卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会

アニマエール!

662
視聴者数
89.17%
満足度
475
評価数
Annictサポーターになると広告を非表示にできます

基本情報

タイトル (かな)
あにまえーる
メディア
TV
リリース時期
2018年秋
放送開始日
2018-10-07
公式サイト
animayell.com
公式Twitter
@animayell_anime
ハッシュタグ
#アニマエール
Wikipedia
ja.wikipedia.org
しょぼかるID
5062
MyAnimeList
37206

PV

あらすじ

人の力になることが大好きな「鳩谷こはね」は、中学の終わりに出会ったチアに魅了され、高校で経験者の有馬ひづめや幼馴染の猿渡宇希と共にチア同好会を立ちあげる。

ポジティブで一生懸命な彼女たちのチアは今日も誰かを元気づける!!

Annictサポーターになると広告を非表示にできます

キャラクター

スタッフ

志茂文彦
シリーズ構成
天﨑まなむ
キャラクターデザイン
天﨑まなむ
総作画監督
曾我篤史
総作画監督
狩野正志
アクション作画監督
安田ゆかり
美術監督
伊藤裕香
色彩設計
廖程芝
撮影監督
平光琢也
音響監督
風間結花
音響効果
manzo
音楽
堤博明
音楽
柳下容子
チアダンス監修
瀧本有美
チアダンス監修
東京ガールズ
チアダンス監修
動画工房
アニメーション制作

動画サービス

評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
癒されるのはもちろん 音楽がとても良くて元気が出る 笑いもソフトタッチでゆる〜く楽しめる作品だね!最高!
評価
映像
音楽
ストーリー
キャラクター
全体
振り返れば仲間が、見上げればそこにはみんながいる 声援って言葉があるけど改めて考え直してみると、これって実は凄いことなんだなぁって思うことが出来た作品。 終始一貫にこの「アニマエール!」から感じることができたのは作品でいう「チアパワー」、もとい誰かの力になるっていう自他ともに頑張ることができる最高の成分ですよね。応援する側の頑張って!!の熱い気持ちが、応援された側に届いてその気持ちが力に変わる。良い事しかなくてとっても素敵なこのサイクルが、作中で宇希と虎徹と花和の最初の一歩やこはねの高所恐怖症の緩和、ひづめのトラウマの解消に繋がっていったんだと僕は思う。 可愛くてカッコイイのもあったが、ギャグテイストで展開していったのが個人的にはとっても楽しめた。天然ボケな二人とそれにツッコむ三人の間柄が好きです。みんなのキャラが個性的で、たとえ考えることがバラバラだったとしても気持ちは一緒で、チアをしているときの一体感にはリアルに圧倒されました。 タイトルの「アニマエール!」は登場人物の名前に動物が含まれているから、アニマルとエールを掛けてるのかな。てか8話ぐらいで「はじおつ。」のキャラが友情出演してましたね、来期の空白のきらら枠を埋めてくれてもいいんですよ…?
商品はありません
商品を登録する
Annictサポーターになると広告を非表示にできます