アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

盾の勇者の成り上がり

1546
視聴者数
94.17%
満足度
1466
評価数
93.97%
満足度
316
記録数
58
評価数
35
コメント
Shimba, Kojiサポーター
すごい今さらなんだけど、フィーロに馬車を引かせるとき手綱を付ける意味なくない? メルティの護衛、わざと距離を取って様子を見てたんだろうけど目的がよくわからん。素行調査かな?
妹だからな~
CV:まれいたその幼女は良い。
槍がもはやかわいそうな人達
Kサポーター
あの二人が登場するだけで、嫌悪感が半端ない、トラウマレベルの憤りを感じてしまう。 王族=悪のイメージが強すぎるからメルティも信じられない尚文の気持ちはすごく分かる。 が、今回は違うのか、違っていてほしい。
まれいたそが現れた。貴族の娘置いてくものですかね。教皇は敵か味方か。槍の勇者はもう死んでくれ。メルティ第二王女かよ。もう王族は信用できない盾
すごーくイライラするからもう槍は出さないでくれ
天使萌えの元康が正体に気づかずディスりまくって天使に蹴飛ばされて草
天使萌えかー
フィーロと仲良くなったメルティと出会った。 それにフィーロの羽毛ベッドは気持ち良さそうだった。 ラフタリアの呪いが治るのか心配だな。 教皇は信用できるのかよくわかんないし・・・ 元康はほんとに何も考えてない・・・ 槍の勇者には全く期待できませんな。 股間蹴られる係頑張ってください。 元康を止めてくれた近衛兵は今後信用できそう。 尚文はまだ無理だろうけど・・・ メルティがまさかの国王継承者 周りに臣下がいる時と、 フィーロと遊んでいる時が全然違ってびっくり。 メルティが尚文に取り入ってきたけど 尚文にとってはマインのように信用できないのはよくわかる。 こんな感じで尚文の行動が一貫してていいなぁ。 これからどう関わっていくんだろう。
ナンリウサポーター
見どころが多すぎて何話せば良いのかわからなくなりそうな回だ。
人をダメにするフィーロ。 メルティのこと信頼できないのも無理ないよなぁ。
鳥姿のフィーロをモフりたいわぁ… フィーロにラフタリアからもあぁ言われたらなぁ… 看護師のお姉さんとラフタリアよww ラフタリアまだ馬車ダメかw 何も見なかったことにw笑うわwwwwww 何という羽毛布団!( ˘ω˘ )スヤァ... 人も亜人をもダメにするフィーロ枕はよ!! 教皇様割といい人なのか? 逃げるのかww お前ロリコンかよ…天使萌えとか知るかよwwww 妹なのか!?姉に比べてまっとうじゃないか!! 槍の勇者NDK?NDK? 第二王女で王位継承権一位なのか… まぁナオフミは姉にあんなことされたしな…さっきのも姉とグルだったと勘ぐっちゃうわな…
メルティ 初登場 王都 聖水購入 槍 盾 決闘
フィーロが文字通り槍の勇者を一蹴。実は最強? メルティの継承権一位を背景にした芝居から、尚文の「出て行け」での落胆ぶりがうまいと思ったら、できて当然の人でした
教会の屋根が3つしかなく盾が飾られてないのは… 元々4つ飾るとことがあって、今回の件で外され訳ではないか。 過去にも対した活躍が伝えられてないからなので、3つしかないのか… 司教さんは、中立の立場ととってそうだけど、あの言い方はふくみがありそうだな… 街で追いかけてきた兵士って、 最初に救った村で一緒に戦った一人では? 槍の勇者(とマイン)は、もうなんとも… メルティは、第二王女で、継承権第1位か… 尚文にとっては、王族と言うだけで忌むべき相手なんだろうな。 第一王女 マインと(マインに甘い)王、王妃と第二王女 メルティ で尚文への接し方が違うか。王妃陣営を信用出来る様になるのはこれからかな…
すぐには信用しないのは経験値。
流れ変わったな。 第2王女が理解者となってくれるのであれば。しかも王位継承権1位みたいだし。 尚文が信用できないってのもマインのことがあるからわかるけどなぁ。 それよりラフタリアちゃん早く治してあげて。
いきなり目の前に次期女王さんが現れる違和感はさておいて、槍の勇者をかっ飛ばしてくれたフィーロにスカッとさせてもらってとっても良かった笑 次期女王というところのみで、話を打ち切った尚文。混沌としそうで楽しみ(*´-`)
5話〜9話までまとめ見。 最初はハードモードかなぁ〜とちょっと思ったけど、やっぱり一気にイージーモードのコメディになった。この手のアニメは最初だけハードで後はイージーか、逆にイージーかと思ったら突然ハードになる2極化だなぁ。 結局、この作品って俺ガイルみたいなスクールカーストもののファンタジー版で、ルサンチマンの主人公が拗ねて斜に構えてるだけなんじゃないかと。
おっ、まれいたそ~ メルティ真っ当そうなので立場逆転か?と、思ったが、すんなり信用出来ないのも無理はないかぁ
メルティの声が内田真礼さんで、こうなると「青春ブタ野郎」のキャストがそのまま引っ越してきた感じですね。 槍の勇者、ここまで来ると「変態一直線だな」とコミックを読んでいた時も思いましたが、その面白さをアニメでもうまく表現してくれたと思いました(笑)。 ところで、このままのペースだと1クールで終わらないのでは?と思っていましたが、公式サイトの「Blu-ray&DVD」を見るとBOXが4巻構成で25話までになっていました。良かった~。
槍はもう正義もくそもなくなってるやん… なんかネタキャラ化してるし…w 悪い奴じゃなさそうやけどまあ王族は信用できひんよな
元康のアホカス度がさらにアップしてて草。 メルティの人柄は信用できそうだけど、尚文からすれば身分を隠して近づいてきた王族が猜疑の対象になるのは無理もないことだなと。権力争いに巻き込まれそうだし。今までの経緯からすれば、信頼関係を構築していない他人(特に王都の人間)は盾の勇者にとって油断ならない存在だと、観てるこっちまで思えてくる。 早くラフタリアの呪いを解いてあげてほしみ。 教皇もきな臭い…… フィーロまじ天使。
白タイツキャラリストにメルティ=メルロマルクを追加。
元康は何故ああまでして登場する度に株を爆下げしてくれるのか。第一話の頃はそれなりに格好良かったのに、いつの間にか笑えるけど不快なキャラに。 まあ、元康のやること成すこと全肯定して更に事態を混迷させるマインも大概だけど どうしてこんな二人が組んでしまったのやら 尚文達はフィーロの傍にメルティの服が落ちていた為に、フィーロが食べてしまったのではないかと想像する。でも実際はフィーロの羽毛の中に潜っていただけ。これは少し前のフィーロの発言、「美味しそうな鳥だね」に起因する発想か。 ある意味、フィーロを何でも食べてしまう存在と判断し外側だけ見て中身を見ない考え方。これと似た思い込みは今回はそこかしこで発生する 尚文は幼い少女の見た目をしたフィーロと、同い年くらいに見えるメルティとの触れ合いをさせる。親心としてフィーロにはもっと近い年齢の友達を作って欲しいとの考えか。これは良い方向に働いたが、種族が違う二人の実際の年齢はかなり異なる 天使萌えの元康は少女形態のフィーロを求める。しかし、鳥形態のフィーロについては悪態ばかり。これもフィーロの外側だけしか見ないから同一人物だと全く気づけない 教会でシスターが粗悪な聖水を持ってきた際、教皇は改めて良質なものを持って来させるが、尚文がそれに感心することはない。盾だけ掲げられていない尖塔を見た瞬間から彼の中で教会を信用できなくなったから 町中で兵士に呼び止められた際も尚文は何も聞かずに逃げ出す。兵士に良い思い出がない尚文は相手が兵士というだけで信用する相手ではなくなる そして尚文はメルティの話を途中で遮って打ち切ってしまう。彼にとって王族など全く信頼できる存在ではないから、同じく王族であるメルティの話を聞く気なんて毛頭ないのだろうね 盾の勇者と言うだけで差別されると憤ってきた尚文。だというに今度は彼が相手の肩書だけで信用できない相手だと判断するようになってしまった 第三者視点ではそれらは思い違いであろうことは推察できる。教皇はまだ判らないが、兵士は尚文様と呼んでいたし、メルティも神鳥の聖人ではなく盾の勇者と呼んでいた。 そろそろ尚文の人間不信を治す時が来たのだろうか?
フィーロ、実は一番強いのではw
旅の途中出会った少女 実は・・・な回。 まあ尚文の立場からしたらもうその肩書だけで信用ゼロよな
メルティは、タソがやるのか。いいねぇ。 盾の勇者の標準時の盾の形式っていつからかわったんだ? 槍の人は完全にネタ要員になっちゃったなぁ。