アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

盾の勇者の成り上がり

1397
視聴者数
94.19%
満足度
1462
評価数
97.37%
満足度
309
記録数
57
評価数
28
コメント
Koji Shimbaサポーター
良い決意表明回だった。他の勇者たちの良かれと思ってやったことが後の負債になる様はまるで…。
(ファミチキください…)
Kサポーター
失うことの衝撃とともに、それだけ尚文にとって、ラフタリアとフィーロが心の拠り所であったことを、ついに自覚したわけだ。 誰も信じられないと思い続けていた尚文が、いよいよ尚文を信じてくれた二人を想って、固く決意する。 その決意だけでグッときた。 ようやく、ここまで、本当に、よかった。。
3人の成長が見られるが、最近は他の勇者の尻拭いばっかりだな・・・ チカラガホシイカからのカースシールドは結構唐突だったな。 「シリーズ」って書いてあったしまだあるっぽいね。
他の勇者の行動が状況を悪くするパターン。ドラゴンがゾンビ化した。今日のフィーロは好戦的だな。食われたぁ!闇落ち盾、暴走効果付きで火属性ってだけ?。毒竜の体内でも余裕とかフィーロすごいな。呪詛なのね。スキルがレベルで制限されるのは辛い
ラフタリアを治すのがこれからの目標かー 元気になってほしいな
ナンリウサポーター
3人とも成長していていい回
ここ最近尚文は 別の勇者の尻拭いをしてる印象。 今回は剣の勇者か。 ドラゴンゾンビ戦ではフィーロを失った気持ち、 自分からまた何かが奪われてしまうんじゃないかって気持ちから 前に出てきたカースシリーズが覚醒しかけてた。 まだ全容はわかんないけど ラフタリアにも気づけず攻撃してしまうってのは 恐ろしいし、危険だなぁ・・・ しばらくは今回傷、呪詛を受けたラフタリアの治療、 その後カースシリーズの使いこなす修行へと進むのかな? でも今回のを見てると、 もうあの状態にならないようにしていきそうに見えた。 フィーロが一生(1ヶ月)の思い出が詰まってる って駄々こねるところかわいかったな。 それに暴走は良くなかったかもしれないけど 体内でも食いつくしてたとは、強かったな。 最初の尚文は 前回のお礼に二人の装飾品作ってたのかな?
なるほどゲーム脳ゆえの死骸腐敗による… www一生(生後一ヶ月)の夢www フィーロ!?!?? カースシリーズ…盾の暗黒面に堕ちてしまう… フィーロもしかして一寸法師してるんか?w 赤い実の汁をもどしたのかε-(´∀`*)ホッ お大事に♪ 上から?下から?どっち出したのかな? こんばんは一緒にいてほしい…(ぐへへ おいぃ!ナオフミおまえそういうとこだぞ!!
剣トロール 腐肉処理 ドラゴンゾンビ 討伐 ラフタリア 呪い
3人良いパーティーになってきたな ラフタリアの呪いは無事解けるのだろうか?
異世界への憧れや,絶望のような浮ついた気持ちではなく,しっかりとラフタリアたちを守りたいという決意がしっかりと描かれていてよかったなと.ラフタリアの呪いを解くための聖水入手はできるのか.気になるところ.
図らずも他の勇者の尻拭いばっかさせられてんなぁ。 こうして徳を上げてる感じもするけど。 フィーロがぱくっとやられたとき、まぁ助かるんでしょと結末が読めてたんだけど自分の冷め具合にびっくりしたw ラフタリアの呪いを解くのが次の目標かねぇ。
あれをコントロール出来たら槍より強いんじゃね
水晶のドラゴン 亜人の被差別設定が薄めに 他の勇者の事後処理は気の毒だけど、金になるのでまあ報われてる?ただ、恨みの深さ=モチベーションはいいとして、暴走が怖い フィーロのアレは、どろろの大百足退治と同じ「一寸法師」みたい
チカラガホシイカ?は中二テンプレの伝家の宝刀。 ラフタリアの闇堕ちストッパーぶりがマジ天使。そしてフィーロ無邪気に有能過ぎてわろたw ドラゴンゾンビの体内にあった水晶は盾の中にセットしてもスキルが発言しなかったようだけど、そのうちレベルが達した時のための伏線ってことか。 3人の絆が深まってよかったけど、ラブコメの波動を主人公はいつ感知するのか。 ラフタリアが浴びた呪詛を浄化するのが、当面のミッションになるのかな。
病気で苦しむ村であろうと高額の治療費を要求する尚文。何だかブラックジャックみたいになってきたね ゾンビドラゴンに喰われたフィーロが逆にゾンビドラゴンの核を喰ったように、喰われたら喰い返せと言わんばかりの内容が展開される 度々他の勇者の尻ぬぐいをする羽目になる尚文。今回は剣の勇者のやらかしですか 最近の尚文は神鳥の聖人として噂になっているが、勇者としてはまだまだ。尚文は勇者として認められたいわけではないが、人から受け入れられ迫害されないためには勇者としての名を挙げる必要がある。だからこそ、ここで錬の活躍を喰う必要がある 尚文はゾンビドラゴンとの戦いの中でカースシリーズに呑まれてしまう。これは突然の出来事ではなく、これまでに尚文が感じた絶望の蓄積に因るもの。彼が数多の経験から人を信じることができなくなり、自分は奪われるばかりの人間だと考えてしまったからその考えに呑まれ、呪いの盾に心を喰われてしまう しかし、そのままで居たら尚文を信じてくれたラフタリアやフィーロまで盾の餌食になってしまう。尚文は彼女らを守るために逆に盾を支配下に置く必要に迫られる 戦いが終わり、ラフタリアに掛かった呪詛の深刻さ、フィーロに訪れた危機、そして何よりも自分が発現した力の危うさを改めて認識した尚文 それらの問題を解決するには今までよりも強くなる必要がある。昨日の自分よりも、今の自分よりも、明日には更に強くなる必要がある。それにはこれまでの積み重ねを自分の中で消化して、次に危機が訪れた際に力とする必要がある 災厄の波を乗り切り、生き抜くことを考えていた尚文に新たな目標が出来た回であったように思えた 自分が弱り、尚文が笑った事をこれ幸いと一緒に寝てくれないかと誘ったラフタリア。彼女のそんな恋心は尚文の鈍感さに喰われてしまう。 尚文に想いを届けるにはその鈍感さも食い破るような強烈なパンチが必要なようだね(笑)
3人の絆が深まってよかった。プレゼントいつ渡すんかな。何気にずっと人助けしててすごい。
他の脳天気な勇者たちの尻拭いで地道に好感度アップ。金をとるのも大事だな
kunitooサポーター
金をよこせと言う割には結構優しいよなー
カースシールドかっこいいな 尚文やっぱり根が優しいよね。
ついにカースシリーズが発動しました。発動時のグラフィック感など、異常を表しているのが手に取るようにわかるところとか、うまく表現されていると感じました。 コミック版ではもっと骨っぽかったドラゴンが、アニメ版では元の姿に復活した感じになっていました。よく考えるとフィーロが飲み込まれたとしても、骨だと見えちゃいますからね(笑)。
闇落ちからの復帰の描写が若干、甘い気がする。 それにしてもフィーロが有能すぎる
vsドラゴンゾンビ戦。 以前から悪堕ち仕掛けてた尚文ですが、フィーロを失ったと思った事により、ついにカースドシリーズが開放されました。 味方までに危害を加えるので、使い所難しそうですね。というか、以前の盾には戻れない感じなのでしょうか?汎用性が下がりますね。 そういえば、他の勇者にも同じような開放があるのでしょうか?
いい話っぽく終わったけれど、ナフタリアちゃん、大丈夫なのだろうか、、、
ツルハシも立派な武器になりそうなんだけど所持できるんやねぇ 憎しみに呑まれた時の呪いの盾?で尻尾切断してたけど切断属性付くんだ(MH並感) フィーロ強い・・・ 二人してふくれるの可愛い たまにでいいから3人で川になって寝る日常が欲しい
スポ根なおふみ様
今度は剣のやつの尻ぬぐいか。尚文以外はどいつもポンコツなの? これまでの時間は短いとはいえ、卵から育て、一緒に旅してきたフィーロ。そのフィーロが目の前でやられたとあっては、尚文も落ち着いてはいられないだろう。 尚文の中に積もり積もった怒りと憎しみ。それによって解放、発動したCurse(呪い)の力。その名の通り、やはり相当やばい。ラフタリアに傷が残ってしまった…… しかし、呪いに飲み込まれそうになった尚文を引き戻してくれたのは、やはりラフタリア。オープニングでもそんな描写があったし、4話でも呪いの力を抑えてくれたのは、彼女の思い。尚文とラフタリア、この二人の関係性はやはりいいなあ…… 全体にやや展開が速い印象を受けたけれど、アバンで尚文の二人への思いを見せたのも良かったし、無理のない展開だったように思う。なにより、三人で頑張っていこう、と三人で確認し合った最後のシーンはジーンと来た。 ただ、尚文はいい加減ラフタリアの気持ちに気づいてやれよw 小さい頃から知っているから、なかなかそういう感情にはならないのかなあ。
商品はありません