吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

鬼滅の刃

1838
視聴者数
96.77%
満足度
1858
評価数
100.0%
満足度
267
記録数
70
評価数
37
コメント
鬼舞辻の館か何かか!?頭おかしくなりそうな構造してるな… なるほど琵琶を鳴らすと移動するのかって鼓の鬼思い出すな… これが鬼舞辻無惨!? 心が読めるのか… グェェェップ いつの間に首を…!? これが鬼舞辻無惨なのか… 魅入られれば血を分けてもらえるのか… 血に耐えられれば強くなれて負ければ死か… それにしても鬼舞辻無惨の見た目美しいな(*´ω`*) ヒの呼吸のことをお館様に報告か 避けたのにぶつかってきたw 無視… アオイちゃんツンツンしてるなぁってこれは落ちたか?w ( ◠‿◠ ) シャベッタァァァァァァァ 表ダァァァァァ なんどでもwww がんばれ❤がんばれ❤がんばれ❤ 富岡さん… 善逸幼女に諭されるwww 悲しくありません 汽車を見た伊之助の反応よw 炭治郎もwww 鬼殺隊って政府公認じゃないのか…そら帯刀してりゃしょっぴかれそうにもなるわw ここでOP曲か! 立志編…完!ということは…!? おぉ煉獄さん!? って映画化か!!
最後まで中だるみせずに26話まるまる魅せられました。独特の世界観・作画が美しかった。映画にも期待したいですね!
続きは映画かよ、、、
俺達の戦いは!これからだ!
鬼舞辻こえー。悪役らしい悪役だ。 炭治郎は天然たらしかよ! まったくw いちいち真っ直ぐな言葉で、格好良い。気持ちの良い主人公だな。 冨岡さんが「そんなつもりはなかった」とか言い出すんじゃないかとヒヤヒヤしたw 二期は決まっているだろうと思っていたら、劇場版かあ……
女装?もいける鬼舞辻さん。 激おこパワハラ上司鬼舞辻さん。 CG増し増しグロ増し増し、 最終回らしい気合いを感じた。 炭治郎はとんだ天然タラシですね… あんなの惚れちゃうでしょ。 2期が来るかと思ったら映画だった。 人気は十分にあるだろうから、 2期を作るスケジュール的余裕がufoに無いのかな… でも映画も楽しみ。
自分としては、いきなり最終回という感じでしたが、物語の一つの区切りとしては良かったと思います。 次は劇場版になるそうですが、その後も是非TV版として帰ってきて欲しいものです。
ほんととんでもねぇ炭治郎だ。善逸があの場にいたら絶対キレ散らかしてたのは想像に難くない。 あのでっかい瓢箪をまさか3人とも破裂させるとは思わなかった。2期がくると思ったらまさかの劇場版による続編とは、無限列車編も楽しみだ
女装した鬼舞辻さんが十二鬼月の下位を一人除いて惨たらしく処理し、残った一人は炭治郎を殺すために動く。一方そのころ炭治郎は怪我が全治し新たなる任務へ禰豆子と仲間と共に向かう。とても良く纏まった最終回でした。
何かと思えば 十二鬼月の下弦が招集されてた。 まさか下弦を無惨の手で直々に殺すとはなぁ・・・ 無惨恰好は女装でどうしたのか気になったけど 恐ろしいくらい強かった。 下弦の壱を残して全滅か・・・ それにしても血の描写とか 建物の不思議な構造とかめっちゃ綺麗だったな・・・ 恐怖演出もすごくて、 無惨が鬼にとってどれだけ恐れられるものなのかわかった。 カナヲと炭治郎の会話も良かったな。 これからはカナヲが コイントスでなくて自分の心のままに 行動できるようになるといいな。 瓢箪を割る訓練してたけど 全員が大きな瓢箪を割れるようになったのか。 次は無限列車編ということで 煉獄との共闘になるのかな。 敵も炭治郎や柱のことを狙ってるし 戦いは激化しそうだ・・・ 最後には映画化の発表。 てっきり2期だと思ってたからびっくり。 すごく面白かったから、 早く続きが見たいなぁ・・・
タイプの違う"ツン"な女性に対して 心にスッとささる対応をする炭治郎が素敵すぎる。
作画がすごいよね~神ががってる。 煉獄さんの話は映画か~いつになるんだろうか 面白かったので待ってます!
無限列車!!! 確かに映画にするにはいい感じだよな でもでもあ…ってなってしまう
これ、無限城だよね。その見た目もすごいし。。 こういう少年主人公でありがちな女性声優採用じゃなくてよかったなぁとも思う。花江夏樹すばらしいわー。
うわー、寂しい! 終わってしまった! 次回は映画かーー。すごそーーー
カナヲの今後が気になるが終わってしまった
てんぷらサポーター
最終回にしてこのCGすごいな 無惨さんやばくないかマジで 炭次郎マジでイケメン過ぎて好き好き 政府公認じゃなかったのね いや続き気になりすぎるだろ 絶対映画観ます
訓練を終え新たな任務へ! 原作がずっと連続して任務やら展開やら続くからアニメとしてキリよくっていうとやっぱこういう形になるよね。 それにしても炭治郎は天然人たらしですなあ。 純粋で真っ直ぐなところがそうさせるのだろう。流石長男、罪な男よ。 原作は名前は知っているが実は読み飛ばしてた勢ですが、いざアニメを見たら鬼のいる世界の残酷さと炭治郎のひたむきさにガッツリ引き込まれましたね。 どの鬼との戦いもすごい格好良かったし、鬼相手でも一定の慈悲を残す炭治郎の心意気には感動しました。 極めつけはやはり十九話のヒノカミ神楽。 あの演出と竈門炭治郎のうたは最高すぎて原作まとめ買い不可避でした。 そうして原作をようやく読みましたが本当に面白い。 原作を読んだことで色々演出だったりが盛り込まれてることに気づきましたが、その点はホントうまく絵が動くというアニメならではのいい演出でした。 柱の前で禰豆子が血を拒むシーンも禰豆子なりに考えていたと追加されてて個人的には嬉しかったですね。 終始高クオリティで原作も大切にされててとてもよいアニメでした。 劇場版の無限列車編も絶対見たいと思いました。
鬼側と鬼殺隊側の対比が強烈 お前達には全く期待できないと下弦の月を解体する無惨。炭治郎の可能性を信じて新たな任務に向かわせるしのぶとお館様。 何を言っても無駄だとしか思えない無惨の態度は恐ろしいね。無惨の言葉を肯定しても否定しても殺され弁明しても殺される。唯一助かったのは無惨に殺される事に夢見心地となる下弦の壱だけ 何とも理不尽だ…… 対して鬼殺隊側は風通しが良いね。そしてその良い空気の中心に居るのは炭治郎てあったように思う 前々回でしのぶから思いを託された炭治郎は今回も人から想いを託される。 自分を卑下するアオイには自分を手助けしてくれたアオイは自分の一部でありアオイの想いを受け継いだのだと言い、カナヲにはコイントスを通じて彼女が変われるきっかけを作り出す 特にカナヲへの対応は良いね。もっと自分の声を聞こうと諭しつつも押し付けるのではなく、彼女が慣れ親しんだコイントスの形を通じてカナヲに変化を促す。 硬貨が表になっても決定権はカナヲにあるままだからカナヲは炭治郎の賭けを受け入れる必要はない だからカナヲが裏表の行方を気にしたり表を出した硬貨を胸に抱いたのは、カナヲ自身が心の何処かで変わりたいと思っていたからで炭治郎がそれを引き出したということなのだろうね 二人の少女にこれだけの感動を残すのだから炭治郎は罪な男ですよ… 今回炭治郎は幾つもの礼を言う。それは相手から向けられた想いを受け取ったと表明すると同時に相手に温かい想いを返す行為だ そういった事ができるから炭治郎の周りには人が集まり賑やかなのかもしれない そんな炭治郎が最も想いを掛けて助けようとする禰豆子の事。思わず竈門兄妹の道行きに祈りを捧げたくなるような終わり方だった 本当に良すぎる作品だったから映画の形で続編が作られるのは素直に嬉しいな。絶対に見に行こうっと
カナヲさん、心開くのかなぁ。 劇場版楽しみだ!
kunitooサポーター
一話からの回想もくどくなくとてもバランスがよかった! 次も観たくなるけど、今回が区切りである雰囲気でる良い最終回だった!劇場版も早く見たい
下弦であっても一般隊員はだいぶ倒せてたし使い方次第な気をするけど逆鱗に触れたかなぁ。 炭治郎は天然のたらしだなw
次が楽しみです!
どの世界でも理不尽な上司がいるもんだ 続きは映画だけど原作のストックもあるみたいだしまた2クール出来るといいね
怖いシーンは怖くて、楽しいシーンは楽しい、素敵なアニメだった。続きが映画というのが残念。
鬼殺隊ってNGOだったのか
1話丸々力入った映画の予告みたいな感じ、すごかった。作画もモーションも。楽しみだなあ、、 カナヲちゃんかわいかったし、炭治郎のああいうところよね。 無惨の無残さもよく伝わった。女擬態の無惨、悔しいけど美しいな。 3人組もいっしょが当たり前になってるようでほっこりした。 緩急ありつつ毎話毎話ひきつけられておもしろかった!
政府非公認組織とは知らなかった。
良い最終回だった。映画楽しみ
名高きパワハラ会議。流石主人公、攻略ガチ勢だ。映画も楽しみだな