LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

1300
視聴者数
95.03%
満足度
1659
評価数
97.3%
満足度
175
記録数
37
評価数
17
コメント
あのぞんサポーター
チョコラータ思ったより弱かったな
無駄無駄無駄無駄無駄無駄 ( 中略 )ァ! 賢章先生がTwitterでこの回の台本の写真上げてたけど、台本が無駄の字で埋め尽くされてた! 謎の男、眼帯に車椅子姿だけど見覚えがある…何ナレフなんだ…
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第31話。たしかいつぞやゴールドエクスペリエンスは両手からじゃないと生命力を付与できないと言っていた気がするのだけど今回足で付与してない? あいかわらず設定がガバガバな作品だこと。
隙だらけのセッコに後ろから容赦なく殴りかかるブチャラティが可笑しい。セッコは知恵の足らない従者のように見えてたけど、地味に強い。 ミスタは相変わらず打たれ強い。ブチャラティがミスタくらい打たれ強ければ…。 バラバラチョコラータの切断面から骨が飛び出てるのがグロい。 セコい死に真似をしてるチョコラータも、見逃してやると言いつつチョコラータの脳内でクワガタを育ててるジョルノも、どっちもどっちで面白かった。
良いラッシュだ!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッ!!!!!!!! そしてあの男ッ!ぼくは、あの男を知っているッ!!!!!!!
コロッセオの男…一体何ナレフなんだ…
無駄の多い回
無駄無駄ラッシュの大盤振る舞い最高だった
ジョルノ・ミスタvsチョコラータ回。 EDの作画欄の無駄無駄作画で笑いました。力、入っていましたもんね。 ボス親衛隊?のチョコラータにも裏切られる予定だったのですか……。案外神保無いですね。 そして、ブチャラティが戦うところを見ている謎の人物。一体何ナレフなんだ(2回め)
あのM字頭! 見覚えがある! 私はあの男を知っている!
久々のラッシュ。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッ! EDクレジットの無駄無駄原画笑うw 次はセッコ。 最後、でてきましたね。
主人公に寄る長時間ラッシュといえば、第三部のスティーリー・ダン戦を思い出す。あれも承太郎に様々なゲス行為を働いた敵だったっけ グリーン・デイの効力から逃れるためには下がる訳にはいかず、上に昇り続ける必要がある。また、チョコラータはヘリコプターの中にいる。彼を倒す為にはどうしたってヘリまで昇る必要がある そういった背景から考えれば、チョコラータは最初から上に位置する存在と見ることも出来る。また、チョコラータはセッコへの電話の中で「他人を支配しなくてはならない宿命が強い者には在るのだ」と言う。強者として上位に位置するチョコラータは更に上を目指すことが出来て、だからこそボスすらも超える気で居る そんな彼からすれば下からやってくるジョルノやミスタは下等存在の挑戦者。植物のせいもあるがチョコラータはヘリから降りてくることなく、挑戦を受ける者の如くジョルノ達の攻撃を待ち受け反撃する。 だからジョルノの攻撃を上手く退けた後にはジョルノが悔しがる絶望の表情を見ようとする。チョコラータは上位に居るから、自分に倒され落下する相手が更に反撃できるとは思わない。それが油断となる ジョルノはチョコラータに「お前には最初から勝っていたからな」と返す。他人よりも上位に居たつもりのチョコラータにそんな関係など無いように反撃する 強者としての下や上ではなく、人間性としての勝ち負けでジョルノは捉える。だからこそ、ジョルノの反撃は落下する中で勝機が生まれる。ジョルノが落下しチョコラータが窓から顔を出すことで彼の上方から放たれる弾丸が意味を成すようになる。 また、身体を小さくしミスタに騙し討ちを仕掛けたチョコラータに対し、今度はジョルノが騙し討ちを仕掛ける。まるで交渉の余地が在るかのように見せかけた上で彼の中に予め仕掛けた虫によってトドメへ繋げていく 上下など関係なく、勝ち負けによってジョルノは優位に立ち続ける チョコラータはどう考えてもゲス人間だし、それに可愛がられているセッコも気味が悪い。それでも二人には確かな絆が有ったわけで どうやらチョコラータの死を知ったらしいセッコがブチャラティに対してどう攻撃してくるのか……
だいぶ無理矢理だがそんなの気にしても無駄無駄無駄だからこれでベネ!
切断まではいいとしてどうやって動かしているんだろう。敵ヤバかったけど、その分ジョルノがかっこよかった。無駄無駄ラッシュでスカッとした。
無駄無駄無駄無駄ァ!の無限ラッシュ! チョコラータは仕留めたぞ、ブチャラティ頼む!
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!
商品はありません