのわかる アニメ見て漫画読み始めたけど声あってるなーと思った。
腹が減るぜ!
原作読んだ時はするっと読み飛ばしてしまったけど、後から思えば藤の家のお婆さんの台詞、それを受けての炭治郎の解釈は那田蜘蛛山で起こる事をかなり言い表しているね。 それも有ってか、今回の内容はそれぞれに相応しい振る舞いを考えさせられる内容に 長男タイプの炭治郎は善逸、伊之助とキャラの濃すぎる二人を御しながら目的地へ向かう。人が山へ飛んでいく光景を目撃しても「俺は行く」と真っ先に言うし、鬼殺隊士が襲ってきても相手を切る道は選ばない。 既に相応しい振る舞いを手に入れている炭治郎は揺るがない 伊之助は今回の話を通して振る舞いが変わっていく。 粗暴な言動こそあれ、お婆さんに親切にされたことや炭治郎に礼を言われたことで彼の中に温かい想いが生まれていく 鬼殺隊士が襲ってきた際、初めは相手を切ろうとするが炭治郎に止められたことで体術に切り替え、更には蜘蛛の糸を切る炭治郎に協力する。 登場当初のまっすぐ進むばかりで場にあった行動ができなかった伊之助が変わっていく。鬼を倒す隊士として相応しい振る舞いを手に入れていく 那田蜘蛛山を前にして座り込んでしまう善逸は相変わらず情けない。誰かの大切なものを守るわけでもない局面での彼の振る舞いは変わらない。 でも、振る舞いは変えずとも行動を変えることは出来る。禰豆子に一方的に想いを寄せる善逸は炭治郎が山に禰豆子まで連れて行ったことに憤慨して恐怖を忘れ駆けて行く これが善逸にとって相応しい振る舞いなのだろうね 今回戦う鬼は蜘蛛の糸を使って相手を動かすタイプ。 糸で無理やり動かされるということは正しい振る舞いが出来なくなってしまうと同義。鬼殺隊士は同士討ちを始めてしまうし、炭治郎達は三人で行動していたのに鬼の圧で別れて行動する羽目に 鬼は平然とそんな事をする存在だから、冨岡も人と鬼が仲良くするなど無理だと切って捨てる 鬼は人から奪う立場であるはずなのに、累は「家族5人で幸せに暮らすんだ」なんて普通の人間みたいなことを言う 鬼の振る舞いとしてはちょっと考えにくい言葉。これが今後、どのような意味を持って描かれていくのか楽しみだ
善逸が禰豆子に執着するようになってた。 それにしても、箱から出てくる禰豆子かわいかったな。 とうとう怪我も完治。 すぐに仕事が与えられたな。目的地は那田蜘蛛山。 おばあさんの励ましの言葉や 無事を祈る切り火を行ったりと送り出してくれた。 伊之助は森で育ってるから習慣を知らないんだなぁ・・・ 婆が立場を理解してないとしたら 伊之助は何も理解してないことになるぞ・・・ そして辿り着いた那田蜘蛛山。 すごい恐ろしい雰囲気だ。善逸はやっぱり怖がってた。 躊躇なく入っていく炭治郎と伊之助に対して 善逸は外に取り残される形になったけど チュン太郎や禰豆子が森に連れていかれてることから やっと森へ入っていったな。 森の中では鬼殺隊の隊員同士が切り合う始末。 それはこの山の中で、蜘蛛の糸によって操られているようだ。 炭治郎の鼻が利かない状況で 伊之助の空間把握能力が役に立ってた。 そして蜘蛛を操ってる鬼を見つけたところで終わりか。 敵である累も出てきたが、 この山で家族で幸せに暮らしてるらしい・・・ 家族ってことだから今回は敵が多そうだな。 柱が救援に向かうことになったから 炭治郎と義勇の再会が見れるかもしれない。 楽しみだ。 伊之助は炭治郎の感謝の言葉を浴びたり おばあさんの優しさから 優しい気持ちを知っていっているかのようで良かった。
善逸と伊之助がマジでいろいろと面倒くさいな^^; でも、ようやく伊之助がまともに機能しだした? 今度の鬼は、また何やら深い訳ありっぽい強敵そうだが…
伊之助が人の心・優しさが分かるようになってきた!? バックにほわほわ…と綿毛 (?) が飛ぶ描写がかわいい。
イノシシ野郎良い能力持ってるやん 柱ってのがあるんやな どの程度の強さなのか
鬼がかってきた。
呼吸のちからってすげー!
3人で次の任務へ・・・となりましたが、鬼殺隊の先輩隊員たちがあんな状態なのに、そこへ行けという指示を出す方もどうかと思いました。これまでの任務を見てきてわかっていましたが、鬼殺隊はブラック企業なのは間違いないですね(笑)。
前回と違って猪助に対して以外と話が通じてるw
この蜘蛛野郎!
変質者かな?? 善逸きめぇw ほわほわ 完治早っ! 切火 ブービートラップか ほわほわ 同士討ちさせたか… カラスだけでもなんとか戻れたか… 雀かわいい 雀は怒っていい お前のじゃねぇよwww ハエトリグモかな? 届かないのかよw 伊之助の能力探知系か! お前らで次回予告なのかw